オシロスコープのアプリケーションビデオ - メディアセンター

ヒントとアプリケーション例

詳細に考察したいものは、特定のアプリケーションでしょうか?または測定手法でしょうか?関心のあるトピックを選択して、ビデオをクリックしてください。

Embedding & Equalization with the R&S RTP Oscilloscope (Part 1)

Learn about key advantages of the Embedding and Equalization option of the R&S RTP & RTO6 oscilloscopes. Start with the Signal Configurator.

Jul 11, 2024

Embedding & Equalization with the R&S RTP Oscilloscope (Part 2)

Learn how easy it is to configure a cable emulation within the Embedding setup dialog. For interface standards such as USB, necessary S-parameter files are included in the oscilloscope software.

Jul 10, 2024

Embedding & Equalization with the R&S RTP Oscilloscope (Part 3)

The Eye Diagram is an effective tool to validate signal integrity. This video compares the eye diagram on a signal acquired at the output of a USB transmitter versus a waveform with some added cable emulation.

Jul 09, 2024

Embedding & Equalization with the R&S RTP Oscilloscope (Part 4)

Learn how easy it is to configure a equalizer emulation within the Equalizer setup dialog. For interface standards such as USB, PCIe or DP, the necessary S-parameter files are included in the oscilloscope software.

Jul 08, 2024

RTP Oscilloscopes with External Frontends (Part 1)

The R&S FE External Frontends extend the frequency range of the RTP Oscilloscope up to 170 GHz. No additional equipment is needed for this compact and fully calibrated solution. Learn how easy it is to configure a external frontend directly by the RTP GUI.

Jul 05, 2024

RTP Oscilloscopes with External Frontends (Part 2 )

The R&S RTP oscilloscope offers a comprehensive set of tools for analysing widebad RF signals together with the external frontends downconverted. Start with powerful trigger events, responsive spectrum analysis or the unique IQ mode to prepare in depth signal analysis. .

Jul 04, 2024

RTP Oscilloscopes with External Frontends (Part 3 )

The R&S VSE software offer a comprehensive set of analysis options for RF signal analysis. This video demonstrates how easy the VSE software can analyze a 5G FR2 signal that was captured and downconverted by the FE44S external frontend and acquired by the RTP oscilloscope.

Jul 03, 2024

RTP Oscilloscopes with External Frontends (Part 4 )

The RTP oscilloscope can use up to 4 external frontends to acquire the respective IF signals for further analysis. Here we use two FE44S external frontends to test a 5G FR2 signal at 28 GHz. Signal analysis is performed by the R&S VSE software running directly on the RTP oscilloscope.

Jul 02, 2024

RTP Oscilloscopes with External Frontends (Part 5 )

Use the R&S RTP Oscilloscope with the R&S External Frontend FE110SR to debug your automotive radar devices. This example demonstrates the analysis of a bursted radar chirp signal with the FFT and Spectrogram. Analysis with the R&S VSE software and the Transient option enhances the characterization of radar signals. Additionally, the acquisition of two FE110SR signals with a maximum bandwith of 10 GHz in a frequency range of 70 to 110 GHz is possible the RTP oscilloscope.

Jul 01, 2024

PAM-N Analysis with the R&S RTP Oscilloscope (Part 1)

Learn about key advantages of the PAM-N analysis option on the R&S RTP & RTO6 oscilloscopes. Start with the Signal Configurator.

Jun 28, 2024

PAM-N Analysis with the R&S RTP Oscilloscope (Part 2)

Learn about key advantages of the PAM-N analysis option on the R&S RTP & RTO6 oscilloscopes. In combination with the CDR option, obtain the fastest eye diagrams to characterize signal behaviour in seconds.

Jun 27, 2024

PAM-N Analysis with the R&S RTP Oscilloscope (Part 3)

Learn about key advantages of the PAM-N analysis option on the R&S RTP & RTO6 oscilloscopes. In combination with the CDR option, obtain the fastest eye diagrams to characterize signal behaviour in seconds.

