シグナルインテグリティー・テスト

シグナルインテグリティー:インタフェーステスト

シグナルインテグリティーは、デジタルデザインにおけるすべてのインタフェースが適正に機能するために不可欠です。シグナルインテグリティーに多大な影響を与えるのは、チップのトランスミッター/レシーバー実装、PCBトレース、ケーブル、コネクタを含む、送信チャネルのデザインです。アイダイアグラムですぐに解析して、信号品質を評価することができます。シグナルインテグリティーの低下は通常パターンに依存するため、高速な収集速度を実現することにより、多くのデータを妥当な時間内に捕捉し、アイダイアグラムでワーストケースシナリオを捕捉することができます。詳細に解析してデバッグするためには、これらのテストでは通常、正確な測定とジッタ/ノイズの分離、重要な信号トレースのTDR/TDT測定が不可欠です。プローブ接続は、優れた測定結果とディエンベディングを実現するための鍵であり、プローブポイントとテストポイントの間の信号経路の影響を除去するため、また目的の測定面で正確な結果を得るために用いられます。リアルタイムディエンベディングでは、補正された波形でのトリガが可能です。

ローデ・シュワルツは、タイムドメインと周波数ドメイン両方の専門知識を活用し、関連する規格委員会と緊密に連携することで、システムレベルだけでなく、チップレベルでのインタフェーステストに対応する幅広いシグナルインテグリティー・ソリューションを提供しています。

Electronic-design-signal-integrity-eye-test_-poster-rohde-schwarz_1440.jpg

ポスター:シグナルインテグリティー・アイテスト

このポスターには、トランスミッターやレシーバーでのシグナルインテグリティー・アイテストおよびオシロスコープとベクトル・ネットワーク・アナライザを使用したアイダイアグラムの作成方法に関するガイダンスが掲載されています。

ラボでの参考資料として、このポスターをご利用ください。PDFのダウンロード、または印刷済みのハードコピーバージョンをラボ用にお申し込みください。

コンフォーマンステストに不合格

コンフォーマンステストに不合格になりました。何をしますか?

コンフォーマンステストは、電子機器とアクセサリの間の相互運用性を確保するために、USB、HDMI、PCI Expressなどのシリアルデータインタフェースで実行されます。シグナルインテグリティーの問題が発生した場合には、R&S®RTP オシロスコープのアイダイアグラム、ジッタおよびノイズ分離、タイムドメイン・レフレクトメトリなどの優れたツールを使用することにより、根本原因を解析することができます。

インタフェーステストに関するウェビナー

Webinar: Advanced eye analysis - get to your results faster

Webinar: Advanced eye analysis - get to your results faster

The advanced eye analysis options in R&S©RTP oscilloscopes use a hardware based CDR, providing an unrivalled number of UI acquisitions per second. Besides the traditional eye analysis on a captured bit sequence, R&S©RTP also offers a tool for long-term eye monitoring.

More information

「なるほど!」と突然のひらめきを生み出す高度なアイ解析

ウェビナー:「なるほど!」と突然のひらめきを生み出す高度なアイ解析

ローデ・シュワルツは、アイダイアグラムをハードウェアで捕捉/測定する革新的な方法を開発しました。異常の発見や統計解析に必要なすべてのビットの捕捉、ロックオン、表示を大幅に高速化します。

詳しくは

革新的な方法の概要

ウェビナー:ジッタ分離のためのローデ・シュワルツの革新的な方法の概要

ジッタ分離は、デバッグとジッタの根本原因の発見において非常に重要です。このウェビナーでは、そのためのローデ・シュワルツの革新的な方法を紹介します。

詳しくは

ディエンベディングをわかりやすく解説するウェビナー

ウェビナー:高速デジタルおよびRF信号をテストするためのディエンベディングをわかりやすく解説

このウェビナーでは、測定セットアップが結果に与える影響と、高速デジタルおよびRF信号測定を行うときに必要となる最適な方法について説明します。

詳しくは

リアルタイム・アイダイアグラムを表示するための5つのステップ

ウェビナー:リアルタイム・アイダイアグラムを表示するための5つのステップ - シグナルインテグリティーのデバッグ

このウェビナーは、高速インタフェースの設計およびテストに携わるエンジニアを対象としています。シグナルインテグリティー解析に取り組むために、最初に、一般的な設計課題と設計方法を解説します。

詳しくは

インタフェーステストに関するドキュメント

グランドに接続するかしないか - プローブの接続方法

R&S®RT-ZM モジュラープローブ・システムでは、P/N/DM/CMマルチモード操作により、きわめて柔軟なシングルエンド信号/差動信号測定が可能です。通常はグランドに接続することが推奨されますが、グランドループが発生することがあります。グランドに接続するかしないか、このドキュメントでは、重要な考慮事項について説明しています。

詳しくは

Signal-integrity-analysis_ac-3609-0408_02.jpg

高速データ通信インタフェースのシグナルインテグリティー解析

R&S®RTPおよびR&S®RTO2000 オシロスコープでは、信号モデルベースのジッタ/ノイズ分離用のオプションをご用意しています。この方法では本来、システムのステップ応答も得られます。タイムドメインと周波数ドメインでの解析が可能で、システムの周波数応答の振幅と位相も表示できます。他に何も接続する必要はありません。

