background

#ThinkSix - Dバンドの4 GHz RF帯域幅信号の作成および解析

110~170 GHzの6Gの初期段階の研究開発では、追加の帯域幅によりデータレートの高速化をサポート

Dバンドにおける周波数が上昇し、サブTHz周波数帯へと向かう傾向にある大きな要因は、より広い帯域幅に対するニーズが高まっていることになります。数GHz帯域幅に対する新たなニーズに対応するために、シンプルな外部ハードウェアコンバイナーとソフトウェアオプションを用いて、2経路装備のR&S®SMW200A 信号発生器のベースバンドを結合して、4 GHzの瞬時RF帯域幅の信号を作成することができます。周波数アップコンバーター/ダウンコンバーターとしてR&S®FE170 フロントエンドを、またR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを併用することにより、このビデオでは、4 GHz帯域幅のシングルキャリア信号を148 GHzで16QAM変調して作成し、無線で送信し、解析する方法を説明します。

Related solutions

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.