テストセットアップの強化

テストセットアップの強化

特別の考慮を必要とするMIMOおよびビームフォーミングアプリケーション

ローデ・シュワルツの最先端の電子計測ソリューションがこれらの要件を満たしています。

マルチ入力マルチ出力(MIMO)およびビームフォーミングアプリケーションのRFシステムには標準的で、優れたRF性能が必要とされますが、以下の点にも考慮することが必要です。

  • 位相制御、時間軸上での位相安定度、温度制御
  • さまざまな経路の時間と信号、通過時間の同期

これを実際のテストニーズに置き換えるためのベストプラクティスは次のとおりです。

  • 異なる経路のテスト信号間のRF位相をロック/制御する
  • レシーバーテストの場合、異なるチャネル間の正確な時間同期を確保する

ローデ・シュワルツの信号発生器は、コヒーレントで時間同期された信号を簡単かつ安定した方法で完全に制御できます。

取り上げるアプリケーション

位相コヒーレント信号の1 GHz基準

位相コヒーレント信号の1 GHz基準

時間軸上での位相安定度は、位相コヒーレント信号において重要な特性です。共通の1 GHz基準信号を使用することで、高い位相安定度を維持することができます。

詳しくは

Phase Coherence Measurements with R&S®NRQ6
R&S®NRQ6による位相コヒーレンス測定

R&S®NRQ6による位相コヒーレンス測定

CW信号および変調信号のマルチチャネル測定

R&S®NRQ6-K3 位相コヒーレンスオプションを追加すると、R&S®NRQ6 パワーセンサを、優れた位相コヒーレント測定を実行するシンプルなソリューションとして使用できます。

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.