1MA289: アウトフェージング/エンベロープ/ドハティ送信機の電子計測

RFフロントエンド(RFFE)のエネルギー効率は、特にトランスミッターで、ますます重要性を増しています。

5G向けに提案されているような高周波と広帯域幅で、効率の課題に対応するのは非常に困難です。

効率的に生成された2つ以上の成分から構成される出力信号を使用するトランスミッターRFFEアーキテクチャーがあります。このような信号構成では実質的に、それらのアーキテクチャーが予測可能なポスト補正リニアリゼーションを使用しています。予測可能な特性によって、歪みを完全に除去できます。

R&S®SMW200Aによるマルチチャネル信号合成機能のセットアップをR&S®FSW アナライザと組み合わせれば、このようなトランスミッターの測定と開発が可能になります。

このアプリケーションノートで焦点を当てているのは、3.5 GHz NR(5G New Radio)キャンディデイトバンドのデバイスですが、この内容をそのままKバンドの衛星アプリケーションやミリ波NRキャンディデイトバンドにも適用できます。これらは、デザインの目標として効率がさらに重要になるアプリケーションです。

名前 製品名 言語 バージョン 日付 サイズ
1MA289_2e_Outph_Doh_Enve_Tx.pdf アプリケーション・ノート English 2e 15.03.2018 3 MB
International Website