R&S®FSWP Phase Noise Analyzer and VCO Tester

位相雑音および VCO 評価に革命をもたらすアナライザ

主な特長

  • 周波数レンジ 1 MHz ~ 8/26.5/50 GHz
  • 相互相関と極めて低ノイズの内蔵基準信号源による高感度の位相雑音測定
  • 振幅雑音と位相雑音の同時測定

概要

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCO テスタは、極めて低ノイズの内蔵信号源と相互相関技術を組み合わせて、極めて高感度の位相雑音測定を行うことができます。

特長

  • 位相雑音と振幅雑音の高感度の測定
  • ボタンを押すだけのパルスド信号源の位相雑音測定
  • パルスド信号を含めた相加性位相雑音を測定するための内蔵信号源

仕様

モデル 周波数レンジ
R&S®FSWP8 1 MHz ~ 8 GHz
R&S®FSWP26 1 MHz ~ 26.5 GHz
R&S®FSWP50 1 MHz ~ 50 GHz

主な特長

  • 周波数レンジ 1 MHz ~ 8/26.5/50 GHz
  • 相互相関と極めて低ノイズの内蔵基準信号源による高感度の位相雑音測定
    • 1 GHz のキャリア周波数および 10 kHz のオフセットで代表値 –172 dBc(1 Hz)
    • 10 GHz のキャリア周波数および 10 kHz のオフセットで代表値 –158 dBc(1 Hz)
  • 振幅雑音と位相雑音の同時測定
  • ボタンを押すだけのパルスド信号源の位相雑音測定
  • パルスド信号を含めた相加性位相雑音を測定するための内蔵信号源
  • シグナル・スペクトラム・アナライザおよび位相雑音アナライザを一体化
    • ハイエンド・シグナル・スペクトラム・アナライザ、10 Hz ~ 8/26.5/50 GHz
    • –156 dBm(1 Hz)の低い表示平均雑音レベル(DANL)(雑音除去機能なし)および代表値 25 dBm の高い TOI による広いダイナミック・レンジ
    • 80  MHz の信号解析帯域幅
    • 総合測定不確かさ:< 0.2 dB(3.6 GHz まで)、< 0.3 dB(8 GHz まで)
    • タッチスクリーン操作
    • 複数の測定ウィンドウを同時に表示できる 12.1" 大型ディスプレイ
    • さまざまな測定アプリケーションを同時に実行、結果を表示
  • 高速測定
  • VCO 特性評価のための低ノイズ内蔵 DC 電源
  • 自動 VCO 特性評価
  • 最大 8 GHz の広い周波数ホッピング(過渡現象)の解析

概要

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCO テスタは、極めて低ノイズの内蔵信号源と相互相関技術を組み合わせて、極めて高感度の位相雑音測定を行うことができます。その結果、レーダー・アプリケーションで見られるような非常に安定した信号源でもわずか数秒で測定できます。本機は、パルスド信号測定、相加性位相雑音(パルスド信号を含む)の特性評価、統合ハイエンド信号およびスペクトラム解析などの追加オプションを備えた他に類がない測定器です。

特長と利点

  • 位相雑音と振幅雑音の高感度の測定
    • 極めて低い内蔵信号源の位相雑音
    • 相互相関による位相雑音感度の向上
    • ダイオード検波器より著しく高い振幅雑音測定の精度
    • 相互相関による感度の向上の表示
    • 位相雑音測定では最大 300 MHz の周波数オフセット、純雑音測定では最大 1 GHz
  • ボタンを押すだけのパルスド信号源の位相雑音測定
    • シンプルな試験セットアップ
    • 感度抑圧にも関わらず高感度
    • 自動パルス・パラメータ測定
  • パルスド信号を含めた相加性位相雑音を測定するための内蔵信号源
    • 短時間で簡単に行える測定
    • 相互相関による感度の向上
    • パルスド信号の残留位相雑音
    • 外部信号源のための追加入力
  • シグナル・スペクトラム・アナライザおよび最大 50 GHz の位相雑音アナライザを一体化
    • シンプルでコストパフォーマンスの高い試験セットアップ
    • 価値ある投資
    • ハイエンド・シグナル・スペクトラム・アナライザ
  • 高速測定
    • 生産ラインでの使用に最適
    • 開発の迅速化
  • VCO 特性評価のための低ノイズ内蔵 DC 電源
    • 完全な VCO 特性評価
    • より高い高調波の測定
    • 同調電圧と比較した位相雑音
  • 過渡現象または周波数ホッピングの測定(過渡現象解析)
    • 周波数および位相解析のための最大 8 GHz 帯域幅
    • 位相偏差または周波数偏差のトリガリング

