ローデ・シュワルツのベクトル・ネットワーク・アナライザ用アクセサリ

ベクトル・ネットワーク・アナライザ用アクセサリ

ローデ・シュワルツの高品質VNAアクセサリ

最高品質のアクセサリで正確な測定条件を確保

VNAテストセットアップで最大限の確度と信頼性を実現し、維持、検証するには、高品質の校正機器と接続機器が必要です。そのために、ローデ・シュワルツは、最先端のVNAアクセサリを提供しています。ネットワーク・アナライザ・テスト・ケーブル2シリーズのほか、効率的で正確かつ簡単に校正を行うことができる電子/インライン校正ユニットを用意しています。また、詳細かつ複雑な校正やパフォーマンス解析を実行できる手動校正/ベリフィケーションキットも提供しています。さらに、包括的なセットアップでパワーレベルを正確に調整したり、汎用信号源/レシーバーのリニアリティー校正といった他の個別のアプリケーションに対応できる切換可能なアッテネータも取り揃えています。

電子/インライン校正ユニット
製品名
タイプ
周波数レンジ
コネクタタイプ
ポート数
説明
R&S®ZN-Z5x automatic calibration units, 3DR&S®ZN-Z5x
タイプ
電子校正ユニット
周波数レンジ
9 kHz - 50 GHz
コネクタタイプ
3.5 mm (f), N(f), 3.5 mm (f), 2.92 mm (f), 2.4 mm (f)
ポート数
2または4ポート
説明
ハイエンドシリーズ、最高8.5 GHzのさまざまなコネクタタイプ、最高40 GHzの4ポートモデル
R&S®ZV-Z5x network analyzer multiport calibration units, high end, Front viewR&S®ZV-Z5x
タイプ
電子校正ユニット
周波数レンジ
300 kHz - 20 GHz
コネクタタイプ
N (f), 3.5 mm (f)
ポート数
2~8ポート
説明
ハイエンドシリーズ、1回の校正周期で6/8ポートを校正。その他:75 Ωポート付きの2ポートユニット。
R&S®ZN-Z15x network analyzer calibration units, economy, Front HighR&S®ZN-Z15x
タイプ
電子校正ユニット
周波数レンジ
100 kHz - 67 GHz
コネクタタイプ
SMA (f), N (f), 1.85mm(f)
ポート数
2~24ポート
説明
エコノミーシリーズ、1回の校正周期で最高67 GHzの2ポート、最高8.5 GHzの24ポートを校正
R&S®ZN-Z3x inline calibration units, Front HighR&S®ZN-Z3x
タイプ
インライン校正ユニット
周波数レンジ
10 MHz - 40 GHz
コネクタタイプ
SMA (f /m), 2.92 mm (f/m)
ポート数
2~48ポート
説明
校正デバイス再接続不要のリモート制御校正リフレッシュ:TVACテストおよび自動(マルチポート)製造セットアップ向け
R&S®ZN-ZE1xx、正面図R&S®ZN-ZE1xx
タイプ
電子校正ユニット
周波数レンジ
5 kHz - 26.5 GHz
コネクタタイプ
3.5-compatible (m/f), N (m/f)
ポート数
2
説明
エコノミーシリーズ、5 kHz~26.5 GHzの2ポートを校正
手動校正/ベリフィケーションキット
製品名
タイプ
周波数レンジ
コネクタタイプ
校正基準
説明
R&S®ZN-Z2xx network analyzer calibration kits - high end/mechanical, Front HighR&S®ZN-Z2xx
タイプ
校正キット
周波数レンジ
DC~67 GHz
コネクタタイプ
3.5 mm(メス/オス)、2.92mm(メス/オス)、2.4 mm(メス/オス)、1.85mm(メス/オス)
校正基準
オープン、ショート、マッチ、スルー、それぞれオス/メス
説明
ハイエンド
R&S®ZV-Z2xx network analyzer calibration kits - high end/mechanical , Front HighR&S®ZV-Z2xx
タイプ
校正キット
周波数レンジ
DC~110 GHz
コネクタタイプ
N(メス/オス)、1.0 mm(メス/オス)
校正基準
オープン、ショート、マッチ、スルー、それぞれオス/メス
説明
データに基づいた特性評価データによるハイエンド確度の実現(各キットで個別のSパラメータを提供) - トルクレンチとオープンエンドレンチが付属
R&S®ZN-Z1xx network analyzer calibration kits economy, Front HighR&S®ZN-Z1xx
タイプ
校正キット
周波数レンジ
最高43.5 GHzのDC
コネクタタイプ
N(メス/オス)、3.5 mm(メス/オス)、2.92 mm(メス/オス)
校正基準
オープン、ショート、マッチ、スルー
説明
コンパクトなユニット
オス型とメス型のキットは別バージョン
R&S®ZCAN network analyzer calibration kits economy, Side viewR&S®ZCAN
タイプ
校正キット
周波数レンジ
DC~3 GHz
コネクタタイプ
N(メス/オス)
校正基準
オープン、ショート、マッチ、スルー
説明
エコノミー
1つのキットにオス/メス両方のバージョンが付属
50 Ω用と75 Ω用のバージョンを用意
R&S®ZV-Z4xx network analyzer verification kits, Front viewR&S®ZV-Z4xx
タイプ
ベリフィケーションキット
周波数レンジ
45 MHz~50 GHz
コネクタタイプ
N(メス/オス)、3.5 mm(メス/オス)、2.9 mm(メス/オス)、2.4 mm(メス/オス)
校正基準
オフセットショート(メス、オス)、ミスマッチ(メス、オス)、アッテネータ(メスーオス)、ステップスルー(メスーオス)
説明
ハイエンドのフルVNA測定不確かさ検証、50 Ω
R&S®ZV-WRx network analyzer calibration kits – waveguide, Front HighR&S®ZV-WRx/ZCWMxx
タイプ
導波管校正キット
周波数レンジ
50 GHz~750 GHz
コネクタタイプ
WR15~WR02
校正基準
マッチ、ショート、オフセットショート
説明
スライディングマッチを含むオプションバージョン
R&S®ZN-ZM292 calibration mixer, Front viewR&S®ZN-ZM292
タイプ
校正ミキサー
周波数レンジ
10 MHz~40 GHz
コネクタタイプ
2.92 mm
校正基準
ミキサー
説明
R&S®ZNAによるミキサー位相測定用
切換可能なアッテネータ
製品名
タイプ
周波数レンジ
コネクタタイプ
減衰量/分解能
説明
タイプ
ステップアッテネータ
周波数レンジ
DC - 67 GHz
コネクタタイプ
N(メス)、2.92mm(メス)、1.85 mm(メス)
減衰量/分解能
0 dB~139.9 dB/0.1 dB~5 dBステップ
説明
減衰精度が高く、自動テストシステムへの統合が容易な、切換可能内部/外部ステップアッテネータ。
テストケーブル
製品名
タイプ
周波数レンジ
コネクタタイプ
長さ
説明
R&S®ZV-Z9x network analyzer test cables ruggedized, Front HighR&S®ZV-Z9x
タイプ
テストケーブル
周波数レンジ
DC - 67 GHz
コネクタタイプ
N(オス)、3.5 mm(メス/オス)、2.92 mm(メス/オス)、2.4 mm(メス/オス)、1.85 mm(メス/オス)
長さ
635 mm(25インチ)~965 mm(38インチ)
説明
高い位相安定性とメカニカル柔軟性が要求される精密測定用のテストケーブル
R&S®ZV-Z19x Network analyzer test cables, Front HighR&S®ZV-Z19x
タイプ
テストケーブル
周波数レンジ
DC - 110 GHz
コネクタタイプ
N(オス)、N 75 Ω(オス)、3.5 mm(メス/オス)、2.92 mm(メス/オス)、2.4 mm(メス/オス)、1.85 mm(メス/オス)、1.00 mm(メス/オス)
長さ
160 mm(6インチ)~1524 mm(16インチ)
説明
汎用アプリケーションに用いられることの多いセミリジッドのテストケーブル
    03 製品の比較
    少なくとも2つの製品を選択してください

