background

研究開発および製造でのセルラーV2Xテスト

C-V2Xテストフレームワークの進化

Cellular V2X testing in R&D and production Cellular V2X testing in R&D and production

ローデ・シュワルツは、R&S®CMW500 ネットワークエミュレーターとR&S®SMBV100B GNSS信号発生器をVectors CANoe.car2xおよびDyna4(仮想テスト・ドライブ・ツール)と組み合わせて構成された、進化したC-V2Xテストフレームワークを提供しています。このビデオで示される高速道路上の渋滞シナリオは、仮想車がテスト対象デバイス(DUT)の前でブレーキをかけたときにDUTが正しく反応するかをシミュレートするシナリオとなっています。この柔軟なテストソリューションは、セルラーV2Xの始動の時間とコストを節約するのに役立ちます。

Related solutions

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.