background

高速デジタルおよびRF信号をテストするためのディエンベディングをわかりやすく解説

Webinar: Demystifying deembedding for testing high-speed digital and RF signals

本ウェビナーは、ケーブル、コンバーター、アダプター、テストフィクスチャ、アンプなどを多用して高速デジタル測定およびRF信号測定を取り扱うエンジニアのために作成されたものです。測定セットアップが結果に及ぼす影響、被試験デバイスの実際の信号を取得するために役立つ手法、複数の規格で要求される要件について解説します。

帯域幅制限、インピーダンス不整合、結合/プロービング効果などのエラー要因について詳細に学ぶことができます。それらのエラーをモデリングして除去する方法を説明し、デモを利用して紹介します。システムパラメータの定義、Sパラメータの抽出およびインポート、ディエンベディッド応答の観測が、簡単なディエンベディングプロセスの主要な手順です。このデモを実行するために、必要なソフトウェアとリアルタイム・ハードウェア・オプションを搭載したオシロスコープを使用します。

Guido Schulze has more than 20 years of experience in high-speed digital testing. For the last ten years, he has worked as a product manager for the oscilloscope product division at Rohde & Schwarz. He specializes in high-end models and their respective applications.

Guido Schulze

Jithu Abraham works for Rohde & Schwarz as a product manager for the UK, Ireland and the Benelux region, specializing in oscilloscopes. He enjoys all aspects of high-speed digital, wireless communication, efficient power conversion and all the challenges they bring. Jithu holds an engineering degree in electronics and communication from the Anna University in India and a master’s degree in RF systems from the University of Southampton. He has been working for Rohde & Schwarz for over 12 years.

Jithu Abraham