発振器、クロック、PLLテスト

発振器、クロック、PLLテスト

発振器出力信号の特性評価

発振器は、アナログデザインとデジタルデザインの両方に使用されます。発振器は、デジタルデザインまたは局部発振器(LO)で、アップコンバートまたはダウンコンバートによって目標のRF周波数を実現する際の、クロックとして機能します。

発振器には、水晶振動子シンセサイザーをベースとするPLLデザインからDDS技術まで、各種のトポロジーがあります。いずれの場合も、出力信号の特性評価とテストを実施し、デバイスまたはモジュールがデザイン仕様のクロック精度、信号純度、安定度を満たすことを確認する必要があります。

ローデ・シュワルツでは、オシロスコープ、スペクトラム・アナライザ、位相雑音アナライザ、VCOテスタを使用して発振器をテストするソリューションを提供しています。

電圧制御発振器(VCO)特性評価

電圧制御発振器(VCO)特性評価

電圧制御発振器(VCO)は、入力信号の定義により出力周波数を制御する発信器です。ローデ・シュワルツでは、R&S®FSPNの発表により位相雑音アナライザのポートフォリオを拡張しており、ラボから生産まで、効率と再現性が向上した位相雑音測定/VCO特性評価を実現しています。

関連アプリケーション

位相雑音測定手法を理解する

位相雑音測定手法を理解する

位相雑音は、従来のスペクトラム・アナライザと同様に専用の位相雑音アナライザを使用して測定することができます。このホワイトペーパーでは、これら2つの手法の違いを、位相雑音測定の感度と確度を改善する相互相関手法の仕組みに着目して説明します。

詳しくは

Understanding phase noise fundamentals(位相雑音の基礎を理解する)

Understanding phase noise fundamentals(位相雑音の基礎を理解する)

位相雑音の詳細と、発信器における位相雑音の役割について説明します。位相雑音の概念と、位相雑音の測定およびレポート方法の技術的内容を簡単に解説します。

詳しくは

位相雑音の測定期間を短縮するためのヒントとテクニック

位相雑音の測定期間を短縮するためのヒントとテクニック

Rohde & Schwarz®FSWP(FSWP)は、最新のデジタル信号処理ベースの位相雑音テストセットです。測定速度を向上させるために、多くの作業をパラレルに実行します。いくつかの測定設定が、多大な影響を測定速度に及ぼします。本資料では、このような設定について解説し、全体の測定速度を向上させるための提案を紹介します。

詳しくは

高速デジタルデザインにおけるクロックの真のジッタ性能の検証

高速デジタルデザインにおけるクロックの真のジッタ性能の検証

EMIの影響を最小限に抑えるため、PCIe、USB、HDMI™などのテクノロジーでは通常、スペクトラム拡散クロック方式(SSC)を使用し、低周波FMを基準クロックに適用します。SSCはクロックにさらにストレスを印加するので、SSC ONモードではクロックジッタも検証する必要があります。

詳しくは

高速デジタルデザインのPLLの相加性位相雑音とジッタ減衰量の確認

高速デジタルデザインのPLLの相加性位相雑音とジッタ減衰量の確認

データレートを上げるには、相加性位相雑音が低く、ジッタ減衰量の大きいSerDes PLLおよびクロックシンセサイザーが必要です。最新のデザインは、通常、2ステージアーキテクチャーに従い、ジッタ・アッテネータ・ステージと周波数シンセサイザーステージで構成されています。

詳しくは

クロックソースの検証

クロックソースの検証

クロックソースの信号純度は、システムの性能に直接影響を与えます。正常に動作させるには、信号純度がアナログおよびデジタルの回路設計の要件を満たしていることを検証する必要があります。

詳しくは

1 MHz~50 GHzをカバーする、相互相関法を使用したダイレクトダウンコンバージョン方式の位相雑音アナライザ

1 MHz~50 GHzをカバーする、相互相関法を使用したダイレクトダウンコンバージョン方式の位相雑音アナライザ

新しい位相雑音測定器は、ダイレクトダウンコンバージョン方式のアナログI/Qミキサーとベースバンド信号サンプリングを使用して周波数レンジ1 MHz~50 GHzをカバーします。位相検出と周波数トラッキングのために、従来のPLLに代わってデジタルFM復調器を使用します。

詳しくは

タイムドメインと周波数ドメインのジッタ測定の比較

タイムドメインと周波数ドメインのジッタ測定の比較

データ伝送システムの信頼性を解析する際に、ジッタは重要な性能指標です。優れた感度を実現しながら、ジッタ測定により高速と低速のアーティファクトを区別するには、時間ドメインと周波数ドメインの両方のソリューションが推奨されます。

詳しくは

理想的なクロックソースが必要な場合

理想的なクロックソースが必要な場合

今日のデジタルデザインと高速データコンバーターには、ジッタが最小のクリーンなクロックが必要です。最新のデジタルデザインおよびデータコンバーターは、適用されるクロックソースの許容範囲でしか機能できません。最先端のクロックソースを使用して最適な性能を実現する方法について説明します。

