Wireless-communications-5G-cellular-GSM-GPRS-EDGE-testing-rohde-schwarz_stage_45331_2880x.jpg

2G/3G通話テストアプリケーションでR&S® CMU200をR&S® CMW500に置き換える方法

R&S® CMU200とR&S® UPVを組み合わせたものは、3GPP 26.132に準拠した音響テストやITU-T P.862(PESQ®)またはITU-T P.863(POLQA®)に準拠した通話品質テストなどの、携帯電話通話機能のさまざまなテストで使用されています。このアプリケーションノートでは、このような作業で使用されているR&S® CMU200をR&S® CMW500に置き換える方法を説明します。

目次

1 はじめに

1.1 概要

1.2 CMU200の通話入出力レベル

1.2.1 デコーダー校正

1.2.2 エンコーダー校正

1.3 CMW500の通話入出力レベル

2 R&S® CMW500の設定

2.1 音声測定

2.2 GSM

2.3 WCDMA

2.4 CDMA2000®

3 R&S® UPVアプリケーションの設定

3.1 オプションUPV-K9による音響テスト

3.1.1 2.xへのバージョンアップ

3.1.1.1 同じ手法

3.1.1.2 CMUと異なる手法

3.1.2 2.xへのバージョンアップ

3.2 1GA50/1GA62アプリケーションプログラム

3.2.1 1GA50/1GA62のバージョン1.2への変更

3.2.1.1 同じ手法

3.2.1.2 CMUと異なる手法

3.2.2 バージョン1.3以降の1GA62

4 参考資料

5 オーダー情報

Name
Type
Version
Date
Size
Replacing R&S® CMU200 with R&S® CMW500 in 2G and 3G Speech Test Applications | 1GA65

The combination of R&S® CMU200 and R&S® UPV is in use for various tests of mobile phone speech functionality, such as acoustic tests according to 3GPP 26.132 or speech quality tests according to ITU-T P.862 (PESQ®) or ITU-T P.863 (POLQA®). This application note explains how to replace the R&S® CMU200 in these tasks with R&S® CMW500.

Type
アプリケーション・ノート
Version
0e
Date
Size
1 MB
関連ソリューション