Jun 26, 2024

Towards 6G: MIMO measurements up to 110 GHz

This video demonstrates signal transmission and analysis of a 2x2 MIMO signal at 90 GHz.

Mar 12, 2024

O-RU energy efficiency testing

Watch this video and discover how the R&S NGP power supply units power the radio unit and monitor voltage and current statistics over time.

Mar 12, 2024

Differential signal math in real-time. RTP - see the difference

Benefit from differential and common mode signals beeing calculated in real-time.

Aug 15, 2022

Automated measurements. RTP - see the difference

The RTP offers of more than 90 automated measurements, with statistical analysis and histogram and track display for data visualization. Learn to use it most easily.

Aug 15, 2022

Serial bus decoding. RTP - see the difference

The 16 digital channels of the MSO option extend the measurement resources of the RTP. Use them for protocol-based triggering and decoding of low-speed interfaces such as I2C, SPI, MIL1553 or MIPI RFFE.

Aug 15, 2022

Accelerate your EMI debugging. RTP - see the difference

See on our debugging example how to use the powerful spectrum analysis with log display, peak list and limit lines for visualizing and evaluating the EMI emission.

Aug 15, 2022

Trigger on Zones in real-time. RTP - see the difference

The RTP's Zone trigger allowes as the only oscilloscope in the world to isolate events in the time and the frequency domain.

Aug 15, 2022

Powerful spectrum and spectrogram. RTP - see the difference

Use the accuracy of the RTP for the analysis of wide-band RF signals.

Aug 15, 2022

Compensate signal losses in real-time. RTP - see the difference

Compensate signal losses from test fixtures or cables in real-time.

Aug 15, 2022

Superior user experience. RTP - see the difference

Learn how easy it is to organize your waveforms and results with the RTP oscilloscope.

Aug 15, 2022

Quickly access your favourite tools. RTP - see the difference

Access your favourite scope functions most quickly via the toolbar.

Aug 15, 2022

Isolate signal details with precise digital trigger. See the difference

RTP oscilloscopes can trigger on signals as small as 1/1000th of a vertical division thanks to digital triggering and adjustable hysteresis.

Aug 15, 2022

How does high update rate help? RTP - see the difference

Benefits from the RTP oscillscopes, offering the fastest update rate of maximum 750,000 waveforms/s.

Aug 15, 2022

Meet the R&S RTP Oscillscope

The R&S RTP is the most versatile multi-purpose oscilloscope.

Aug 15, 2022

位相コヒーレントマルチチャネルのパルス解析

複数のパルスド信号を正確に位相コヒーレント解析するための、構成が容易でスケーラブルなレーダー/EWシステム用ソリューションです。

1月 20, 2021

RS-232C/RS485/UARTインタフェースのデバッグ

UART/RS-232C/RS485インタフェースのデバッグは、オシロスコープにお任せください。ユーザーは、データをすばやく理解して、データコンテンツと電気信号を相関させることができます。

2月 13, 2020

オシロスコープによるI²Cのデコードに適切なセットアップ

R&S®RTOの適切なセットアップを使用してI²Cを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 13, 2020