詳しくは

関連製品

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCOテスタ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCOテスタ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCOテスタは、極めて低ノイズの内蔵信号源と相互相関技術を組み合わせて、極めて高感度の位相雑音測定を行うことができます。

商品情報

R&S®SMA100B RF/マイクロ波信号発生器

R&S®SMA100B RF/マイクロ波信号発生器

R&S®SMA100B RF/マイクロ波信号発生器は、最高出力のパワーレベルを維持しながら最高純度の出力信号を供給します。本器は業界最高の信号発生器であり、最も要求の厳しいコンポーネント、モジュール、システムの電子計測タスクに対応します。

商品情報

R&S®RTP オシロスコープ

R&S®RTP オシロスコープ

R&S®RTP ハイパフォーマンス・オシロスコープは、高いシグナルインテグリティーと高速な捕捉レートを両立させています。カスタマイズされたフロントエンドASICとリアルタイム処理ハードウェアにより、コンパクトな形状ながら、きわめて正確な測定をこれまでにない速度で実行できます。

商品情報

R&S®RTO2000 オシロスコープ

R&S®RTO2000 オシロスコープ

600 MHz~6 GHzの帯域幅を備えたR&S®RTO2000 オシロスコープは、タイムドメインと周波数ドメインの両方のテストで威力を発揮します。優れた信号忠実度、1秒あたり100万波形更新速度、最大16ビットの垂直軸分解能により、信頼性の高い測定を短時間で実行できます。

商品情報

関連ビデオ

First class ADCs thanks to first class signals

最高の信号を提供する最高のADC

このビデオでは、ADCの真の性能を測定する際、R&S®SMA100Bがいかに役立つかを示します。R&S®SMA100Bは、極めて純度の高い信号を供給します。これにより、ADCテストが簡単になり、製品の改善が促進されます。

詳しくは

Signals with lowest phase noise

R&S®SMA100B - 位相雑音の最も低い信号

レーダーエンジニアリング、データコンバーターのテスト、基地局ブロッキングテスト。これらはすべて、関連オフセット周波数で最も位相雑音の低い信号を必要とします。

詳しくは

Demystifying 5G – Phase noise of clock and LO components in 5G base stations

5Gのわかりやすい解説 - 5G基地局内のクロックおよびLOコンポーネントの位相雑音

このビデオでは、IDTのクロック発生器とRFシンセサイザーのデモを行い、これらのコンポーネントによって発生する位相雑音を測定する方法を示します。

詳しくは

Spurious measurements

スプリアス測定

R&S®FSWを使用したスプリアスエミッションの高速で信頼性の高い検出。低レベルのスプリアスエミッションを測定するには、通常、分解能帯域幅を狭くする必要があるため、測定時間が長くなります。

詳しくは

Phase noise of local oscillators

5G基地局の局部発振器の位相雑音

局部発振器の位相雑音性能は、5G基地局トランシーバーのアップ/ダウンコンバーターにとってきわめて重要です。低ノイズ信号発生器R&S SMA100Bと位相雑音アナライザR&S FSWPを使用することで、IDTのマイクロ波シンセサイザーに対する優れた位相雑音測定結果を得る方法を示します。

詳しくは

Timing alignment and delay adjustment of sampling clocks

5G基地局のサンプリングクロックのタイミング調整と遅延調整

5G基地局トランシーバーのADCとDACには、タイミング調整と遅延調整を施した優れたクロック信号が必要です。低ノイズ信号発生器R&S SMA100Bとハイパフォーマンス・オシロスコープR&S RTPを使用して、IDTのRFサンプリング・クロック・ジェネレーター/ジッタアッテネータの性能を検証する方法を知ることができます。

詳しくは

Clock input monitoring, holdover and relocking with sampling clocks

5G基地局のサンプリングクロックに関するクロック入力モニタリング、ホールドオーバー、再ロック

クロック入力のモニタリングと再ロックは、5G基地局トランシーバーの性能とタイミングにとってきわめて重要です。ベクトル信号発生器R&S SMW200A(位相雑音プロファイルオプション搭載)と高性能スペクトラム/位相雑音アナライザR&S FSWPを使用して、IDTのRFサンプリング・クロック・ジェネレーター/ジッタアッテネータの再ロック周期パラメータを測定する方法を示します。

詳しくは

関連ソリューション

パッシブコンポーネント・テスト

パッシブコンポーネント・テスト

パッシブコンポーネントには、RFおよびデジタルデザイン用のさまざまな機能ブロックが含まれます。その範囲は、RFフィルターとコンバイナー、スイッチ、カップラーから、ケーブル、コネクタ、PCボードまで多岐にわたります。

詳しくは

ミキサーおよび周波数コンバーターのテスト

ミキサーおよび周波数コンバーターのテスト

ミキサーは、多くのRF/マイクロ波システムに存在する、変調器、位相検波器、周波数コンバーター、シンセサイザーといった、さまざまなアプリケーション内の基本的な要素です。無線通信システムやレーダーシステムでは標準機能ブロックです。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.