詳しくは

信号モデルに基づいた手法によるジョイントジッタ/ノイズ分離

信号モデルに基づいた手法によるジョイントジッタ/ノイズ分離

高速シリアル信号の検証/デバッグにおいては、ジッタソースとノイズソースを正確に分離することが重要です。従来の方法と比べて、信号モデルに基づいた手法では、より高い分離精度が得られます。また、立ち上がり/立ち下がりステップ応答などの結果も得られるので、詳細な解析が可能です。

今すぐダウンロード

ジッタおよびノイズ分離のための民生用ソリューションの比較

ジッタおよびノイズ分離のための民生用ソリューションの比較

R&S®RTP、R&S®RTO6、R&S®RTO2000 オシロスコープの信号モデルベースのジッタ/ノイズ分離は、非常に優れた確度を備えています。このドキュメントでは、さまざまなジッタ成分について簡単に説明します。さらに、既知のジッタ成分を含む波形を用いて、さまざまな民生用ジッタ分離ソリューションの結果を比較します。

詳しくは

R&S®RTPによるリアルタイムディエンベディング

R&S®RTPによるリアルタイムディエンベディング

テストセットアップに含まれるフィクスチャおよびケーブルのディエンベディングは、デジタルインタフェースの有効な測定に不可欠です。R&S®RTP オシロスコープオプションK122では、リアルタイムディエンベディングを使用して、実際の信号特性をリアルタイムにトリガして測定できます。

詳しくは

高速インタフェースでの差動測定の最適化

高速インタフェースでの差動測定の最適化

R&S®RT-ZM モジュラープローブ・システムは、差動モードとコモンモードの測定だけでなく、シングルエンド測定もサポートします。グランドの接続により、回路がフローティング状態になるのを防止して、安定した再現性の高い信号を確保できます。

詳しくは

チャネル間アライメントの強化

正確な位相コヒーレントマルチチャネル収集のためのチャネル間アライメントの強化

正確なマルチチャネル測定を実行するためには、チャネル間スキューの測定および調整が重要な前提条件です。R&S®RTO/R&S®RTP オシロスコープの高速差動パルスソース・オプション(R&S®RTO-B7/R&S®RTP-B7)により、このような調整が簡単になります。

ダウンロード中

専用トリガを使用した高速なデバッグ

専用トリガを使用した高速なデバッグ

R&Sオシロスコープのデジタル・トリガ・システムは、リアルタイムに収集サンプルにダイレクトアクセスします。非常に優れた確度を備えた豊富なトリガ条件をサポートしています。

詳しくは

ジッタ解析

R&S®RTO デジタル・オシロスコープによるジッタ解析

ジッタは、シグナルインテグリティー解析の主要な課題です。R&S®RTP-K12およびR&S®RTO-K12オプションにより、R&Sオシロスコープは、TIEジッタ、周期ジッタ、サイクル間ジッタなどを測定して、ジッタトラッキング、ヒストグラム、スペクトラムの結果を表示できます。

ダウンロード中

インタフェーステストに関するビデオ

Advanced Jitter Analysis with R&S Oscilloscopes

R&S オシロスコープによる高度なジッタ解析

R&S®RTx-K133は、革新的な信号モデルベースのジッタ分離を導入しています。従来の方法と比べて、より高い分離精度が得られるだけでなく、立ち上がり/立ち下がりステップ応答などの有益な結果も得られるので、詳細な解析が可能です。

TDR/TDT Analysis with R&S Oscilloscopes

R&S オシロスコープによるTDR/TDT解析

R&S®RTP-K130によるTDR/TDT測定、インピーダンスおよび伝送損失の解析。このオプションには、測定の基準面を目的の位置に移動するための使いやすい校正ウィザードが含まれています。

リアルタイム・ディエンベディングの効果

R&S®RTPによるリアルタイムディエンベディング

R&S®RTP オシロスコープオプションK122による信号経路のリアルタイムディエンベディングを紹介します。ディエンベディング済みの信号上で検出可能な信号のみにトリガがかかります。

Industry-leading mask test: quick configuration – reliable results

業界最高のマスクテスト:簡単な設定、信頼できる結果

R&S®RTOによるアイダイアグラム測定とアイマスクの定義を紹介します。マスクテストによって、特定の信号が定義された許容範囲内にあるかどうかをすぐに判定できます。これにより、被試験デバイスの合否判定評価が可能です。

Signal integrity measurements with jitter analysis

R&S®RTOによるジッタ解析

R&S®RTO オシロスコープオプションK12によるTIEジッタの測定を紹介します。統計、トラッキング、ヒストグラム、スペクトラム表示でクロック信号のTIEジッタを解析して、クロック上の妨害を検出します。

関連製品

オシロスコープ

オシロスコープ

詳しくは

ベクトル・ネットワーク・アナライザ

ベクトル・ネットワーク・アナライザ

詳しくは

シグナル・スペクトラム・アナライザ/位相雑音アナライザ

シグナル・スペクトラム・アナライザ/位相雑音アナライザ

詳しくは

DC電源

DC電源

詳しくは

関連トピック

高速デジタルインタフェーステスト

高速デジタルインタフェーステスト

詳しくは

パワーインテグリティー・テスト

パワーインテグリティー・テスト

詳しくは

プロトコルレベル・デバッグテスト

プロトコルレベル・デバッグテスト

詳しくは

EMCテスト

EMCテスト

詳しくは

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.