Application Notes

ミッション・データ・ファイル・テストのためのユーザーデータからのエミッター自動作成

EWレシーバー・ミッション・データ・ファイルは、RFでのシミュレーションによってテストが必要な何千ものモードやビームをもつ何百ものエミッターを含むことができます。これらのエミッター、そのモードおよびビームは、多くの場合、インテリジェンスデータベースにリストされ、R&S®パルス・シーケンサ・ソフトウェアなどのエミッター・シミュレーション・アプリケーションにスプレッドシートからインポートする必要があります。このためにR&S®パルス・シーケンサ・ソフトウェアにはスクリプトエディターが内蔵されており、ユーザーデータをインポートしてエミッターを自動生成し、シーケンス設定またはプラットフォーム構成を行ってすぐにRFに再生でき、追加のソフトウェアが不要です。さらに、R&S®パルス・シーケンサにはSCPIレコーダーツールがあり、シナリオデータ作成中の手動入力操作の情報を収集して対応するSCPIコマンドのリストを作成できます。このコマンドリストを使用してユーザー定義のスクリプトを容易に作成でき、内蔵のスクリプトエディターまたは外部ソフトウェア(例:Matlab、Python)で実行できます。

Name
Type
Version
Date
Size
1GP131_E_Automated_Emitter_Creation_MDF
Type
アプリケーション・ノート
Version
0E
Date
Jul 01, 2021
Size
564 kB
1GP131_Automated_Emitter_Creation_MDF_ExampleScript

Example Script for Automated Emitter Creation from User Data

Type
Application Note File
Version
0E
Date
Jul 01, 2021
Size
3 kB
関連ソリューション