R&Sソリューションによる音声品質テスト

モバイルの音声品質テスト

音声 – モバイルネットワークでは忘れられかけているサービス

モバイルネットワークのトラフィックに音声通信が占める割合は減少し続けており、現在ではトラフィックの2 %にも届きません。これに対して、ビデオは70 %を占めています。OTT音声サービスの増加による通信事業者との競争も見られます。さらに、新しい音声コーデックと複雑なネットワークテクノロジーの出現が、エンドユーザーの音声品質の測定をより困難にしています。受聴品質の測定の標準であるPOLQAの共同発明者、ローデ・シュワルツのモバイルネットワーク・テストは、最高の音声品質テストソリューションを提供します。信頼できるパートナーとして、独自のビデオ品質テストソリューションおよび優れたソーシャルメディア用のテストソリューションのみならず、エンドユーザーが知覚する体感品質(QoE)のテストソリューションにも対応しています。

課題

トラフィックの爆発的増加

音声サービスは、依然として通信事業者の成功にとって重要な要素です。

現在、モバイルネットワークのトラフィックに占める音声サービスの割合は1.5 %に過ぎません(データトラフィックが大幅に増加しているため、この割合は今後さらに低下するはずです)。データを消費する主なアプリケーションとして誰もがビデオに注目していますが、音声サービスの体感品質が悪いと、通信事業者の評判とベンチマークテストのパフォーマンススコアに悪影響を及ぼす可能性があります。時として生まれるこのイライラする体感には、すべての人が関係します。

VoLTEなどの通信事業者の音声サービスがオーバー・ザ・トップ(OTT)音声サービスと競合

VoLTEなどの通信事業者の音声サービスがオーバー・ザ・トップ(OTT)音声サービスと競合

ベンチマークキャンペーンでは、音声サービスを通信事業者間で比較しています。この外部の競争に加えて、加入者はモバイルネットワーク上でOTT音声サービスも使用します。モバイルネットワークでは、通常、こうしたOTT音声サービスをサービス品質保証のないベストエフォート型のデータサービスとして処理します。そのため、クリティカルな状況ではOTTサービスの不具合発生率が高まります。

ブログの投稿

2017年の音声電話市場

2017年の音声電話市場の動向

電話は、依然として最も直接的で最も効率的な電気通信の手段です。音声は、聴覚的な相互作用であることは別として、どんな絵文字よりもはるかに感情を伝えることができます(明確に示す機会があります)。最近読んだ面白いはがきには、次のように書かれていました。「なぜ電話なら5分で済ませられるのに、同じことを文章で作成すると2時間もかかるのでしょう。」

詳しくは

VoLTEの始動

VoLTEの始動、VoLTEの現状 – 最新の測定結果

現在、LTEのカバレッジが広がっており、最先端のデバイスはVoLTEをネイティブにサポートしています。今こそ、市場の課題に応える時です。VoLTEは、通常のエンドユーザーの電話通信を改善するでしょうか。エンドユーザーは、体感品質(QoE)の向上から恩恵を受けられるでしょうか。

ボイスコールを伝送するLTEネットワークの大容量化は、確かに初期段階の改善点です。ユーザーには実感はないかもしれませんが、従来のテクノロジーでは(特に都心地区で営業時間中)セルの容量は限界に近づいています。LTEでボイスコールを伝送すると、この状況が緩和されます。

詳しくは

技術資料

人間の聴覚をシミュレートする測定

技術記事:人間の聴覚をシミュレートする測定 – ITU-T P.863の心理音響学

現在、電話のネットワークリソースの利用率は低いものの、実際の使用時間に関して測定した場合、電話は依然としてテレコミュニケーションネットワークのコア機能であり、音声品質はサービスの受け入れに対する重要な基準です。自動測定手順には、心理音響モデルに基づいた人間の聴覚の細かな特性評価が含まれます。ここに示す例では、最先端のITU-T P.863規格を使用しています。

今すぐダウンロード

ネットワークの品質と性能を最大限に高めるためのテストソリューション・ガイド

ソリューションガイド:モバイルネットワーク・テスト

ニーズに合った適切なテストソリューションを見つけて、ネットワークの品質と性能を最大限に高めてください。

詳しくは

テクニカル・ホワイトペーパー:POLQA

テクニカル・ホワイトペーパー:POLQA、第3世代の知覚音声品質テスト手法

最新のPOLQA|3では、従来のバージョンからの大幅な機能強化が行われ、後方互換性を最大限に維持しながら、5GおよびOTTのコーデックに対するスコープと適用性の大幅な拡大が図られています。最新のテスト手法は、ワールドワイドなモバイルネットワークのベンチマークにおけるゴールドスタンダードとしてPOLQAの地位を確かなものにし、来るべき5G時代の基盤となります。

今すぐダウンロード

今日のネットワークで音声が差別化要因である理由

ウェビナー:今日のモバイルネットワークでいまだに音声品質が差別化要因である理由

音声通話はほとんどの加入者にとってモバイルデバイスの主要なサービスであり、音声品質は現在でも加入者が通信事業者やOTTアプリケーションを評価する重要な基準となっています。このウェビナーでは、今日のモバイルネットワークで音声通話が持つ意味と、エンドユーザーの観点から音声品質を定量化する統合された指標の重要性について解説します。

詳しくは

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.