オシロスコープのアプリケーションビデオ - メディアセンター

ヒントとアプリケーション例

詳細に考察したいものは、特定のアプリケーションでしょうか?または測定手法でしょうか?関心のあるトピックを選択して、ビデオをクリックしてください。

Meet the R&S RTP Oscillscope

The R&S RTP is the most versatile multi-purpose oscilloscope.

Aug 15, 2022

位相コヒーレントマルチチャネルのパルス解析

複数のパルスド信号を正確に位相コヒーレント解析するための、構成が容易でスケーラブルなレーダー/EWシステム用ソリューションです。

1月 20, 2021

中断条件でのUART/RS-232C/RS485トリガ

ハードウェアトリガを使用して、ブレーク条件を識別します。ブレーク条件は、ヒストリーモードを使用して、それらの原因と1つずつ相関させることができます。

2月 13, 2020

I²Cプロトコルのデコードがもたらす可能性

プロトコルを解析してI²Cインタフェースに問題がないか確かめてください。

2月 13, 2020

オシロスコープによるI²Cのデコードに適切なセットアップ

R&S®RTOの適切なセットアップを使用してI²Cを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 13, 2020

RS-232Cインタフェースの詳細解析

R&S®RTOのデコードテーブルとズームウィンドウを使用した、RS-232Cインタフェースのフレームごとの詳細解析。

2月 13, 2020

RTOのハードウェアトリガを使用したI²Cのデバッグ

ハードウェアトリガとヒストリーモードを併用して、I²Cインタフェースにおけるエラーを特定し追跡する方法。

2月 13, 2020

RS-232C/RS485/UARTインタフェースのデバッグ

UART/RS-232C/RS485インタフェースのデバッグは、オシロスコープにお任せください。ユーザーは、データをすばやく理解して、データコンテンツと電気信号を相関させることができます。

2月 13, 2020

R&S オシロスコープによる高度なジッタ解析

革新的な信号モデルベースのジッタ分離アルゴリズム

1月 21, 2020

R&S オシロスコープによるTDR/TDT解析

インピーダンスと伝送損失の測定

1月 21, 2020

パルスド信号のエネルギー測定

高度な演算機能を使用して、パルスド正弦波信号のエネルギーを測定する方法を説明します。

9月 09, 2019

RF信号解析用のIQモード

オシロスコープでRF信号をダウンコンバートし、結果として得られたIQサンプルを使用して、R&S VSEソフトウェアまたは外部ツールを用いて詳細に解析します。

9月 09, 2019

積分演算波形の高度な補正

高度な演算機能を使用して、正弦波信号やパルスド信号を解析するために、積分演算波形の1/fノイズを除去する方法を説明します。

9月 09, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 1)

RTP ハイパフォーマンス・オシロスコープによる車載用レーダーデバイスの基本的なテストセットアップについて詳しく説明します。

9月 08, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 2)

コンバーターおよびその他のセットアップコンポーネントをリアルタイムでディエンベディングします。

9月 07, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 3)

内蔵のオシロスコープ機能を使用して、レーダーパルスを復調します。

9月 06, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 4)

複数のアンテナ信号の位相コヒーレント測定を実行します。

9月 05, 2019

キャンパスダッシュボード - セットアップと設定

マルチユーザーの学生ラボ用にソフトウェアをセットアップして設定する方法を説明します

7月 17, 2019

キャンパスダッシュボード - 主な機能

R&S キャンパス・ダッシュボード・ソフトウェアの主な機能

7月 17, 2019

キャンパスダッシュボード - 概要

時間を短縮できる、マルチユーザーの学生ラボ用教育ソフトウェア

3月 27, 2019

分散システムのパワーインテグリティー

このセッションでは、システムレベルの問題の概要と、競合する要件に対処しながら最適なシステム性能を実現するための効果的な測定/解析技法について説明します。

3月 25, 2019

適切なグリッド注釈表示を用いた電流プローブ測定

R&S®RTOで、適切なグリッド注釈表示を用いて電流プローブ測定を容易に実行する方法をご覧ください。

2月 04, 2019

オシロスコープによるEMIデバッグ

R&S®RTOで近磁界プローブとゲーティッドFFTを使用して電源をデバッグする方法を説明します。

2月 04, 2019

SENTバス信号のデコード

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープを使用して容易にSENTをデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

SENTバスの高速チャネルと低速チャネルのトリガとデコード

R&S®RTOでSENT(拡張シリアル・メッセージを含む)をデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるSENTバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してSENTを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

大容量メモリおよびウルトラセグメンテーションによる、3分以上のバスデータのデコード

R&S®RTAの大容量メモリとウルトラセグメンテーション機能を使用してバスデータをデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

ゾーントリガにより周波数ドメインでトリガしてバースト信号を捕捉

R&S®RTOを使用してキーフォブからのRFバーストを容易に捕捉する方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープによるCANフレキシブルデータ(CAN-FD)インタフェースのデバッグ

