R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ

パワー測定のマイルストーン

R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサ
ライトボックスを開く
R&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Front HighR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Side viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Front viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Side viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Side viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Side viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Back viewR&S®NRQ6 frequency selective power sensor, Side view

主な特長

  • 50 MHz~6 GHzの周波数選択パワー測定
  • パワー測定レンジ:-130 dBm~+20 dBm
  • 100 MHzの測定帯域幅
  • RFベクトル信号解析用のI/Qデータ捕捉
  • 低パワー変調信号の位相コヒーレント測定
  • プロダクト・オブ・ザ・イヤー

新しいカテゴリのテスト/測定機器

R&S®NRQ6は、パワーメータの確度と優れたダイナミックレンジを兼ね備えています。

レシーバーテクノロジーをベースとしたR&S®NRQ6では、-130 dBmまでの帯域制限パワー測定が可能です。R&S®NRQ6を使用すると、現在使用可能なパワーメータのリミットを超える、高精度かつ高速の測定が行えます。R&S®NRQ6には、従来の連続平均測定に加えて、トレースディスプレイ機能があり、ACLR測定も実行することができます。オプションのR&S®NRQ6-K1 I/Qデータインタフェース、R&S®NRQ6-K2 パワーサーボ、R&S®NRQ6-K3 位相コヒーレント測定オプションを付加することで、R&S®NRQ6を新しいカテゴリのテスト/測定機器として利用できます。

特長と利点

さまざまな測定機能

レシーバー・ベース・アーキテクチャーによる高精度と高速性

  • -130 dBmまでの連続平均パワー測定
  • RFベクトル信号解析用のI/Qデータ捕捉
  • 位相コヒーレント測定
  • トレース測定
  • ACLR測定
  • 超高速トリガパルス測定
  • RFパワー、EVM、位相の測定を1台の測定器で実行

R&S®NRQ6 パルスド信号に対するトレース測定
ライトボックスを開く

R&S®NRQ6 パルスド信号に対するトレース測定

簡単な操作

最小の形状で最大の性能

  • 直感的なウェブGUI
  • さまざまな自動設定機能
  • 自動周波数トラッキング
  • 信号確認のためのスペクトラム表示
  • ユーザーにとって便利なハードウェアインタフェース

20 MHz LTE信号の信号チェック
ライトボックスを開く

20 MHz LTE信号の信号チェック

I/Qデータ捕捉

R&S®NRQ6をスタンドアロンのRFフロントエンドとして使用

R&S®NRQ6は、ベクトル変調I/Q信号を捕捉するためのスタンドアロンのRFフロントエンドとして使用できます。オプションのR&S®NRQ6-K1 I/Qデータインタフェースを使用すれば、捕捉したI/QデータをSCPIコマンドで読み出すことができます。データの復調と解析には、R&S®VSEなどの外部ソフトウェアを使用します。R&S®NRQ6バージョン2.10とR&S®VSEバージョン1.70を使用すると、直接データ収集および制御が可能です。

R&S®NRQ6およびR&S®VSEによる5G NR測定
ライトボックスを開く

R&S®NRQ6およびR&S®VSEによる5G NR測定

R&S®SGT100Aによる高速パワーサーボ;

コンポーネント・テスト・アプリケーションでは、DUTのノンリニア特性のために、特定の出力パワーの設定が困難になります。R&S®NRQ6-K2 パワー・サーボ・オプションを使用すると、R&S®NRQ6とR&S®SGT100Aの間でトリガコネクタを通じた専用のシリアル通信チャネルを実現できます。必要なパワーは数回の反復で設定され、代表的な場合で1 ms~1.5 msで完了します。

R&S®NRQ6およびR&S®SGT100Aによるパワーサーボ
ライトボックスを開く

R&S®NRQ6およびR&S®SGT100Aによるパワーサーボ

パワー・サーボ・セットアップでは、リモート制御コマンドを使用することで、接続を切り替えずにR&S®NRQ6をパワー測定に使用できます。

位相コヒーレント測定

複数のビームフォーミング用アクティブ・アンテナ・モジュールの校正

同期位相コヒーレント測定(R&S®NRQ6-K3オプション)は、2台以上のR&S®NRQ6間のプライマリ/セカンダリの関係に基づいて行われます。プライマリが局部発振器信号(LO)と自身のクロック信号(CLK)をセカンダリに転送して、セカンダリにトリガをかけます。最大8ポートでRF位相を測定でき、不確かさの代表値は-60 dBmのパワーでわずか0.1°です。

