ビームフォーミングアンテナデザインのテスト

ビームフォーミングアンテナデザインのテスト

アンテナのデザイン基準と特性評価方法

およびローデ・シュワルツの関連電子計測ソリューション

ビームフォーミングアンテナは通常、フェーズドアレイ・デザインを使用します。従来のアンテナとは対照的に、ビームフォーミングアンテナは、個別に放射する多数のエレメントで構成されています。これらのエレメントによって作成された信号は、ビームフォーミングプロセスで、ビームを形成し、メインローブの方向を定義するために事前調整されます。その実現には、さまざまな手法が使用されます。ローデ・シュワルツは、それらすべてに専用のテストソリューションを提供することで、高い性能を保証しています。

取り上げるアプリケーション

アンテナアレイの伝導/OTAテスト

容量の増加とエネルギー効率の向上に対応できる2つの新しいテクノロジーが、仮想化と大規模MIMOです。

詳しくは

アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナの特性評価

アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナとパッシブサブシステムの関連パラメータの特性評価を行うテスト手順について説明します。

詳しくは

ビームフォーミング用のアンテナアレイ・デザイン

このホワイトペーパーでは、ビームフォーミングアンテナの基礎理論をいくつか紹介するほか、放射パターンの計算方法と、リニアアレイの実際の多くの測定結果を調べます。

詳しくは

関連ビデオ

ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用したパッシブ・フェーズドアレイ・アンテナでの送信ビームフォーミング測定

ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用したパッシブ・フェーズドアレイ・アンテナでの送信ビームフォーミング測定

このビデオでは、マルチエレメント・パッシブ・アレイアンテナのビームフォーミング特性を測定する際、R&S ZVAの独自の4つの独立した内蔵信号源を使用してアンテナの給電質量(振幅と位相)を制御しています。

Demystifying 5G – Antenna array calibration methods for OTA testing
5Gのわかりやすい解説 – OTAテストのためのアンテナアレイ校正方法

このビデオでは、アンテナアレイ校正の理論的な背景について説明し、直接測定や間接測定などさまざまな手法を紹介します。

詳しくは

Demystifying 5G – System calibration basics for over-the-air (OTA) testing

5Gのわかりやすい解説 - Over-The-Air(OTA)テストのシステム校正の基礎

このビデオでは、システム校正に関する高いレベルの洞察を与え、理論的な背景について説明します。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.