R&S®SMATE200A Vector Signal Generator

The production solution based on the R&S®SMU200A is fast and accurate.

本製品の製造は終了しています
次の後継製品もご覧ください。
Designed for production
Setting time after a change in frequency

Designed for speed, the R&S®SMATE200A is ideal for production lines where time is critical. In remote control operation via the IEC/IEEE bus, setting times are <2 ms and even faster in List mode (<400 μs) where predetermined changes in frequency and level outputs may be specified in advance. New with the R&S®SMATE200A, the Fast Hop mode improves List mode capability by allowing users to arbitrarily address up to 10 000 frequency/level pairs in any sequence via a serial bus, maximizing flexibility for test engineers. To further reduce test times, special hardware triggers are also added, allowing control of frequently used functions, including RF ON/OFF and MODULATION ON/OFF. All of these enhancements are designed to reduce the total cost of ownership in production environments.

Instrument size and connectivity are also crucial elements in production. After all, lower space requirements mean lower costs – particularly in a clean-room environment. Owing to its two-path concept, the R&S® SMATE200A occupies as little as 50 % of the space required by a single-channel instrument. To allow easy rack installation, the R&S® SMATE200A is equipped with rear connectors as standard.

Since production conditions require robust instruments, the R&S® SMATE200A is designed for longer life. Its wear-free, electronic attenuator significantly lengthens product life over those instruments employing mechanical attenuators. Other measures affording longer life include an optimized cooling system to keep the instrument’s internal temperatures as low as possible even when installed in a rack with elevated ambient temperature. Lower temperatures reduce component stress, thus increasing their lifespan.

Multisegment waveform concept

In production, one problem facing test engineers is the tradeoff between test time and the need to stimulate each DUT with varying, complex signals. The R&S® SMATE200A has the answer: the multisegment waveform function. This feature allows users to combine up to 100 waveforms stored simultaneously in memory, making it possible to switch between waveforms without first having to load each one separately. This not only saves time during setup, but more importantly reduces the time for switching between waveforms to around 5 μs. Users even have the option to specify seamless linking of waveforms to ensure phase stability – for example, during receiver tests where resynchronization can now be avoided.

Another time-saving feature for test engineers, the Remote Desktop Connection of Microsoft’s Windows XP operating system, may be used via Gigabit LAN interface to check and modify test software as needed without having to be physically in front of the R&S® SMATE200A. Of course, users on site may also access the R&S® SMATE200A user interface by means of the VGA output and a USB mouse and keyboard, same as for the R&S® SMU200A.

Outstanding signal quality
Typical single sideband phase noise at 100 MHz, 850 MHz, 2.1 GHz and 5.7 GHz with the Low Phase Noise option

Just because the R&S® SMATE200A is designed for speed doesn’t mean it lacks in performance. The R&S® SMATE200A ships standard with the same excellent RF characteristics as the R&S® SMU200A, typically –135 dBc/Hz for a 1 GHz carrier at 20 kHz offset. In addition, users may opt for the low phase noise option to achieve even higher phase noise suppression, typically 5 dBc/Hz improvement. The superior combination of speed and signal quality makes the R&S® SMATE200A the ideal LO substitute.

ACLR performance for 3GPP FDD, test model 1/64

This low phase noise performance coupled with the highly linear I/Q modulator lends itself to the R&S® SMATE200A‘s excellent ACLR and EVM measurement capability. Both parameters are especially important to power amplifier manufacturers – even more so with implementation of advanced, complex modulation schemes. It is also worth mentioning that excellent ACLR and EVM characteristics may be achieved simultaneously using the same test signal. Again, the advantage is greater measurement speed.

Level repeatability of the R&S®SMATE200A

Like the R&S® SMU200A, the R&S® SMATE200A offers internal baseband generation of signals with up to 80 MHz RF bandwidth. A fl at frequency response across this bandwidth is a prerequisite for generating signals with good modulation characteristics such as EVM, and the R&S® SMATE200A makes no compromises. For RF bandwidth requirements up to 200 MHz, users may input analog I/Q signals to each RF path independently. The R&S® SMATE200A offers all of this plus the same high spurious suppression that has come to be known in the R&S® SMU200A.

With its two-path concept, the R&S® SMATE200A not only offers two independent RF sources, but also up to two independent baseband generators whose signals can be digitally added internally. The result is a single instrument containing two units specifically designed to work together. This eliminates the need for external cabling, making setup both simple and compact.

In production, it is not uncommon to have many lossy elements between the signal generator and the DUT. To compensate, the generator must have sufficient output power. The R&S® SMATE200A with its high-power output option provides levels of typically +26 dBm. Opting for the high-power output option does not involve replacing the electronic attenuator. It is thus able to conserve the wide output level range.

The high-precision level control of the R&S® SMATE200A is based on a temperature-controlled RMS detector. This not only translates to high precision, but also to high level repeatability, typically around 0.05 dB. This characteristic is especially important in production, because it allows the exact same test conditions to be established repeatedly over a long period of time.

Connectivity
SCSI connectors

Versatile connectivity of the R&S® SMATE200A combines classic RF BNC outputs with additional inputs and outputs through SCSI connectors. These connectors further simplify and speed up installation during setup.

Connectors for PC peripherals

An external keyboard and a mouse or memory stick can be connected via USB interfaces on the rear panel. Likewise, a VGA output is available for connecting an external display.

Remote control of the R&S®SMATE200A via IEC/IEEE bus or Gigabit Ethernet LAN

The R&S® SMATE200A can be remotecontrolled via GPIB or LAN interfaces. With the introduction of the R&S® SMATE200A, the capability to utilize a Gigabit Ethernet is offered, yielding shorter test times during production.

Modular design

Owing to its modular design, the R&S®SMATE200A may be adapted to virtually any requirement. As users require new functionality, the appropriate options may be added later.

Low total cost of ownership is more than just a motto with the R&S® SMATE200A – it applies to every aspect of he instrument, including its three-year calibration cycle. This translates to significant cost savings and reduces system down time.

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

デモを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

見積りを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。
電話番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせ

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
International Website