Clock input monitoring, holdover and relocking with sampling clocks

2月 10, 2019

5G基地局のクロックおよびLOコンポーネント(Part 3/3)

クロック入力のモニタリング、ホールドオーバーとサンプリングクロックによる再ロック

クロック入力のモニタリングと再ロックは、5G基地局トランシーバーの性能とタイミングにとってきわめて重要です。ベクトル信号発生器R&S SMW200A(位相雑音プロファイルオプション搭載)と高性能スペクトラム/位相雑音アナライザR&S FSWPを使用して、IDTのRFサンプリング・クロック・ジェネレーター/ジッタアッテネータの再ロック周期パラメータを測定する方法を示します。

関連ソリューション

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.