RS-232Cインタフェースの詳細解析

R&S®RTOのデコードテーブルとズームウィンドウを使用した、RS-232Cインタフェースのフレームごとの詳細解析。

2月 13, 2020

RTOのハードウェアトリガを使用したI²Cのデバッグ

ハードウェアトリガとヒストリーモードを併用して、I²Cインタフェースにおけるエラーを特定し追跡する方法。

2月 13, 2020

I²Cプロトコルのデコードがもたらす可能性

プロトコルを解析してI²Cインタフェースに問題がないか確かめてください。

2月 13, 2020

中断条件でのUART/RS-232C/RS485トリガ

ハードウェアトリガを使用して、ブレーク条件を識別します。ブレーク条件は、ヒストリーモードを使用して、それらの原因と1つずつ相関させることができます。

2月 13, 2020

R&S オシロスコープによるTDR/TDT解析

インピーダンスと伝送損失の測定

1月 21, 2020

R&S オシロスコープによる高度なジッタ解析

革新的な信号モデルベースのジッタ分離アルゴリズム

1月 21, 2020

積分演算波形の高度な補正

高度な演算機能を使用して、正弦波信号やパルスド信号を解析するために、積分演算波形の1/fノイズを除去する方法を説明します。

9月 09, 2019

パルスド信号のエネルギー測定

高度な演算機能を使用して、パルスド正弦波信号のエネルギーを測定する方法を説明します。

9月 09, 2019

RF信号解析用のIQモード

オシロスコープでRF信号をダウンコンバートし、結果として得られたIQサンプルを使用して、R&S VSEソフトウェアまたは外部ツールを用いて詳細に解析します。

9月 09, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 1)

RTP ハイパフォーマンス・オシロスコープによる車載用レーダーデバイスの基本的なテストセットアップについて詳しく説明します。

9月 08, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 2)

コンバーターおよびその他のセットアップコンポーネントをリアルタイムでディエンベディングします。

9月 07, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 3)

内蔵のオシロスコープ機能を使用して、レーダーパルスを復調します。

9月 06, 2019

77 GHz車載用レーダー(Part 4)

複数のアンテナ信号の位相コヒーレント測定を実行します。

9月 05, 2019

キャンパスダッシュボード - 主な機能

R&S キャンパス・ダッシュボード・ソフトウェアの主な機能

7月 17, 2019

キャンパスダッシュボード - セットアップと設定

マルチユーザーの学生ラボ用にソフトウェアをセットアップして設定する方法を説明します

7月 17, 2019

キャンパスダッシュボード - 概要

時間を短縮できる、マルチユーザーの学生ラボ用教育ソフトウェア

3月 27, 2019

分散システムのパワーインテグリティー

このセッションでは、システムレベルの問題の概要と、競合する要件に対処しながら最適なシステム性能を実現するための効果的な測定/解析技法について説明します。

3月 25, 2019

Clock and LO components in 5G base stations (part 2/3)

Learn how to verify the performance of RF sampling clock generator / jitter attenuator with low noise signal generator and high-performance oscilloscope.

Feb 10, 2019

内蔵パターンジェネレーターによるデバイスのシミュレート

R&S®RTAの内蔵パターンジェネレーターを使用して被試験デバイスをシミュレートする方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープによるLINのデコード

R&S®RTAでLINをデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープのシリアルバス・デコード機能

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープが備える強力なデコード機能をご確認ください。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるCANバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してCANバスを容易にデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

オシロスコープによるFlexrayのデコード

R&S®RTOを使用してFlexrayを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

ゾーントリガにより周波数ドメインでトリガしてバースト信号を捕捉

R&S®RTOを使用してキーフォブからのRFバーストを容易に捕捉する方法を説明します。

2月 04, 2019

CANバスのデコード

R&S®RTOでCANバスをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法を説明します。

2月 04, 2019

適切なグリッド注釈表示を用いた電流プローブ測定

R&S®RTOで、適切なグリッド注釈表示を用いて電流プローブ測定を容易に実行する方法をご覧ください。

2月 04, 2019

オシロスコープによるCANフレキシブルデータ(CAN-FD)インタフェースのデバッグ

R&S®RTOでCAN-FDをデバッグする方法を説明します。

2月 04, 2019

SENTバスの高速チャネルと低速チャネルのトリガとデコード

R&S®RTOでSENT(拡張シリアル・メッセージを含む)をデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

CANバスのCAN-dbcシンボリックデコード

R&S®RTOを使用してデコード済みの16進値を使いやすいワードに変換する方法をご覧ください。

2月 04, 2019

オシロスコープによるCANインタフェースのデバッグ

R&S®RTOでCANインタフェースをデバッグする方法を説明します。

2月 04, 2019

大容量メモリおよびウルトラセグメンテーションによる、3分以上のバスデータのデコード

R&S®RTAの大容量メモリとウルトラセグメンテーション機能を使用してバスデータをデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

