IoTデバイスの認証と品質保証

IoTデバイスの認証と品質保証

コンフォーマンスの神話と現実:IoTデバイスが規制、プロバイダー、規格の要件に適合するかどうかを検証します。

一見すると、IoTデバイスの認証に関する事実と意見を判別することは難しく思われます。ただし、プロセスは明確に定義されています。IoTデバイスのデザイナーに必要なのは、いくつかの規則とガイドラインを知って遵守することと、すべての無線通信機器が、安全で信頼できる動作と相互運用性を確保するために、規制と規格に適合する必要があることを認識することだけです。それにもかかわらず、新しくデザインされたIoTデバイスの多くが、最初の認証試験で不合格となります。これは、コストと市場投入スケジュールに重大な影響を与えます。

認証の価値

同じ周波数バンドで動作する無線テクノロジーの共存と、ネットワーク親和性の高い動作を保証するために、規制機関によってテストケースが定義されています。例えば、Bluetooth、Wi-Fi、ZigBeeは、すべて同一の2.4 GHz ISMバンドで動作します。3GPPやBluetooth SIGといったグループによって規定された認証プロセスは、相互運用性と高い性能を保証するためのRFおよびプロトコルコンフォーマンスを対象としています。場合によっては、プロバイダーが自社のネットワークでIoTデバイスを使用するための追加のテストを要求していることもあります。

コンフォーマンステストとプリコンフォーマンステスト

規制と規格で要求されているコンフォーマンステストは、承認された資格のあるテストラボによって実行される必要があります。最も基本的なテストをデザイン段階であらかじめ実行しておくプリコンフォーマンステストは、市場投入スケジュールの遵守と、再認証や再デザインのコスト削減のために強く推奨されます。IoTハードウェアおよびソフトウェアのデザインプロセスの最初から、コンフォーマンスについて考慮しておくことが役立ちます。

ローデ・シュワルツのコンフォーマンス/プリコンフォーマンス・テスト・ソリューションの利点

  • REDを含むさまざまな規制コンフォーマンステスト用のコンポーネントとソリューション
  • RRM、RF、PCT、性能に関するセルラー・コンフォーマンス・テストと、ネットワークプロバイダーの受け入れ検査用のテストソリューションの広範囲のポートフォリオ
  • 使いやすいプリコンフォーマンス・テスト・セットアップ

関連製品

R&S®CMW500 プロトコル・コンフォーマンス・テスタ

R&S®CMW500 プロトコル・コンフォーマンス・テスタ

主要なすべてのIoTデザイン企業やテストラボで、無線IoTデバイスのシグナリング動作の検証と認証に用いられている理想的なツール。

詳しくは

R&S®TS8997 無線デバイス用規制テストシステム

R&S®TS8997 無線デバイス用規制テストシステム

2.4 GHzおよび5 GHz ISMバンドで動作するすべての広帯域伝送システムに対してFCCおよびETSIで要求されている自動コンプライアンステストをサポートします。

詳しくは

関連トピック

IoTテスト

IoTテスト

詳しくは

IoT消費電力テスト

IoT消費電力テスト

詳しくは

IoTデバイスのRF性能とカバレージ

IoTデバイスのRF性能とカバレージ

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.