R&S®NRQ6 マルチチャネル位相差測定
ライトボックスを開く

R&S®NRQ6 マルチチャネル位相差測定

1台のR&S®NRQ6をプライマリ(TRG/CLK/LO信号の分配のみに使用)、8台のR&S®NRQ6をセカンダリとして使用した測定の結果。

高速測定

従来のダイオード・パワー・センサの限界を突破

すべてのダイオードベースのパワーメータは、特定の周波数レンジでは帯域制限なしで動作します。低パワー信号を正確に測定するには、複数の測定サンプルをアベレージングする必要があり、そのために測定時間が長くなります。ダイオードベースのパワー・メータ・テクノロジーは成熟しているので、製品に対しては限定的な革新しかできません。R&S®NRQ6をベースとするレシーバーテクノロジーにより、低パワー信号の測定速度が大幅に向上しました。

CW信号の測定時間の比較
ライトボックスを開く

CW信号の測定時間の比較

R&S®NRQ6を使用すれば、NRP8Sに比べて、-50 dBmのCW信号の測定時間を約20,000分の1に短縮できます。

利用可能なモデル

利用可能なモデル
モデル
周波数レンジ
レベル範囲
ダイナミックレンジ(センサに依存)
LANインタフェース
コネクタタイプ
R&S®NRQ6

R&S®NRQ6

注文番号 1421.3509.02

周波数レンジ
50 MHz - 6 GHz
レベル範囲
-130 dBm - +20 dBm
ダイナミックレンジ(センサに依存)
最高150 dBm(RBWに依存)
LANインタフェース
コネクタタイプ
N (m)
仕様
周波数レンジ
50 MHz~6.0 GHz
インピーダンスマッチング(SWR)
50 MHz~100 MHz<1.20
>100 MHz~2.0 GHz<1.13
>2.0 GHz~6.0 GHz<1.20
パワー測定レンジ
RBW(10 Hz~400 MHz)に依存したダイナミックレンジ-130 dBm~+20 dBm
損傷レベル
最大平均パワー1 W(+30 dBm)連続
最大ピーク・エンベロープ・パワー2 W(+33 dBm)、最大1 µsの場合
最大DC電圧±20 V
RF入力アッテネータ
0 dB、30 dB
測定サブレンジ
RF入力アッテネータ=0 dB-130 dBm~-10 dBm
RF入力アッテネータ=30 dB-100 dBm~+20 dBm
分解能帯域幅(RBW)
単側波帯(SSB)モード10 Hz~40 MHz
零点IFモード(RF入力周波数≧400 MHz)50 MHz、80 MHz、100 MHz、400 MHz
収集
サンプリングレート119 MHz~121 MHz
表示平均雑音レベル(DANL)
RF入力アッテネータ=0 dB
50 MHz~100 MHz<-148 dBm(1 Hz)
>100 MHz~400 MHz<-153 dBm(1 Hz)
>400 MHz~2.4 GHz<-156 dBm(1 Hz)
>2.4 GHz~6.0 GHz<-153 dBm(1 Hz)
RF入力アッテネータ=30 dB
50 MHz~100 MHz<-118 dBm(1 Hz)
>100 MHz~400 MHz<-123 dBm(1 Hz)
>400 MHz~2.4 GHz<-126 dBm(1 Hz)
>2.4 GHz~6.0 GHz<-121 dBm(1 Hz)
絶対パワー測定の不確かさ
RF入力アッテネータ=0 dB
50 MHz~100 MHz0.156 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.167 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.211 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>100 MHz~400 MHz0.130 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.143 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.192 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>400 MHz~3 GHz0.080 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.100 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.163 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>3 GHz~6 GHz0.092 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.110 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.169 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
RF入力アッテネータ=30 dB
50 MHz~100 MHz0.176 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.189 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.237 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>100 MHz~400 MHz0.147 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.162 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.216 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>400 MHz~3 GHz0.093 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.114 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.183 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
>3 GHz~6 GHz0.105 dB(動作温度範囲:+20 °C~+25 °C)
0.125 dB(動作温度範囲:+15 °C~+35 °C)
0.190 dB(動作温度範囲:0 °C~+50 °C)
相対パワー測定の不確かさ
任意の2つのパワーレベル間
RF入力アッテネータ=0 dB
-60 dBm~-20 dBm0.020 dB
RF入力アッテネータ=30 dB
-30 dBm~+10 dBm0.020 dB

