TCP/IP => 'CAL?' によるリモート制御のセルフアライメント

質問

コマンド 'CAL?' を使ってリモート制御のセルフアライメントを実行したいと思っています。

これには長時間かかる場合があるため、終了検出方法を教えてください。

マニュアルには、SRQを使用するとありますが、TCP/IP接続の使用時に機能しません。

回答

はい、SRQラインはIEEEバスを持つハードウェアラインなので、ノーマルTCP/IPでは機能しません。したがって、SRQを使用することはできません。

校正コマンドが問合せ ‘CAL?’ であるため、‘*OPC?’ など、追加の問合せを送信できません。

ただし、サービスリクエストが使用する関数と同じ関数を使用できます。

SRQは、ステータスバイトのMAVビット(Message Available)によってトリガされます。MAVビットがセットされる(値16)までVISA関数でステータスバイトの問合せを行い、そのあとバッファーを読み出すことができます。

以下に、実行したときのログを示します。

FAQ リモート制御のセルフアライメント
International Website