R&S®RTOでCAN-FDをデバッグする方法を説明します。

2月 04, 2019

内蔵パターンジェネレーターによるデバイスのシミュレート

R&S®RTAの内蔵パターンジェネレーターを使用して被試験デバイスをシミュレートする方法を説明します。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるCAN-FDバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してCAN-FDを容易にデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるCANバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してCANバスを容易にデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープによるLINのデコード

R&S®RTAでLINをデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープのシリアルバス・デコード機能

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープが備える強力なデコード機能をご確認ください。

2月 04, 2019

CANバスのCAN-dbcシンボリックデコード

R&S®RTOを使用してデコード済みの16進値を使いやすいワードに変換する方法をご覧ください。

2月 04, 2019

オシロスコープによるFlexrayのデコード

R&S®RTOを使用してFlexrayを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

SENTバスのシンボリックデコード

SENTバスをシンボリックデコードして、R&S®RTOに表示する方法を説明します。

2月 04, 2019

CANバスのデコード

R&S®RTOでCANバスをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法を説明します。

2月 04, 2019

コモンモード・ノイズが大きい差動バスのプロービング

差動バスの最適なプロービング方法を説明します。CANバス信号をR&S®RTAに接続して表示する方法も説明します。

2月 04, 2019

CAN-FDバスのCAN FDのデコード

R&S®RTOでCAN FDをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法をご覧ください。

2月 01, 2019

大容量メモリによる、1分以上のバスのデコード

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープの大容量メモリを使用して1分以上のCANバスデータを記録する方法をご覧ください。

2月 01, 2019

CANバスのトリガ

ローデ・シュワルツのR&S®RTOおよびR&S®RTM オシロスコープが備えるバストリガ機能をご確認ください。

2月 01, 2019

オシロスコープのシリアルバス・デコード機能

ローデ・シュワルツのR&S®RTM オシロスコープが備える強力なデコード機能をご確認ください。

2月 01, 2019

CANバスのデコード

R&S®RTMでCANバスをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法を説明します。

2月 01, 2019

OPEN Alliance TC9に準拠した1000BASE-T1ケーブルテスト

OPEN Alliance TC9仕様に基づく1000BASE-T1用非シールドツイストペア(UTP)をベースとしたケーブルテストを実行するためのガイドです。

1月 03, 2019

内蔵任意波形発生器

すべてのR&S®RTOは、拡張によって100 MHzの任意波形発生器を内蔵できます。

12月 17, 2018

きわめて低いノイズレベルによる精密な測定

R&S®RTOの設計において、ノイズの最小化が最大の目標の1つでした。これにより、最小の垂直軸分解能でも高確度な測定が可能になりました。

11月 29, 2018

タイムドメインおよび周波数ドメインのコンボが可能な、業界最初のゾーントリガ

R&S®RTO オシロスコープのゾーントリガを使用すれば、イベントをグラフィカルに分離できます。

11月 29, 2018

最大16ビットの垂直軸分解能

低雑音フロントエンドと10 GHzシングルコアADCを搭載することにより、きわめて高い測定確度と広いダイナミックレンジを実現しています。

11月 29, 2018

フラットな周波数応答による正確な測定結果

R&S®RTO オシロスコープは、フラットな周波数応答により、仕様帯域幅全体にわたって正確な信号測定が可能です。

11月 29, 2018

強力な100BASE-T1デコード

K57オプション搭載のR&S®RTOを使用した100BASE-T1車載イーサネットのデコードの詳細です。

11月 28, 2018

強力な100BASE-T1トリガ

K57オプション搭載のR&S®RTOを使用した100BASE-T1車載イーサネットのトリガの詳細です。

11月 28, 2018

R&Sオシロスコープを使用した車載イーサネットとCANのデコード

R&S®RTM オシロスコープでのCANのデコードを、R&S®RTO オシロスコープのK57オプションを使用した車載イーサネットのデコードと比較します。

11月 28, 2018

1000BASE-T1コンプライアンステストのテストモード6:最大出力ドループ

R&S®RTOに対して「テストモード6(最大出力ドループテスト)」を使用して1000BASE-T1コンプライアンステストを実行するためのガイドです。このビデオでは、セットアップの設定方法と、より詳細な解析を行うためのテストレポートの作成について説明します。

10月 25, 2018

1000BASE-T1コンプライアンステストのテストモード5:トランスミッターのパワースペクトラム密度(PSD)、パワーレベル、ピーク差動出力

R&S®RTOに対して「テストモード5(トランスミッターのパワースペクトラム密度)」を使用して1000BASE-T1コンプライアンステストを実行するためのガイドです。このビデオでは、セットアップの設定方法と、より詳細な解析を行うためのテストレポートの作成について説明します。