利用可能なオプション

汎用解析
プロダクト
概要
R&S®NRQ6-K1

注文番号 1421.4705.02

概要

I/Qデータインタフェース

R&S®NRQ6-K2

注文番号 1421.4740.02

概要

SGT100Aによるパワーサーボ

R&S®NRQ6-K3

注文番号 1421.4770.02

概要

位相コヒーレント測定

ケーブル
プロダクト
概要
R&S®NRP-ZKU

注文番号 1419.0658.02

概要

USB-Aインタフェースケーブル、長さ:0.75 m

R&S®NRP-ZKU

注文番号 1419.0658.03

概要

USB-Aインタフェースケーブル、長さ:1.5 m

R&S®NRP-ZKU

注文番号 1419.0658.04

概要

USB-Aインタフェースケーブル、長さ:3 m

R&S®NRP-ZKU

注文番号 1419.0658.05

概要

USB-Aインタフェースケーブル、長さ:5 m

R&S®NRP-ZK6

注文番号 1419.0664.02

概要

6極インタフェースケーブル、長さ:1.5 m

R&S®NRP-ZK6

注文番号 1419.0664.03

概要

6極インタフェースケーブル、長さ:3 m

R&S®NRP-ZK6

注文番号 1419.0664.04

概要

6極インタフェースケーブル、長さ:5 m

ドキュメント
プロダクト
概要
R&S®DCV-1

注文番号 0240.2187.06

概要

校正値ドキュメント

R&S®DCV-ZP

注文番号 1173.6506.02

概要

DCVのプリントアウト

R&S®ACANRQ6

注文番号 3598.1427.03

概要

R&S®認定校正

関連ビデオ

周波数を理解する - 選択型パワー・センサ

このビデオでは、周波数選択型またはレシーバーベースのRFパワー・センサが、従来のサーマルセンサやダイオードベースのセンサとどう違うかを説明します。

5月 18, 2020

R&S®NRQ6を使用する

このビデオでは、R&S®NRQ6 周波数選択型パワー・センサを紹介し、一般的な各種測定アプリケーション向けに設定する方法を説明します。取り上げる例は、トレースとACLR測定です。また、PoEスイッチを用いるセットアップも紹介します。

5月 18, 2020

R&S®NRQ6 周波数選択型パワーセンサ

レシーバーテクノロジーをベースとしたR&S®NRQ6では、-130 dBmまでの帯域制限パワー測定が可能です。

9月 30, 2019

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.
一般および法的情報

Manufacturer's recommended retail price (MSRP). The price shown does not include VAT. Prices and offers are only intended for entrepreneurs and not for private end consumers.

抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」に関する利用条件

1. 抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」(以降、「抽選」と呼びます)は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, Mühldorfstraße 15, 81671 Munich, Germany, Tel. +49 89 41 29 0(以降、「R&S」と呼びます)によって主催されます。

2. すべての参加者は、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間中に、参加者の氏名、会社名、ビジネス用メールアドレスを入力することで抽選への参加登録を行えます。

3. 参加は無料です。商品またはサービスの購入経験の有無は問いません。

4. 抽選は法人のみを対象としており、賞品獲得者は法人に限られます。個人の場合、自分の名前と自分のアカウントによる参加は認められませんが、法人の名前で、その法人の代理として参加フォームを提出することにより、法人の代表として参加することが可能です。

5. 賞品として、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間内に、R&S®RTB2000 10台のうちの1台を獲得できます。

賞品:R&S®RTB2000 デジタル・オシロスコープ

6. 抽選は、ローデ・シュワルツ本社、Muehldorstrasse 15, 81671 Munichで行われます。賞品獲得者には、5営業日以内にメールでお知らせいたします。

7. 法人の正式な代表者が、賞品受け取りの意向をローデ・シュワルツに通知するものとします。受け取り辞退が発生した場合、または2週間以内に返事がない場合は、新たな賞品獲得者が抽選によって選ばれます。4週間以内に賞品獲得者を決定できない場合、抽選は終了し、賞品は没収となります。

8. R&Sの従業員とその家族、および抽選処理の関係者とその家族は、参加フォームへの記入対象から除外されます。

9. 賞品の現金同等物または交換は許可されていません。賞品は譲渡できません。参加者の国で課されるすべての税金、徴収金、関税、手数料、およびその他の料金は、参加者が負担するものとします。

10. 個人データは、本抽選キャンペーンの目的でのみ処理され、別段の合意がない限り、抽選から4週間後に削除されます。

11. これらの利用条件に従わない参加者は、R&Sにより本コンペティションへの参加資格を剥奪される場合があります。その場合、賞品を遡って撤回することもできます。これらの利用条件に違反したために賞品が遡及的に取り下げられた場合、賞品はそれぞれの参加者の負担で「1.」に記載されているR&Sの住所に返送されるものとし、抽選で新たな賞品獲得者が選ばれることになります。

12. 参加者は本抽選の賞品を請求することはできず、この点に関して法的手段を講じることは許可されません。

13. 抽選およびR&Sとそれぞれの参加者との間に発生するいかなる契約上の関係も、法の抵触に頼ることなく、ドイツ法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。本競争への参加により直接的または間接的に生じた紛争については、ドイツのミュンヘンの裁判所が専属管轄権を有するものとします。