ビームフォーミングアンテナデザインのテスト

ビームフォーミングアンテナデザインのテスト

アンテナのデザイン基準と特性評価方法

およびローデ・シュワルツの関連電子計測ソリューション

ビームフォーミングアンテナは通常、フェーズドアレイ・デザインを使用します。従来のアンテナとは対照的に、ビームフォーミングアンテナは、個別に放射する多数のエレメントで構成されています。これらのエレメントによって作成された信号は、ビームフォーミングプロセスで、ビームを形成し、メインローブの方向を定義するために事前調整されます。その実現には、さまざまな手法が使用されます。ローデ・シュワルツは、それらすべてに専用のテストソリューションを提供することで、高い性能を保証しています。

取り上げるアプリケーション

ビームフォーミングアンテナのOTA特性評価

アンテナアレイの伝導/OTAテスト

容量の増加とエネルギー効率の向上に対応できる2つの新しいテクノロジーが、仮想化と大規模MIMOです。

詳しくは

アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナの特性評価

アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナの特性評価

アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナとパッシブサブシステムの関連パラメータの特性評価を行うテスト手順について説明します。

詳しくは

ビームフォーミング用のアンテナアレイ・デザイン

ビームフォーミング用のアンテナアレイ・デザイン

このホワイトペーパーでは、ビームフォーミングアンテナの基礎理論をいくつか紹介するほか、放射パターンの計算方法と、リニアアレイの実際の多くの測定結果を調べます。

詳しくは

関連ビデオ

ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用したパッシブ・フェーズドアレイ・アンテナでの送信ビームフォーミング測定

ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用したパッシブ・フェーズドアレイ・アンテナでの送信ビームフォーミング測定

このビデオでは、マルチエレメント・パッシブ・アレイアンテナのビームフォーミング特性を測定する際、R&S ZVAの独自の4つの独立した内蔵信号源を使用してアンテナの給電質量(振幅と位相)を制御しています。

Demystifying 5G – Antenna array calibration methods for OTA testing
5Gのわかりやすい解説 – OTAテストのためのアンテナアレイ校正方法

このビデオでは、アンテナアレイ校正の理論的な背景について説明し、直接測定や間接測定などさまざまな手法を紹介します。

詳しくは

Demystifying 5G – System calibration basics for over-the-air (OTA) testing

5Gのわかりやすい解説 - Over-The-Air(OTA)テストのシステム校正の基礎

このビデオでは、システム校正に関する高いレベルの洞察を与え、理論的な背景について説明します。

詳しくは

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.