R&S®CMU300 Universal Radio Communication Tester

for Base Stations

本製品の製造は終了しています
次の後継製品もご覧ください。
Base Unit

RF switching matrix/ front-end for easy adaptation to RF interface of DUT:

  • RF1: In- / Output to connect high power BTS’s
  • RF2: In- / Output to connect medium / low power BTS’s
  • RF3 OUT: High power Output
  • RF4 IN: Sensitive Input

RF analyser 100 KHz - 2.7 GHz:

  • Selective power meter
  • Spectrum analyser incl. selectable RBW’s and sophisticated trigger- and timing-functions (10 MHZ - 2.7GHz)
  • Time domain measurements (Zero Span Mode)

RF generator 100 KHz - 2.7 GHz:

  • Generation of CW signals
  • Generation of SSB signals
  • Generation of AM signals

Additional Functionality:

  • IEEE interface
  • RS-232-C interface
  • 2 PCMCIA slots
  • Reference frequency IN- / Out-puts on rear panel
  • New, sophisticated operational concept based on high resolution TFT colour display
GSM/EDGE

Test Modes

  • Non-signaling mode

This mode is particularly suitable for testing RF boards/modules with little or no signaling activity. The measurement starts completely independently from external trigger signals or signaling information. As soon as RF power is applied to the input, the tester starts to sample the incoming RF signal. When the corresponding RF parameters are calculated and displayed, the instrument is ready for the next measurement. All GSM/EDGE-specific TX measurements on signals with appropriate modulation scheme and midamble are available. In addition, the CMU300 is able to generate signals with GSM/EDGE-specific midamble and modulation in the entire frequency range from 10 MHz to 2.7 GHz. The analyzer and generator functionalities are not linked, i.e. any channel spacing between uplink and downlink signals is possible.

  • Signaling mode

The signaling mode is provided for testing modules or base stations supporting a certain level of signaling. In this mode, the tester operates synchronously to the BTS, i.e. it is synchronized to the TDMA frame structure, which is vital for receiver bit-error-rate measurement. All transmitter parameters can be tested separately for each timeslot. This function is necessary for testing base stations that support both GSM and EDGE. The ability to code / decode channels in realtime is the basis for synchronized measurements. The instrument can be synchronized to the base station in the following ways:

  • If the BTS has a multiframe clock out-put, the signal can be used to trigger the CMU300. An additional trigger line has to be taken into considera-tion. For BER tests and EDGE TX tests the 26 multiframe trigger is required.
  • If only the RF connection is used, the tester can synchronize to the C0 carrier of the base station, just like a mobile phone. This simplifies the test setup. However, a CCH carrier including FCCH / SCH channels and system information 1 to 4 must be activated in the BTS before measuring the used traffic channel. After successful synchronization there is permanent resynchronization to SACCH of TCH.

Overview TX Test GMSK

Power measurements:

  • burst power (average/peak)
  • power versus time (power ramp)

Modulation analysis:

  • phase error (peak/RMS)
  • frequency error

Spectrum measurements:

  • spectrum due to modulation
  • switching transients spectrum

Additional functionality in signaling Mode:

  • power versus slot measurement
  • time slot selective measurements
  • analysis of CCH information (frame timing; network data)
  • analysis of SACCH information (requested power; requested timing)

Overview TX Test 8PSK

Power measurements:

  • burst power (average / peak)
  • power versus time (power ramp)

Modulation analysis:

  • EVM = error vector magnitude (peak / RMS)
  • magnitude error (peak / RMS)
  • phase error (peak / RMS)
  • origin offset
  • IQ imbalance
  • frequency error
  • 95th percentile

Spectrum measurements:

  • spectrum due to modulation
  • switching transients spectrum

Additional functionality in Signaling Mode:

  • time slot selective measurements
  • analysis of CCH information (frame timing; network data)
  • analysis of SACCH information (requested power; requested timing)

Overview RX Tests

Channel type Possible tests Supported BTS/BSC loops Supported loops inside R&S® CMU300 Channel setup procedure Required SW options Comments
 
