Passive components

FSMR3000による相互相関位相雑音測定

R&S®FSMR3000(以後FSMR)は、測定レシーバー、シグナル・スペクトラム・アナライザ、位相雑音アナライザの3つの機能を備えた測定器です。

このアプリケーションノートでは、FSMRと相互相関オプション(R&S®FSWB60)の組み合わせを使用して、生の信号発生器(R&®SMA100B)の位相雑音特性を測定する方法を示します。

相互相関位相雑音測定を使えば、このオプションを使用しない場合に比べて、感度を5 · log(n) dB高めることができます。例えば、10の相関を使用した測定では、位相雑音フロアが5 dB向上します。

Name
Type
Version
Date
Size
Cross Correlation Phase Noise Measurement using the FSMR3000 | 1SL376
Type
アプリケーション・ノート
Version
0e
Date
Dec 31, 2021
Size
650 kB
関連ソリューション