R&S®NRP6A アベレージ・パワー・センサ

100 pW~200 mW、8 kHz~6 GHz

主な特長

  • 測定レンジ:-70 dBm~+23 dBm
  • 周波数レンジ:8 kHz~6 GHz
  • Nコネクタ
  • EMCアプリケーション用の特別な設計
  • 連続平均パワーの測定

概要

EMCアプリケーションでは通常、平均パワーだけが測定対象となります。このような場合は、NRP6A アベレージ・パワー・センサが最適です。これらは、8 kHzまでの重要な低周波数帯に加えて、無線通信で使用される測定範囲をカバーします。

仕様

NRPxxA/AN センサ周波数レンジ
R&S®NRP6A/AN、N型(オス)8 kHz~6 GHz
R&S®NRP18A/AN、N型(オス)8 kHz~18 GHz

主な特長

  • 測定レンジ:-70 dBm~+23 dBm
  • 周波数レンジ:8 kHz~6 GHz
  • Nコネクタ
  • EMCアプリケーション用の特別な設計
  • 連続平均パワーの測定
  • CWおよび変調信号の93 dBのダイナミックレンジ
  • ハーモニックに対する低い感度
  • USB経由の制御および監視
  • R&S®NRP2 ベースユニット、ノートパソコン/PC、多くのローデ・シュワルツ機器による柔軟な操作

概要

EMCアプリケーションでは通常、平均パワーだけが測定対象となります。この場合には、R&S®NRP6A アベレージ・パワー・センサが最適です。これらは、8 kHzまでの重要な低周波数帯に加えて、無線通信で使用される測定範囲をカバーします。最大93 dBのダイナミックレンジ、変調の影響が非常に少ない測定、卓越したインピーダンス整合など、3パス・ダイオード・パワー・センサの優れた特性の恩恵を受けることができます。

仕様

アベレージ・パワー・センサ
周波数レンジパワー
測定
レンジ
インピーダンスマッチング(SWR)パワー測定の
不確かさ

+20 °C~+25 °C
、絶対値、dB単位)
パワー測定の
不確かさ

+20 °C~+25 °C
、相対値、dB単位)
R&S®NRP6A/AN、N型(オス)
8 kHz~6 GHz100 pW~
200 mW
(–70 dBm~
+23 dBm)
8 kHz~
< 20 kHz:
< 1.250.051~0.0560.022~0.050
  20 kHz~
2.4 GHz:
< 1.13  
  > 2.4 GHz~
6 GHz:
< 1.20  
R&S®NRP18A/AN、N型(オス)
8 kHz~18 GHz100 pW~
200 mW
(–70 dBm~
+23 dBm)
8 kHz~
< 20 kHz:
< 1.250.051~0.0940.022~0.069
  20 kHz~
2.4 GHz:
< 1.13  
  > 2.4 GHz
~6 GHz:
< 1.20  
  > 8 GHz~
18 GHz:
< 1.25  
International Website