background

研究開発および製造でのセルラーV2Xテスト

C-V2Xテストフレームワークの進化

Cellular V2X testing in R&D and productionCellular V2X testing in R&D and production

ローデ・シュワルツは、R&S®CMW500 ネットワークエミュレーターとR&S®SMBV100B GNSS信号発生器をVectors CANoe.car2xおよびDyna4(仮想テスト・ドライブ・ツール)と組み合わせて構成された、進化したC-V2Xテストフレームワークを提供しています。このビデオで示される高速道路上の渋滞シナリオは、仮想車がテスト対象デバイス(DUT)の前でブレーキをかけたときにDUTが正しく反応するかをシミュレートするシナリオとなっています。この柔軟なテストソリューションは、セルラーV2Xの始動の時間とコストを節約するのに役立ちます。

Related solutions

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.