ローデ・シュワルツのウェビナー

ローデ・シュワルツのウェビナー

Date
受講形式

オンデマンド

今すぐ登録
国
場所

オンライン、45分

Info
Info

言語:英語
トレーニング担当者:Matt Hammond(ローデ・シュワルツ)

衛星テストのウェビナー

ウェビナー:小型衛星のシステムアーキテクチャー

テストを円滑化するデザイン

小型衛星のアーキテクチャーは、高校の科学プロジェクトから、数十億ドルの大規模なコンステレーションまでさまざまです。システムの複雑さとコストが増すほど、プログラムのリスクは高まります。特に、複雑なLEO小型衛星コンステレーションでは、その傾向にあります。競合する地上波テクノロジーは、豊富な検証経験と型式承認要件を持ち、市販のテストシステムも使用できます。

3GPPなどの標準化団体とモバイル・ネットワーク・プロバイダーは、幅広い潜在的エラー条件を予測、回避し、デバイスの相互運用性を確保する取り組みを通して、現在では数万件に及ぶテストケースを定義しています。あいにく、衛星通信アプリケーションでは、同様の仕様やテストケースの開発はほぼ行われていません。衛星ペイロード、ゲートウェイ端末、ユーザー端末には、より複雑なエアインタフェースとチャネル障害のシナリオが発生します。

このウェビナーでは、プラットフォームのテストを円滑化するために、システムアーキテクチャーの検討事項について説明します。検討事項は次のとおりです。

  • 無線リソースの管理
  • チャネルとコンステレーションのエミュレーション
  • 統合中に使用するコストパフォーマンスの高いトラブルシューティング用テストツール 4)高度無線機とマルチエレメントアンテナのRF検証
  • 製造の最適化。以上の内容を検討しない場合、不要なエンジニアリングコストが膨らみ、商品化が遅れ、システム容量が低下することはほぼ確実です。

このプレゼンテーションでは、小型衛星ペイロード、ゲートウェイ端末、ユーザー端末の開発サイクル全体に不可欠なテストを円滑化するために、システムアーキテクチャー計画のチェックリストを提案します。

今すぐ登録して、このウェビナーをご覧ください。