    VNAアクセサリに関するFAQ

    テスト・ポート・ケーブル・シリーズR&S®ZV-Z9xとR&S®ZV-Z19xの違いは何ですか?

    VNAが高品質であっても、ネットワーク・アナライザのテストケーブルとコネクタによってこの品質が低下すれば、DUTとの接続は妨げられます。VNAの信号をインテグリティーや電圧の損失なくDUTに確実に到達させるために、ローデ・シュワルツは高耐久構造と優れた位相/振幅安定度を特長とするケーブルを用意しました。R&S®ZV-Z9xシリーズとR&S®ZV-Z19xシリーズのどちらも、優れたRF品質を誇ります。R&S®ZV-Z9x ケーブルのメリットは、圧縮に対するケーブル本体の機械的抵抗、接続の安定性、非常に小さい跳ね返りや位置決め抵抗です。R&S®ZV-Z19x ケーブルシリーズは、スマートなボディと高性能標準コネクタが特長です。

    電子校正ユニットと手動校正キットのどちらを選ぶべきですか?

    電子(自動)校正ユニットは、組み込み標準であるオープン、ショート、マッチ、(不明)スルーを自動的に適用します。校正基準の手動接続は不要です。そのため、自動ユニットは最も簡単で迅速な校正方法であり、標準の取り違えといった操作ミスや、接続再現性の低さを最小限に抑えることができます。さらに、校正ユニットのポート数を上回るテストポートを接続の繰り返しによって校正することができます(例:2ポートユニットは、4ポートVNAでも、ミッドレンジの24ポートR&S®ZNBTでも校正できます)。一方、アプリケーションは、コネクタタイプとジェンダーに限定されており(ユーザーによってサポートされる再特性評価を除く)、単独の標準は使用できません。

    手動校正キットはこれよりも柔軟です。単一のハイエンドキットと2種のエコノミーキット(オスとメスは別)があり、オス/メスの組み合わせがすべてサポートされています。1パス2ポート校正では標準を使用でき、TRLとその他の特殊な校正手法についてはラインによる完了が可能です。さらに、テストポートを終端する、スルー接続を使用可能にするといった目的のために、標準を補助コンポーネントとして使用できます。

    R&S®ZV-Z4xxシリーズなどのベリフィケーションキットの使用目的は何ですか?

