軍事通信テスト

軍事通信テスト

ハイエンド無線デバイスの設計、製造および保守のための信頼性の高いテスト/測定ソリューション

軍事用、戦術用、法執行用の無線機は、音声やデータ通信、地理位置、ナビゲーション、監視を非常に過酷な条件で動作させ続ける必要があるため、堅牢性と信頼性が重要な要件となっています。これらのハイエンド無線機のテストには、単一のアナログコンポーネントやデジタルコンポーネントを検証するための非常に高精度な測定器、ならびに軍事通信システムの性能を検証するためのオールインワンの自動無線機テスタが必要です。

軍事通信セグメントでは、ハンドヘルドまたはオンボードの無線機、データリンクおよびセキュアネットワーク、軍事用有線バス、ならびにソノブイトランスミッターなどが使用されます。このセグメントで使用される測定器には、幅広いアプリケーションや複雑なテクノロジーに対応することが求められます。高い周波数や、広い帯域幅を目標にする必要があり、(例えば、セキュアな波形、Wi-Fi、4G、LTE、および5Gとの)相互運用性/共存性テストが可能でなければなりません。また、伝送範囲が広がり、スループットが向上し、より小型でエネルギー効率の良いハードウェアのデバイスを評価し、性能テストを行う必要があります。

災害復旧活動中や戦争の危険のもとで軍事無線通信デバイスを動作させる場合、QoS、信頼性、相互運用性、環境堅牢性、性能、およびセキュリティの要件に対して高い技術レベルで適合させる必要があります。ローデ・シュワルツの無線機テストセットと周辺の測定器により、無線機の国際規格に準拠する品質保証を自動化し、独自のセキュリティ標準または各国のセキュリティ標準にカスタマイズすることが可能になります。

ローデ・シュワルツのテスト/測定ソリューションにより、あらゆるレベルで高い性能と信頼性を確保できます。当社のポートフォリオでは、アセンブリとコンポーネントのテストから、無線通信システム全体の検証とパラレルテストまで、クラス最高のソリューションを揃えています。さらに、ローデ・シュワルツの無線機テスタには、製造または保守と同時に規格の品質保証と自動調整を複数の無線機に対して行う機能も備えられています。

お客様のご要望をお聞きし、あらゆるレベルでサポートを提供します。

MILCOMテストソリューション

セキュアな波形開発

セキュアな波形開発

MATLAB®などのデスクトップの設計環境との統合によって波形検証を効率化し、波形のプロトタイピングとテストをハードウェア内で行います。

詳しくは

無線機の出荷検査

無線機の出荷検査

最終製品を、アナログ/デジタル無線機用のコンパクトな無線機テスタでテストし、検証します。高性能なRF発生器、RFアナライザ、そして任意波形発生器(ARB)が1台に搭載されたデバイスを使用します。

詳しくは

コンポーネント、アンテナ、バッテリーのテスト

軍事用コンポーネント、アンテナ、バッテリーのテスト

特にLTEまたは5Gを使用する将来の軍事通信において、バッテリー寿命、電力管理コンポーネント、アンテナのテスト時に、損失がなく、動作が適切であることを確認します。無線機の本来の使用目的に基づいて、期待される性能への適合を確認します。

詳しくは

デジタル設計検証

デジタルデザインのテスト

シグナルインテグリティーおよびパワーインテグリティーは、ソフトウェア定義無線機(SDR)の基本的な重要要件です。SDRの集積度が向上し、複雑性が増したことにより、クロストークや他の信号偏差の影響を評価するために設計のデバッグにおける一貫性が求められています。

詳しくは

軍事用バスプロトコルのテスト

軍事用バスプロトコルのテスト

有線の軍事通信は、航空機や車両、船舶の性能のための不可欠な要素です。ARINCやMILBUS、CANバスなどのバスプロトコル、またはLTEやWCDMA、GSM、WLAN、BTなどの通信プロトコルの性能および堅牢性をテストする方法について説明します。

詳しくは

Featured webinars

Webinar: Internet of Things for MilCom applications

Webinar: Internet of Things for MilCom applications

This talk focuses on how the trend of Internet of Military Things (IoMT) can help the defense industry, and how to properly create, test and deploy your RF designs.

More information

5G private networks for MILCOM

Webinar: 5G private networks for MILCOM

Join this webinar to learn more about 3GPP 5G New Radio standard development & network monitoring challenges and solutions for LTE and 5G.

