Application Notes

バンド再編とネットワーク始動のための自動スペクトラムクリアランス

RF干渉は、ネットワーク性能が悪化する最大の要因の1つです。RF干渉は呼がドロップした場合やデータ・スループット・レートが低い場合に現れます。伝統的に、干渉探索とはパフォーマンスが悪化している場所のリストをOSSから取得することを意味します。これによって、干渉探索を行う範囲を適切に明確化できます。

ただし、緩和の試みの後にも問題が残る場合、その理由として他の干渉源がRF干渉の症状を隠していることがしばしばあります。通常、最も強い遮蔽は、干渉信号とネットワークの信号の間の重複によるものです。解析には都市または国全体が対象となる場合もあり、従来のスペクトラム・アナライザやポータブルレシーバーを使用した場合はミスが生じやすく、時間と予算を大幅に消費する作業です。

より広いエリアのための自動化されたソリューションを使用することで、必要な労力を抑えることができます。ローデ・シュワルツのネットワーク・スキャナー・ファミリー(R&S®TSME、R&S®TSMA、およびR&S®TSMW)にR&S®ROMES4 測定ソフトウェアのネットワーク問題アナライザ(NPA)機能を追加したものがそのソリューションです。これによって、多数の自動車を用いて高速なドライブテストを実施して、ネットワークエリア全体に対しても短時間でスペクトラムデータを収集することができます。オフィスに戻ると、干渉源を突き止めるためにアナライザまたはレシーバーを持った専任の干渉探索チームを派遣する場所がNPAによって通知されます。このアプリケーションノートでは、このアプローチを詳細に説明します。

Name
Type
Version
Date
Size
Automatic Spectrum Clearance in LTE and 5G mobile networks | 1MA293
Type
Application Note
Version
1e
Date
May 24, 2019
Size
4 MB