FAQs from Rohde & Schwarz

EMC32、LISNの全相のプレビュー結果の表示

質問

EMC32と4線式LISNを使用しています。EMI自動テストテンプレートを使用してテストを実行すると、選択したLISNのラインの結果が最大化され、各周波数の最大レベルと対応するLISN設定だけが結果テーブルに保存されます。4線式LISNの全相を測定し、記録し、表示するテストを作成したいと思います。どうすればよいですか?テスト・シーケンサー・オプションEMC32-K11を使用する必要がありますか?

回答

テスト・シーケンサー・オプションEMC32-K11には、複数のテストを順番に実行する機能があります。各テストは、EMC32 Testsフォルダに1つのテストとして保存されます。テストシーケンサーは、EMIスキャンにも使用することができますが、LISN設定の変更はEMIスキャンテンプレートには含まれません。これは、LISN制御ウィンドウを使用したテストに含まれます。

このテストを実行するには、EMI自動テストEMC32-K10を使用します。最終測定を行わないとしても、"Testing Process" ウィンドウからプレビュー測定後のステップをすべてオフにするだけで、EMI自動テストを使用できます。

emc32-display-preview-results-screen1.jpg

周波数データを得るには、"EMI Auto Test Template" の "Keep Result Table Copy per Line" をオンにする必要があります。これは必ず行う必要があります。

emc32-display-preview-results-screen2.jpg

テストが完了したら、右クリックすることによって、各プレビュー測定のグラフィックを新規に作成できます。結果テーブルがトレースとして表示されます。

emc32-display-preview-results-screen3.jpg

別の方法として、関連するすべての結果テーブルがトレースとして表示されるまで、複数の結果テーブルを1つのグラフィックにドラッグ・アンド・ドロップすることができます。

グラフィックウィンドウで右クリックして、このテストの結果をグラフィックに追加することもできます。

emc32-display-preview-results-screen4.jpg