background

#Think Six - Dバンドの信号を調査するための使いやすいセットアップ

ローデ・シュワルツが、Dバンド(110~170 GHz)での6Gの初期段階の研究開発向けのFE170 フロントエンドを発表

Dバンドの周波数は、現在利用可能なワンボックスのジェネレーターやアナライザの最大周波数を大幅に上回っています。ローデ・シュワルツは、R&S®FE170 フロントエンドにより、革新的な周波数アップコンバーター/ダウンコンバーターを提供します。高い性能を備えセットアップも容易で、R&S®SMW200A 信号発生器とR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザに簡単に取り付けることができます。追加の外部信号源は不要です。すべてのデバイスが自動的に認識され、必要な校正データーはすべて自動的に転送されます。Dバンドの規格がまだ仕様化されていない段階でのデモなので、2 GHz帯域幅の802.11ad信号を148 GHzで作成し、無線で送信し、解析します。

Related solutions

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.