background

ウェビナー:WLAN 802.11axについて知っておくべき5つのことと、テストが従来にも増して重要になっている理由

2017年5月4日からのローデ・シュワルツ・ウェビナー

全世界に実装されている無線インタフェースは、いくつのも大きな進化の段階を経て来ました。旧世代の無線LANでは、広い帯域幅、MIMO、高次変調方式など、物理層機能の導入により、スループットの向上が実現しました。混雑したネットワークの問題を解決するために、新規格のIEEE 802.11axでは、全体の効率の向上に焦点を当てています。

無線LANの進化を理解できるようにするために、このウェビナーでは、802.11acから802.11axへの進化における技術的側面、現在の課題、その結果として生じた効率の向上に対するモチベーションを紹介します。将来のWLAN 11axデバイスやサービスの成功を実現するためには、テストを実施して相互運用を検証する必要があることは明らかです。

電子計測の専門家が、研究開発から製造/コンフォーマンステストまでのデバイスのライフサイクル全体を通して、変調品質解析、スペクトラム検証、Txパワー、レシーバー感度などのRF測定の実行時に直面する問題について解説します。

学習内容:

  • WLAN 11axで周波数スペクトラムの効率を高める方法
  • IEEE 802.11axの技術的詳細
  • この無線インタフェースの長期にわたる成功を実現するためのRFテストの重要性
  • RFテストに関する課題
  • 研究開発から製造までのテストアプリケーションに関する情報

Related solutions

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.