Application Notes

ホワイトスペース・スペクトラムでのチャネル・サウンディング

チャネル・サウンディングの目的は、無線伝搬経路を個々のマルチパス成分に分解することにより、無線チャネルの特性評価を行うことです。英Neul社によるこのアプリケーション・ノートでは、R&S SMBV100A ベクトル信号発生器とR&S FSL スペクトラム・アナライザを使用してチャネル・サウンディングを行う方法について説明します。ここでは、英国で利用されている8 MHz幅のホワイトスペース・チャネルを用いて手順を解説します。

Name
Type
Version
Date
Size
Channel Sounding in White Space Spectrum | 1MA199

Application Note - English Version

Type
アプリケーション・ノート
Version
0e
Date
Jul 12, 2011
Size
521 kB