伝導アンテナテストアプリケーション

伝導アンテナテストアプリケーション

RFポートからのアンテナ特性評価

ローデ・シュワルツの電子計測ソリューションは、伝導アンテナ検証に最適です。

アンテナ性能を検証する際の重要なステップは、信号が伝導信号から無線に、またはその逆に最適に変換されることの確認です。効率を最適化するために、アンテナで伝導テストを実行します。その際、整合とパッシブ相互変調(PIM)が重要な役割を果たします。ローデ・シュワルツは、機器の設置中と設置後の、ラボおよびフィールドでの伝導アンテナ検証用に、最先端のソリューションを幅広く提供しています。

取り上げるアプリケーション

IoTおよび低パワーデバイスでのアンテナ整合

IoTおよび低パワーデバイスでのアンテナ整合

アンテナは、民生用エレクトロニクスに欠かせない構成要素となっており、限られたエネルギー源に依存する小型ポータブルデバイスもその例外ではありません。そのため、アンテナには物理的に小さく、かつパワー効率が高いことが求められます。

詳しくは

アンテナシステムの反射測定を高速化

アンテナシステムの反射測定を高速化

反射測定は、アンテナシステムの性能評価の一般的な方法です。不要な高い反射により、システムの効率が悪くなり、コンポーネントが破損する可能性があります。

詳しくは

パッシブ相互変調(PIM)測定

パッシブ相互変調(PIM)測定

R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザとR&S®BBA150 広帯域アンプによる自動レベル制御(ALC)ベースのテストセットアップを使えば、きわめて正確で再現性の高い結果を、短時間で取得できます。

詳しくは

分散アンテナシステム(DAS)のパッシブネットワーク

分散アンテナシステム(DAS)のパッシブネットワーク

DASの設置では、正しく動作することを確認するための正確なテストが必要です。このホワイトペーパーでは、これらのDAS指向ケーブル/アンテナテストの包括的かつ実用的な概要を示します。

詳しくは

連続波とLDCのPIM測定の比較

連続波とLDCのPIM測定の比較

このホワイトペーパーでは、連続波(CW)測定と低デューティサイクル(LDC)測定の違いを説明し、関連トピックを紹介するとともに、実際の測定結果を提供します。

詳しくは

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.