仕様

本体
周波数
周波数レンジ、RF 入力
位相雑音測定、振幅雑音測定 R&S®FSWP8 1 MHz ~ 8 GHz
  R&S®FSWP26 1 MHz ~ 26.5 GHz
  R&S®FSWP50 1 MHz ~ 50 GHz
位相雑音測定    
測定結果   SSB 位相雑音, スプリアス信号, 統合 RMS 位相偏差, 残留 FM, タイム・ジッタ
オフセット周波数レンジ 入力信号 ≤ 1 GHz 10 mHz ~キャリア周波数の 30 %
  入力信号 >1 GHz 10 mHz ~ 300 MHz
R&S®FSWP-B60 オプションによる位相雑音感度(相関の数 = 1、開始オフセット = 1 Hz)1)
RF 入力周波数 オフセット
  1 Hz 10 Hz 100 Hz 1 kHz 10 kHz 100 kHz 1 MHz 10 MHz ≥30 MHz
10 MHz –96 –128 –140 –158 –170 –170 –170
100 GHz –76 –108 –136 –163 –170 –173 –175 –175 –175
1 GHz –56 –88 –116 –143 –166 –173 –173 –173 –173
3 GHz –46 –78 –106 –133 –156 –158 –163 –170 –170
7 GHz –39 –71 –99 –130 –152 –153 –157 –166 –166
10 GHz –36 –68 –96 –128 –147 –150 –155 –173 –173
16 GHz –32 –64 –92 –124 –143 –146 –151 –170 –170
26 GHz –28 –60 –88 –120 –139 –142 –147 –166 –166
50 GHz –22 –54 –82 –114 –133 –136 –141 –160 –160
R&S®FSWP-B61 オプションによる位相雑音感度(相関の数 = 1、開始オフセット = 1 Hz)1)
RF 入力周波数 オフセット
  1 Hz 10 Hz 100 Hz 1 kHz 10 kHz 100 kHz 1 MHz 10 MHz ≥30 MHz
10 MHz –108 –130 –142 –160 –170 –170 –170
100 MHz –92 –115 –140 –166 –170 –173 –175 –175 –175
1 GHz –72 –95 –120 –150 –166 –173 –173 –173 –173
3 GHz –62 –85 –110 –140 –156 –158 –163 –170 –170
7 GHz –55 –78 –103 –133 –152 –153 –157 –166 –166
10 GHz –52 –75 –100 –133 –152 –153 –157 –173 –175
16 GHz –48 –71 –96 –129 –148 –149 –153 –170 –171
26 GHz –44 –67 –92 –125 –144 –145 –149 –166 –167
50 GHz –38 –61 –86 –119 –138 –139 –143 –160 –161
振幅雑音測定
オフセット周波数レンジ 入力信号 ≤100 MHz 10 mHz ~キャリア周波数の 30 %
  入力信号 >100 MHz 10 mHz ~ 30 MHz
AM 雑音感度1)
RF 入力周波数 オフセット
  1 Hz 10 Hz 100 Hz 1 kHz 10 kHz 100 kHz 1 MHz 10 MHz 30 MHz
1 GHz –105 –120 –135 –150 –158 –165 –165 –165 –165
残留位相雑音測定(R&S®FSWP-B64 オプション)、内蔵信号源
信号源
周波数レンジ R&S®FSWP8 10 MHz ~ 8 GHz
  R&S®FSWP26 10 MHz ~ 18 GHz
  R&S®FSWP50 10 MHz ~ 18 GHz
相加性位相雑音測定
オフセット周波数レンジ 入力信号 ≤100 MHz 10 mHz ~キャリア周波数の 30 %
  入力信号 >100 MHz 10 MHz ~ 30 MHz
AM 雑音感度1)
RF 入力周波数 オフセット
  1 Hz 10 Hz 100 Hz 1 kHz 10 kHz 100 kHz 1 MHz 3 MHz
1 GHz –115 –123 –137 –147 –160 –165 –165 –161
10 GHz –85 –104 –120 –138 –148 –154 –164 –160

1) dBc 単位の値(1 Hz)。

R&S®FSWP-B1 シグナル・スペクトラム・アナライザ・オプション
周波数レンジ R&S®FSWP8 10 Hz ~ 8 GHz
  R&S®FSWP26 10 Hz ~ 26.5 GHz
  R&S®FSWP50 10 Hz ~ 50 GHz
1 年あたりのエージング   ±1 × 10 –7/年
  R&S®FSWP-B4 オプション追加時 ±3 × 10 –8/年
分解能帯域幅 標準フィルタ R&S®FSWP-B8 オプション追加時 1 Hz ~ 10 MHz:20 MHz、50 MHz、80 MHz 追加
  RRC フィルタ 18 kHz(NADC)、 24.3 kHz(TETRA)、 3.84 MHz(3GPP)
  チャネル・フィルタ 100 Hz ~ 5 MHz
  ビデオ・フィルタ 1 Hz ~ 10 MHz
I/Q 復調帯域幅   10 MHz
  R&S®FSWP-B80 オプション追加時 80 MHz
表示平均雑音レベル(DANL) 2 GHz 代表値 –150 dBm(1 Hz)
  8 GHz 代表値 –150 dBm(1 Hz)
  20 GHz 代表値 –145 dBm(1 Hz)
  40 GHz 代表値 –137 dBm(1 Hz)
プリアンプ ON 時の DANL 8 GHz 代表値 –162 dBm(1 Hz)
  20 GHz 代表値 –160 dBm(1 Hz)
  40 GHz 代表値 –156 dBm(1 Hz)
位相雑音 1 GHz のキャリア周波数、10 kHz のオフセット 代表値 –138 dBm(1 Hz)
総合測定不確かさ < 8 GHz <0.4 dB
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

見積りを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。
電話番号を入力してください。

国名を入力してください。
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

デモを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエスト

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

フィードバック
ご意見をお寄せください
対象のトピックを指定してください。

質問を入力してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website