10月 25, 2018

1000BASE-T1コンプライアンステストのテストモード2:MDIジッタとクロック周波数

R&S®RTOに対して「テストモード2(MDIジッタとクロック周波数)」を使用して1000BASE-T1コンプライアンステストを実行するためのガイドです。このビデオでは、セットアップの設定方法と、より詳細な解析を行うためのテストレポートの作成について説明します。

10月 25, 2018

1000BASE-T1コンプライアンステストのテストモード4:妨害波によるトランスミッターの歪みテスト

R&S®RTOに対して「テストモード4(妨害波によるトランスミッターの歪みテスト)」を使用して1000BASE-T1コンプライアンステストを実行するためのガイドです。このビデオでは、セットアップの設定方法と、より詳細な解析を行うためのテストレポートの作成について説明します。

10月 25, 2018

EMIデバッグ

電子回路のEMIの問題をデバッグする際に、開発エンジニアは問題に直面します。

10月 17, 2018

デジタルチャネルを使用したA/Dコンバーターのデバッグ

R&S®RTO-B1 オプションでは、エッジ、幅、パターン、シリアルパターンなど、デバッグと解析のためのさまざまなトリガが使用できます。

10月 17, 2018

SPIバスデコード

R&S®RTO オシロスコープには、シリアルインタフェース解析のためのさまざまなツールが備わっています。

10月 17, 2018

高度なスペクトラム解析

モータードライブ、SMPS、パワーレールなどに対して、精密なパワー測定を高速に行うのは困難な場合があります。

10月 17, 2018

ボタンを押すだけでドキュメントを作成

R&S®RTOオシロスコープは、表示内容のスクリーンショットの印刷や保存を含む測定のドキュメント作成が可能です。

10月 17, 2018

測定器セットアップの容易な選択

R&S®RTOでは、測定器セットアップを保存して繰り返し測定に利用できます。

10月 17, 2018

言語の選択

R&S®RTOオシロスコープのユーザーインタフェースは、複数の言語をサポートします。

10月 17, 2018

シグナルインテグリティー測定(ジッタ解析を含む)

R&S®RTO オシロスコープは、ジッタ測定に最適です。

10月 17, 2018

ダイアログボックス内のシグナルフロー・ダイアグラム

ダイアログボックス内のシグナルフロー・ダイアグラムは、シグナルプロセッシングを可視化して、測定の設定を容易にする役割を果たします。

10月 17, 2018

重要なツールへの素早いアクセス

画面上端にあるツールバーを使用して、測定、ズーム、FFTなど、頻繁に使用する機能にアクセスできます。

10月 17, 2018

高度なユーザーインタフェース

高度なユーザーインタフェースにより、色分けされたわかりやすい配列が可能です。その上、ジェスチャー操作をサポートする高解像度静電式タッチスクリーンを備えています。

10月 17, 2018

容易にカスタマイズできるR&S®SmartGrid技術による波形表示

R&S®SmartGrid機能により表示を設定できます。

10月 17, 2018

信号解析のための豊富なツールセット

R&S®RTO オシロスコープには、90種類を超える測定機能が搭載されています。

10月 17, 2018

R&S RTO オシロスコープでゾーントリガをセットアップする方法

任意の形状のゾーンを8つまで定義し、複数のチャネル、または演算機能を使用して論理的に結合できます。

10月 17, 2018

100万波形/秒による素早い信号異常の検出

R&S®RTO オシロスコープは、最大100万波形/秒の表示が可能です。これを実現するために、ローデ・シュワルツは信号処理が最適化されたASICを開発しました。

10月 17, 2018

見えている信号は、トリガで確実に捕捉

ローデ・シュワルツ独自のデジタルトリガ・システムでは、トリガシステムの入力データが表示される信号と等しくなるように、捕捉パス内のA/Dコンバーターのサンプリングポイントが使用されます。

10月 17, 2018

業界をリードする2 Gサンプルの大容量メモリ

R&S®RTO オシロスコープの基本構成には、チャネルあたり50 Mサンプルのデータ捕捉メモリが搭載されています。

10月 17, 2018

同じクラスで最高のMSO解析

すべてのR&S®RTOは、ミックスド・シグナル・オプションによって拡張できます。

10月 17, 2018

業界最高のマスクテスト:簡単な設定、信頼できる結果

マスクテストによって、特定の信号が定義された許容範囲内にあるかどうかをすぐに判定できます。これにより、被試験デバイスの品質と安定性を評価するための合否判定が得られます。

10月 17, 2018

アイソレートチャネルの利点

このビデオでは、R&S®Scope Riderのアイソレートチャネルの利点を紹介します。

10月 16, 2018

高調波解析

このビデオでは、R&S®Scope Riderの高調波解析モードを使用して最大4つの入力信号の高調波成分を自動的に解析する方法を示します。

10月 16, 2018

シリアル・プロトコル・デバイス

このビデオでは、R&S®Scope Riderのシリアル・プロトコル・デコードを示します。

10月 16, 2018

IoTの消費電力測定入門

IoTデバイスの消費電力測定を実行する方法

10月 16, 2018

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.