Register now

Practical Guide to RF testing secure radios

Webinar: Practical Guide to RF testing secure radios

Join this webinar to learn how you can conduct radio frequency measurements in the lab and on the field with test solutions from Rohde & Schwarz.

Register now

testing secure radios 1

Webinar: Testing secure radios in time, frequency and digital domain - part 1

In this webinar you'll discover how to conduct radio-frequency measurements in the lab, and in the field, with leading-edge test solutions from Rohde & Schwarz.

Register now

testing secure radios 2

Webinar: Testing secure radios in time, frequency and digital domain - part 2

Join us in this second part of the webinar series and learn how you can conduct time domain and digital measurements with test solutions from Rohde & Schwarz.

Register now

Practical Guide to Digital Testing for Secure Radios

Webinar: Practical Guide to Digital Testing for Secure Radios

Learn how to validate the performance of low- and high-speed digital interfaces and conduct advanced power integrity measurements.

Register now

FAQ

今日の軍/法執行機関で使用されている無線通信の手段は何ですか?

世界の軍/公安部隊の大部分は、主にセキュアな音声交換が可能で安全かつ堅牢な波形によるHFおよびVUHFバンドのアナログ無線を依然として使用しています。しかし、今日利用可能な新しい民生用無線機では、非常に堅牢で、カスタマイズされ、セキュアな波形を使用することによりアナログ音声を超える機能が利用できます。また、頑丈なVoIP、セルフポジショニング/位置特定、ならびに戦術的なミッションおよびインテリジェンスネットワークに参加するための機能を備えています。

MILCOM無線機は、ハンドヘルド、ポータブルバックパック、および車載/オンボードの形状で分類することができます。または、一般的に使用される便利な分類方法として、無線機を動作させるシナリオによって分類することもできます。戦闘シナリオにおいて武装部隊で使用される無線機は、軍事用無線機、兵士用の携帯型無線機、ライフルマン無線機、または戦術用無線機と呼ばれます。法執行部隊により市民環境で使用される無線機は、公共安全向け無線機、陸上移動無線システムと呼ばれ、武装部隊によって使用されるハンドヘルド無線機に形状がよく似ています。

セキュア無線機ではどの周波数レンジが使用されますか?

軍事通信(MILCOM)シナリオで使用されるようなセキュア無線機では、固定ナローチャネルまたは100 kHz~1 GHzのレンジにおけるより広い周波数ホッピングチャネルを使用することができます。伝送パワーは通常、約5ワットに制限されており、それによって4.8~32 km(3~20マイル)の範囲に制限されています。旧式のシステムはAM変調またはFM変調を使用しますが、最近のシステムにはデジタル変調を使用するものもあり、音声だけでなくデータも伝送することができます。

法執行部隊が、利用可能なモバイル無線ネットワークデバイスに完全に依存しないのはなぜですか?

法執行部隊や武装部隊の通信デバイス(通常はセキュア無線機またはMILCOM無線機と呼びます)では、堅牢性と耐久性を最大限にし、現場での実用的な通信を常に最小限にする必要があります。最新のスマートフォンは、ユーザビリティー、速度、およびオープン規格との相互接続性に対して最適化されています。公安部隊では、現場で実際の活動中に通信できなくなると深刻な人的損害や死傷者に直結するため、堅牢で信頼性の高い無線機が必要です。

軍や法執行部隊で使用されている現在のセキュア無線機はアナログですか、ハイブリッドですか、完全にデジタルですか?

武装部隊によって使用されている無線機のほとんどはアナログですが、今日において公衆安全の市場で進行している方式であるデジタルへの移行が強く求められています。一方で、最近では法執行部隊や消防隊で使用されている無線デバイスの大半はデジタルになっています。

無線機メーカーは製品をデジタルの世界に移行しつつあり、ソフトウェア定義無線機の非常に高速なデジタルコンポーネントが、新しいセキュアなデジタル波形の要件を満たすことを1つずつ確認する必要があります。一般的なテストの課題は特に、基準クロックとジッタの検証、またはPLL、高速バスもしくはSerDesコンポーネントのシグナル/パワーインテグリティーのコンプライアンス検証です。

ニュースレターを購読する

ニュースレターを購読する

今後のトレンドや最新のアプリケーションに関する情報をお届けします。