車載イーサネットおよびその他のバスシステム

車載ネットワークとECUのテスト

車載イーサネットおよびその他のバスシステム

一般的な自動車の内部では、100個以上の電子制御ユニット(ECU)が、ブレーキ、トランスミッション、エンジン、A/C、ステアリング、カメラ、レーダー、音響センサ、携帯電話およびそれ以外の無線通信などを制御しています。

ECUは、Controller Area Network(CAN)、Media Oriented Systems Transport(MOST)、Local Interconnect Network(LIN)、FlexRayなどのバスを通じて互いに通信します。

自動車メーカーやTier 1部品メーカーは、複雑さを減らし、コスト効率を高めるため、このような多種類のバスタイプの混在を避けて、データスループットの高速化、レイテンシの短縮、軽量化を実現する、より統一的な方式に移行しようとしています。

ローデ・シュワルツでは、以下のような最先端のテストソリューションを提供しています。

  • CAN、CAN-FD、LIN、FlexRay、CXPI、SENT、100BASE-T1、1000BASE-T1のトリガ/デコード機能
  • 車載イーサネット(10BASE-T1S、100BASE-T1、1000BASE-T1)用コンプライアンステスト
  • チャネルおよびコネクタテスト(100BASE-T1、1000BASE-T1、2.5/5/10GBASE-T1)
  • EMIデバッグ機能

車載イーサネットおよびその他のバスシステム・ソリューション

イーサネット・コンプライアンステスト

詳しくは

バスおよびプロトコルテスト

詳しくは

ドメインコントローラーおよびECUの開発

詳しくは

バッテリー管理システム(BMS)テスト

詳しくは

新機能

MultiGig車載イーサネット・コンプライアンステストK88のサポート

R&S®RTO-K88(最大2.5G)およびR&S®RTP-K88オプションは、IEEE 802.3ch仕様に準拠してMultiGBASE-T1をテストする自動コンプライアンステスト・ソリューションです。R&S®ScopeSuite コンプライアンステスト・ソフトウェアのテストウィザードに図示される手順に従ってテストを実行できます。自動テストシーケンスにより、高速な実行が可能です。包括的なテストレポートには、スクリーンショットを含むすべての結果が掲載されます。この包括的なテストソリューションには、R&S®RT-ZF7A テストフィクスチャと、互換性のあるベクトル・ネットワーク・アナライザが含まれます。

商品情報

1000BASE-T1車載イーサネット用の業界初のトリガ/デコードソリューション

ローデ・シュワルツは、R&S®RTOおよびR&S®RTP オシロスコープの新しいK58オプションにより、業界初の1000BASE-T1用トリガ/デコードソリューションを発売し、自動車用のテストソリューションをリードする地位をさらに拡張しました。既存の100BASE-T1やCANバスの解析およびデコード機能と同様に、OEMおよびTier1サプライヤーは、最先端の自動車デジタルデザインで最新のバス速度の解析とデコードが可能になります。

詳しくは

R&S®RT-ZF8 車載イーサネット・コンプライアンスフィクスチャ

R&S®RT-ZF8 車載イーサネット・コンプライアンスフィクスチャ

RT-ZF8 フィクスチャは、車載イーサネット規格100BASE-T1/1000BASE-T1の物理層のテストに必要なインタフェースをすべて備えています。

このフィクスチャは、R&S®RTOおよびR&S®RTP オシロスコープ、R&S®ScopeSuite ソフトウェア、車載イーサネットオプション(R&S®RTO-K24、R&S®RTP-K24、R&S®RTO-K87、R&S®RTP-K87)と組み合わせて使用します。

R&S®RT-ZF7 車載イーサネット・トリガ/デコード・フィクスチャ

R&S®RT-ZF7 車載イーサネット・トリガ/デコード・フィクスチャ

RT-ZF7 フィクスチャは、車載イーサネット信号(100BASE-T1や1000BASE-T1など)のプロービング用です。別々の方向に全2重通信接続(プロービング)できます。

このフィクスチャは、R&S®RTOおよびR&S®RTP オシロスコープ、車載イーサネットオプション(R&S®RTO-K57およびR&S®RTP-K57)と組み合わせて使用します。

車載ネットワークとECUのテストのウェビナー

Webinar: How to ensure MultiGigabit automotive Ethernet compliance

How to ensure MultiGigabit automotive Ethernet compliance

Join this webinar to learn about the newest updates to OPEN Alliance TC9 & TC15 and receive an in-depth analysis of different MultiGigabit test modes with solutions from Rohde & Schwarz.

More information

Webinar: Manufacturing test of automotive ECUs with maximum efficiency

車載ECUを最大効率で製造テスト

このウェビナーを通じて、ローデ・シュワルツのソリューションを用いた車載ECUの製造テストについて詳しく学ぶことができます。

詳しくは

車載イーサネットおよび次世代車載ネットワーク

このウェビナーシリーズでは、車載イーサネットおよび次世代車載ネットワークの技術的側面と、ローデ・シュワルツのテストソリューションについて解説します。

詳しくは

Webinar: An overview on Ethernet testing - Teaser

イーサネットテストの概要

このウェビナーは、イーサネットの設計およびテストに携わるエンジニア用に作成されています。このデジタルインタフェースの目的、さまざまな規格、アプリケーションを紹介します。さらに、課題、仕様、テスト手順を説明して、本ウェビナーの電子計測の核心に入ります。