No Coding Burst by Burst
(RAW BER)
BTS Loop demodulator / modulator R&S® CMU300 RAW BER loop Forced channel setup without signaling R&S® CMU-K31 to -K34 (R&S® CMU-K41 optional for 8PSK) GMSK and 8PSK supported
TCH/FS
TCH/HS
TCH/EFS
BER / RBER / FER BTS (BSC) BER Loop with channel decoding; (optional loop via Abis) R&S® CMU300 BER loop with channel decoding Forced channel setup procedure
(optional MOC / MTC)
R&S® CMU-K31 to -K36 (CMU-B71 and CMU-K39 optional)  
TCH/F14.4 TCH/F9.6
TCH/F4.8 TCH/H4.8
TCH/H2.4
BER BTS (BSC) BER loop with channel decoding R&S® CMU300 BER loop with channel decoding Forced channel setup procedure (optional MOC/MTC for full rate channels) R&S® CMU-K31 to -K36 (R&S® CMU-K39 optional)  
E-TCH/F43.2 NT BER BTS (BSC) BER loop with channel decoding R&S® CMU300 BER loop with channel decoding Forced channel setup without signaling R&S® CMU-K31 to -K36 and CMU-K41  
PDTCH-CS1
PDTCH-CS2
PDTCH-CS3
PDTCH-CS4
BER / DBLER BTS (BSC) BER loop with channel decoding R&S® CMU300 BER/DBLER loop with channel decoding Forced channel setup without signaling (one static TS active on up- / downlink) R&S® CMU-K31 to -K36 Special BTS test mode required, no RSC/MAC involved
PDTCH-MCS1
PDTCH-MCS2
PDTCH-MCS3
PDTCH-MCS4
PDTCH-MCS5
PDTCH-MCS6
PDTCH-MCS7
PDTCH-MCS8
PDTCH-MCS9
BER / DBLER BTS (BSC) BER loop with channel decoding R&S® CMU300 BER/DBLER loop with channel decoding Forced channel setup without signaling (one static TS active on up- / downlink) R&S® CMU-K31 to -K36 and CMU-K41 Special BTS test mode required, no RSC/MAC involved
TCH-AFS
TCH-AHS
BER / RBER / FER BTS (BSC) BER loop with channel decoding R&S® CMU300 BER loop with channel decoding Forced channel setup without signaling (one static TS active on up- / downlink) R&S® CMU-K31 to -K36 and CMU-K37 Special BTS test mode required
WCDMA

Overview TX Parametric Tests

Power measurements:

  • Power Meter (Wideband or frequency selective)
  • Code Domain Power (CDP)

Modulation analysis:

  • Error Vector Magnitude (EVM), Magnitude Error, Phase Error
  • Carrier Frequency Error
  • IQ Origin Offset
  • IQ Imbalance
  • Waveform Quality
  • Peak Code Domain Error Power (PCDEP)

Spectrum measurements (Inband):

  • Adjacent Channel Leakage power Ratio (ACLR)
  • Occupied Bandwidth (OBW)
  • Spectrum Emission Mask (SEM)

UL Generator

For sensitivity measurements on a WCDMA Node B the CMU300 supports all the Reference Measurement Channels (RMC) as defined in the specification (3GPP TS 25.141 FDD). By virtue of its own RF generator, the CMU300 provides:

  • Real time signal generation incl. measurement sequences up to PN (pseudo-random noise) 16 for continuous receiver measurements, providing easy implementation of search routines for the absolute radio sensitivity.
  • Support for the specified 2 Mb per second data rate (RMC 2048 kbps) makes it possible to test already for a data rate implemented for anticipated applications: Test today for the applications of tomorrow!
  • AWGN generator function and BER simulation

Special functions of WCDMA signaling mode

  • Synchronous TX parametric testing
  • BCH realtime analysis
  • Data analysis of downlink channels/expanded BER test capabilities
  • RACH testing incl. AICH analysis
  • HS-SCCH monitoring
  • HS-DSCH data rate and throughput measurement
  • HS-DPCCH uplink stimulation
  • HSDPA stimulate & check applications
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

デモを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

見積りを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。
電話番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせ

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
International Website