コモンモード・ノイズが大きい差動バスのプロービング

差動バスの最適なプロービング方法を説明します。CANバス信号をR&S®RTAに接続して表示する方法も説明します。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるSENTバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してSENTを容易にデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

オシロスコープによるEMIデバッグ

R&S®RTOで近磁界プローブとゲーティッドFFTを使用して電源をデバッグする方法を説明します。

2月 04, 2019

SENTバス信号のデコード

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープを使用して容易にSENTをデコードする方法をご覧ください。

2月 04, 2019

SENTバスのシンボリックデコード

SENTバスをシンボリックデコードして、R&S®RTOに表示する方法を説明します。

2月 04, 2019

ハンドヘルド・オシロスコープによるCAN-FDバスのデコード

R&S®RTH ハンドヘルド・オシロスコープを使用してCAN-FDを容易にデコードする方法を説明します。

2月 04, 2019

大容量メモリによる、1分以上のバスのデコード

ローデ・シュワルツのR&S®RTO オシロスコープの大容量メモリを使用して1分以上のCANバスデータを記録する方法をご覧ください。

2月 01, 2019

CAN-FDバスのCAN FDのデコード

R&S®RTOでCAN FDをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法をご覧ください。

2月 01, 2019

CANバスのトリガ

ローデ・シュワルツのR&S®RTOおよびR&S®RTM オシロスコープが備えるバストリガ機能をご確認ください。

2月 01, 2019

CANバスのデコード

R&S®RTMでCANバスをデコードする方法と、伝送エラーおよび電気信号品質を調査する方法を説明します。

2月 01, 2019

オシロスコープのシリアルバス・デコード機能

ローデ・シュワルツのR&S®RTM オシロスコープが備える強力なデコード機能をご確認ください。

2月 01, 2019

OPEN Alliance TC9に準拠した1000BASE-T1ケーブルテスト

OPEN Alliance TC9仕様に基づく1000BASE-T1用非シールドツイストペア(UTP)をベースとしたケーブルテストを実行するためのガイドです。

1月 03, 2019

内蔵任意波形発生器

すべてのR&S®RTOは、拡張によって100 MHzの任意波形発生器を内蔵できます。

12月 17, 2018

最大16ビットの垂直軸分解能

低雑音フロントエンドと10 GHzシングルコアADCを搭載することにより、きわめて高い測定確度と広いダイナミックレンジを実現しています。

11月 29, 2018

タイムドメインおよび周波数ドメインのコンボが可能な、業界最初のゾーントリガ

R&S®RTO オシロスコープのゾーントリガを使用すれば、イベントをグラフィカルに分離できます。

11月 29, 2018

フラットな周波数応答による正確な測定結果

R&S®RTO オシロスコープは、フラットな周波数応答により、仕様帯域幅全体にわたって正確な信号測定が可能です。

11月 29, 2018

きわめて低いノイズレベルによる精密な測定

R&S®RTOの設計において、ノイズの最小化が最大の目標の1つでした。これにより、最小の垂直軸分解能でも高確度な測定が可能になりました。

11月 29, 2018

強力な100BASE-T1トリガ

K57オプション搭載のR&S®RTOを使用した100BASE-T1車載イーサネットのトリガの詳細です。

11月 28, 2018

R&Sオシロスコープを使用した車載イーサネットとCANのデコード

R&S®RTM オシロスコープでのCANのデコードを、R&S®RTO オシロスコープのK57オプションを使用した車載イーサネットのデコードと比較します。

11月 28, 2018

強力な100BASE-T1デコード

K57オプション搭載のR&S®RTOを使用した100BASE-T1車載イーサネットのデコードの詳細です。

11月 28, 2018

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.