詳しくは

Webinar: Domain controllers and CPUs

車載用ドメインコントローラーおよび高性能CPU

車載ネットワークインタフェース上の車載用ドメインコントローラー/高性能CPU、その性能と相互運用性のテストとデバッグについて解説します。

詳しくは

Webinar: 1000BASE-T1 automotive Ethernet compliance testing PreRoll

1000BASE-T1車載イーサネット・コンプライアンステスト

このウェビナーでは、物理層のOpen Alliance(OA)TC8仕様に基づいたコンプライアンステストに的を絞って説明します。

詳しくは

弊社の専門技術者

Dimitrakopoulos-Nik-Rohde-Schwarz_49051_04.jpg

Dr. Nik Dimitrakopoulos、マーケット・セグメント・マネージャー(オートモーティブ)

「最近の一般的な自動車には100個以上の電子制御ユニット(ECU)が搭載され、さまざまな車載バスネットワークで接続されています。これらのバスは、情報の交換と制御の調整のために用いられます。自律運転技術を実現するには、現在よりはるかに高いデータレートのトラフィックをサポートする車載通信システムが必要です。現在検討されているのは、100/1000BASE-T1です。将来的には、数ギガビット以上の速度が必要になるでしょう。このようなデータストリームの機能と品質を検証するために、車載用システムのエンジニアには、特定の信号の検索、トリガ、デコード、クロストーク測定、コンプライアンステストの実行といった機能が必要です。」

Flemming-Ernst-Rohde-Schwarz_6522_03.jpg

Dr. Ernst Flemming、ローデ・シュワルツ、オシロスコープ製品管理担当ディレクター

「車載イーサネットはすでに自動車に広く採用されています。業界では、OPEN Allianceで固有のコンプライアンステストが定義されています。当社では、メーカー、Tier 1企業、テストハウスで広く採用されている100BASE-T1および1000BASE-T1用のコンプライアンステスト・ソリューション一式を提供しています。100BASE-T1用の新しいトリガ/デコードソリューションにより、車載イーサネットのデバッグを、従来のCANバスと同じ方法で行えるようになりました。」

アプリケーションビデオ - エンジニアトーク:車載イーサネットその他

Testing of a 1000BASE-T1 in-line connector using the ZNB-K220 In-Situ De-embedding based on the OA TC9 test specification for STP

OA TC9 STP:1000BASE-T1インラインコネクタのテスト

STPのOA TC9テスト仕様に基づくZNB-K220 In-Situディエンベディングの使用

MultiGBASE-T1 testing according to the OA TC9 draft release on a MDI test head

OA TC9 MultiGBASE-T1

MDIテストヘッドに関するOA TC9ドラフトリリースに準拠したMultiGBASE-T1テスト

Mode conversion testing for 1000BASE-T1 based on the OA TC8 test specification

OA TC8:1000BASE-T1のモード変換テスト

OA TC8テスト仕様に基づく

1000BASE-T1 cable testing according to OPEN Alliance TC9

OPEN Alliance TC9に準拠した1000BASE-T1ケーブルテスト

OPEN Alliance TC9仕様に基づく1000BASE-T1用非シールドツイストペア(UTP)をベースとしたケーブルテストを実行するためのガイドです。

1000BASE-T1 Compliance Testing Test Mode 2

1000BASE-T1 コンプライアンステスト

テストモード2:MDIジッタとクロック周波数

1000BASE-T1 Compliance Testing Test Mode 4: Transmitter Distortion Test with Disturber

1000BASE-T1 コンプライアンステスト

テストモード4:妨害波によるトランスミッターの歪みテスト

1000BASE-T1 Compliance Testing Test Mode 2

1000BASE-T1 コンプライアンステスト

テストモード5:トランスミッターのパワースペクトラム密度(PSD)、パワーレベル、ピーク差動出力

1000BASE-T1 Compliance Testing Test Mode 6: Maximum output droop

1000BASE-T1 コンプライアンステスト

テストモード6:最大出力ドループ

100BASE-T1 Compliance Testing - MDI return loss

100BASE-T1 コンプライアンステスト

MDIリターンロス

Decoding Automotive Ethernet and CAN using R&S scopes

R&Sオシロスコープを使用した車載イーサネットとCANのデコード

CANから車載用イーサネットへのデコード

Decoding for 100BASE-T1 Automotive Ethernet

強力な100BASE-T1デコード

100BASE-T1車載用イーサネットのデコード

Triggering for 100BASE-T1 Automotive Ethernet

強力な100BASE-T1トリガ

100BASE-T1車載用イーサネットのトリガ

Triggering & decoding 100Base-T1 BroadR-Reach Ethernet

100Base-T1 BroadR-Reachイーサネットのトリガ/デコード

オシロスコープを使った実際のOABR車載イーサネットのトリガとデコードを取り上げます。

関連リソース

ポスター:車載ネットワークの進化

先進運転支援システム(ADAS)の発展により、車載ネットワーク(IVN)のアーキテクチャーの新しい設計方法が生まれています。このポスターは、IVNの開発経過を図示し、IVNのテスト方法を紹介しています。

詳しくは

ニュース:ローデ・シュワルツ、自動車業界向けに初のIEEE 802.3cg 10BASE-T1Sコンプライアンス・テスト・ソリューションを発表

車載イーサネットの柔軟性を活かしたシンプルなツイストペア・ネットワーク・テクノロジーは、拡大し続ける車載ネットワークに理想的です。新規格のIEEE 802.3cg 10BASE-T1Sは、車載イーサネットによってサポートされるアプリケーションの範囲を拡大し、シンプルなデバイス群を統合してネットワークに包含します。ローデ・シュワルツは、10BASE-T1Sに対するデバイスコンプライアンスのテストに利用できる初のコンプライアンステスト・ソリューションにより、車載イーサネット規格のテストおよび測定サプライヤーとして、業界をリードし続けます。

詳しくは

ニュースレターを購読する

ニュースレターを購読する

今後のトレンドや最新のアプリケーションに関する情報をお届けします。