    システム誤差補正を慎重に行った後でも、結果の確度の検証は重要であり、理にかなっています。一般に理想化されているデータシート仕様とは異なり、実環境下では、校正キットの経年変化、接続再現性の低さ、実際のテストパラメータが不確かさをもたらすことがあるためです。とはいえ、事前に使用した校正基準を再接続するだけでは、正しい情報は得られません。この方法は校正ステップの再現を示すだけで、重大な校正エラーでさえも隠されたままになる可能性があります。不確かさの検証を確実に行うには、校正基準とは異なるSパラメータを使用して既知のデバイスの追加測定を行う必要があります。これを可能にするのが、R&S®ZV-Z4xx ベリフィケーションキットに含まれるコンポーネントです。最終段階の検証手順は、測定トレースを実際のエラーバーで示すR&S®ZNA-K50(P) オプションがサポートします。

    R&S®ZV-Z3xx インライン校正ユニットの仕組みとアプリケーションはどのようなものですか?

    VNAのシステム誤差補正では、校正のたびに校正デバイス(手動キット標準または校正ユニット)を接続し、校正ステップが終了した時点で校正デバイスを切断します。しかし、基準面に近寄ることができないアプリケーションケースがあります。その最も重要なケースが熱真空チャンバー(TVAC)であり、通常は冷却して空にした後で校正の更新が必要です。その解決策がインライン校正ユニットです。インライン校正ユニットは基準面に接続したまま使用でき、再校正の開始をキーストロークでリモート制御できます。

    ネットワーク・アナライザのポートフォリオ
    ネットワーク・アナライザ

    ネットワーク・アナライザ

    詳しくは

    コンバーター

    コンバーター

    詳しくは

    拡張

    拡張

    詳しくは

    ソフトウェア

    ソフトウェア

    詳しくは

    リクエスト情報

    ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

    次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

    マーケティング・パーミッション

    詳細について

    私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
    ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

    お客様の権利

    この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

    お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
    An error is occurred, please try it again later.
    一般および法的情報

    Manufacturer's recommended retail price (MSRP). The price shown does not include VAT. Prices and offers are only intended for entrepreneurs and not for private end consumers.

    抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」に関する利用条件

    1. 抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」(以降、「抽選」と呼びます)は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, Mühldorfstraße 15, 81671 Munich, Germany, Tel. +49 89 41 29 0(以降、「R&S」と呼びます)によって主催されます。

    2. すべての参加者は、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間中に、参加者の氏名、会社名、ビジネス用メールアドレスを入力することで抽選への参加登録を行えます。

    3. 参加は無料です。商品またはサービスの購入経験の有無は問いません。

    4. 抽選は法人のみを対象としており、賞品獲得者は法人に限られます。個人の場合、自分の名前と自分のアカウントによる参加は認められませんが、法人の名前で、その法人の代理として参加フォームを提出することにより、法人の代表として参加することが可能です。

    5. 賞品として、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間内に、R&S®RTB2000 10台のうちの1台を獲得できます。

    賞品:R&S®RTB2000 デジタル・オシロスコープ

    6. 抽選は、ローデ・シュワルツ本社、Muehldorstrasse 15, 81671 Munichで行われます。賞品獲得者には、5営業日以内にメールでお知らせいたします。

    7. 法人の正式な代表者が、賞品受け取りの意向をローデ・シュワルツに通知するものとします。受け取り辞退が発生した場合、または2週間以内に返事がない場合は、新たな賞品獲得者が抽選によって選ばれます。4週間以内に賞品獲得者を決定できない場合、抽選は終了し、賞品は没収となります。

    8. R&Sの従業員とその家族、および抽選処理の関係者とその家族は、参加フォームへの記入対象から除外されます。

    9. 賞品の現金同等物または交換は許可されていません。賞品は譲渡できません。参加者の国で課されるすべての税金、徴収金、関税、手数料、およびその他の料金は、参加者が負担するものとします。

    10. 個人データは、本抽選キャンペーンの目的でのみ処理され、別段の合意がない限り、抽選から4週間後に削除されます。

    11. これらの利用条件に従わない参加者は、R&Sにより本コンペティションへの参加資格を剥奪される場合があります。その場合、賞品を遡って撤回することもできます。これらの利用条件に違反したために賞品が遡及的に取り下げられた場合、賞品はそれぞれの参加者の負担で「1.」に記載されているR&Sの住所に返送されるものとし、抽選で新たな賞品獲得者が選ばれることになります。

    12. 参加者は本抽選の賞品を請求することはできず、この点に関して法的手段を講じることは許可されません。

    13. 抽選およびR&Sとそれぞれの参加者との間に発生するいかなる契約上の関係も、法の抵触に頼ることなく、ドイツ法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。本競争への参加により直接的または間接的に生じた紛争については、ドイツのミュンヘンの裁判所が専属管轄権を有するものとします。