複雑化するコネクテッドカー

コネクテッドカー

複雑化するさまざまな無線インタフェースのテストによる相互互換性と相互運用性の確保

近年、無線通信が自動車業界に急速に浸透してきました。モバイルサービスの普及に伴い、顧客の期待に応えるためには、自動車内で用いられるさまざまな規格の相互互換性と相互運用性が不可欠になっています。完全な自動運転を実現するには、Vehicle-to-Everything(V2X、V2V、V2I)通信が重要な役割を果たします。情報は受信されて表示されるだけでなく、車の運転動作を制御するために用いられます。ローデ・シュワルツでは、現在と将来のすべての無線通信規格のエンドツーエンドの性能を検証するための、規格に準拠したテスト/測定ソリューションを提供しています。

課題

不良な伝送条件や不安定な無線リンクから生じる安全リスクを最小化するには、通信システムのオンボードユニットのRFトランスミッターとレシーバーが特定の特性を示し、適用される地域規格への適合が証明されていることが必要です。自動車メーカーには、設計、検証、製造の各段階で再現性のあるテスト結果をもたらすテスト環境が必要です。

弊社のソリューションの利点

  • 再現性:エミュレートされたネットワーク環境でアプリケーションの動作をテストして解析
  • 柔軟性:実環境のテストシナリオを容易に設定
  • 完全性:全世界の規制テスト要件に適合

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

車載コネクティビティソリューション

eCall – 独立して認証されたテストソリューション

詳しくは

ERA-Glonassテストソリューション – ロシア監査機関によって承認済み

詳しくは

キーテクノロジー – リモート・キーレスエントリー・システムのテスト

詳しくは

Bluetooth® – 機能と性能の検証

詳しくは

Vehicle-to-Everything通信用テストソリューション

詳しくは

製造中のテレマティクステスト用ソリューション

詳しくは

Automotive V2X webinar and whitepaper

Webinar: V2X – the building blocks of an intelligent transport system

Register and learn more about:

  • Use cases for V2X from “day 1” basic safety to fully autonomous vehicles
  • Details of the current technologies under discussion
  • Future requirements

Save the Date: April 9 and 10, 2019

Register now

Whitepaper: Introduction to the vehicle-to-everything communications service V2X feature in 3GPP release 14

Sign up and learn more about:

  • C-ITS use cases and applications
  • System architecture
  • LTE V2X protocol stack for out-of-coverage communications
  • Synchronization in out-of-coverage V2X scenarios

More information

弊社の専門技術者

Christian Hof

ローデ・シュワルツ、Christian Hof

「コネクテッドカーの夢が現実のものとなりつつあります。2018年3月以降、eCallの実装により、自動車がエマージェンシーサービスに自律的に電話をかけます。ローデ・シュワルツは、R&S®CMW500 プロトコル・テスタをベースとしたeCall用のアプリケーションソフトウェアを開発しました。このソフトウェアは、公衆安全応答ポイント(PSAP)をシミュレートし、プロトコル・テスタをリモート制御し、ラボでセルラーネットワークをエミュレートします。この認証済みeCallテストソリューションを使用することで、将来のコンフォーマンステストの要件に対する準備が整い、次世代eCallのベースが得られます。」

Rob Short

ローデ・シュワルツ、自動車産業担当、Rob Short

「ストリーミングサービスを求める消費者の声や、無線(OTA)ファームウェアアップデートによる迅速な問題修正や新機能の有効化に対する業界のニーズ、それに欧州でのeCallの義務化といった規制要件のために、今日の自動車に搭載される無線インタフェースの数は際限なく増え続けています。最大限の性能と消費者満足度を実現するには、これらすべてのインタフェースに対して、個別の検証と統合状態での検証が必要です。R&S®CMW500のような無線通信テスタを使えば、携帯電話インタフェース、Bluetooth、無線LANを1つのプラットフォームでテストでき、研究開発でのプロトコル検証も、アプリケーションレイヤーでの完全なエンドツーエンドテストも実行できます。」

補足情報

アプリケーションカードとホワイトペーパー

弊社のカタログによる詳細な知識の獲得

詳しくは

プレスリリース

新しい製品やテクノロジーに関する情報をお知らせ

詳しくは

オートモーティブ・メディアセンター

未来の自動車産業に関するウェビナーやビデオ

もっと見る

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

エラーが発生しました。後ほど、改めてお試しください。