伝導ビームフォーミングテストアプリケーション

伝導ビームフォーミングテストアプリケーション

ビームフォーミングアンテナ回路の検証

使いやすい電子計測ソリューションが、このプロセスの簡素化と高速化を実現します。

ビームフォーミングアンテナのシステム全体の動作効率は、駆動する電子機器の許容能力によって決まります。5Gミリ波(FR2)の場合、代表的なRF実装には、高集積化ビームフォーミングICが使用されています。これらのICによって、アンテナアレイのコストパフォーマンスの高いスケーリングが可能になるため、メインローブの方向で指向性とアンテナ利得が向上します。最新規格は、MIMOおよび大規模MIMO方法を使用してシステムレベルの利得も提供します。複数のMIMOチャネルからの信号を使用すると、システムの容量と安定度が改善します。ローデ・シュワルツは、ビームフォーミングアンテナ回路を検証するための電子計測ソリューションを提供しています。

取り上げるアプリケーション

5G NR MIMO信号解析

5G NR MIMO信号解析

5G NR大規模MIMO信号およびビームフォーミング信号を高速かつマルチチャネルで収集できる、セットアップが容易なテストソリューションです。

詳しくは

フェーズドアレイ・アンテナのビームフォーミングICの検証

フェーズドアレイ・アンテナのビームフォーミングICの検証

集積化ビームフォーミングICによって、アンテナフィード電子製品のサイズが減少しています。マルチポート・ネットワーク・アナライザにより、テストセットアップを簡素化できます。

詳しくは

LTEビーム形成の試験

LTEビーム形成の試験

MIMOにより、スループットの向上、到達距離の拡大、干渉の低減、ビームフォーミングによる信号対干渉ノイズ比(SINR)の向上を実現します。

詳しくは

ケーススタディ:MixComm

ケーススタディ:MixComm

独自プロセスによる、ミリ波デバイスの特性評価および検証における新しい課題への対応。

Phase Coherence Measurements with R&S®NRQ6

5Gのわかりやすい解説 – 5G NR TDD信号の生成/解析方法

R&S FSW シグナル・スペクトラム・アナライザによる詳細な信号解析。このビデオでは、アップリンク部分の5G NR TDD信号の生成方法について説明します。

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.