R&S®Trusted Gate - セキュアグローカリゼーション

各国のデータ保護規則に容易に準拠

Trusted Gate
ライトボックスを開く
Trusted Gate Side View
ライトボックスを開く
Trusted Gate Trusted Gate Side View

主な特長

  • ますます複雑化する各国のデータ保護規則に準拠
  • 主要なクラウド・コラボレーション・プラットフォームを使用した世界規模でのコラボレーション
  • 一元的なソフトウェアインフラを使用してグローバルに編成された管理機能
  • コストパフォーマンスの極めて高いコラボレーションインフラを容易に実現
  • 投資を短期間で回収

世界規模のコラボレーションに伴うグローバルな課題

各国のデータ保護規則に準拠

多くの企業や組織は、世界各国のデータ保護規則に準拠するために、規制/制限対象データの国外移転を防ぐべく、各国で個別にデータ処理インフラを構築するための課題に直面しています。このようにインフラを分離する方法は、管理担当者、ソフトウェア、ハードウェアのためのリソースが膨大になります。「R&S®Trusted Gate – セキュアグローカリゼーション」は、一元的なグローバルコラボレーションにデータ中心のアプローチを採用し、こうしたコストを大幅に削減します。

特長と利点

グローバルなデータを整理

企業や組織にとってのグローバルな課題

データの中には、国外移転や国外保管が許可されていないものがあり、企業や組織はその点を念頭に置かなければなりません。以前は、各国の制限対象データを分離するために、ハードウェアとドメインによる分離が必要でした。とはいえ、このようにインフラを分離すると、インフラごとに管理が必要になります。組織は、セキュリティードメインを分離する課題を克服しなければなりませんが、制限対象データの国外移転リスクを冒してはなりません。

準拠を容易にする

データのグローバルな課題を解決するセキュアグローカリゼーション

「R&S®Trusted Gate – セキュアグローカリゼーション」は、データを分離するためにデータ中心のアプローチを採用しています。ある国のユーザーがMicrosoft® SharePointなどのコラボレーションプラットフォームにデータをアップロードすると、R&S®Trusted Gateは、制限対象外のデータをグローバルなデータ共有拠点に送信しますが、規制対象データについては送信元の国内の拠点に保管します。データの保管場所の判断は、キーワードに基づいて行われます。規制対象データは、必ず暗号化および断片化後に保管されます。

トランスペアレントな暗号化とデータ分離

ワークフローの簡素化による効率化

Microsoft® SharePointでファイルをアップロードすると、R&S®Trusted Gateが制限対象のドキュメントごとに仮想コピーを作成します。仮想コピーには機密情報は含まれず、元のドキュメントのキーワードやその他分類データといったメタデータのみが含まれます。権限のある各国のユーザーは、仮想ファイルをトランスペアレントに使用できます。実際のファイルをダウンロードする場合のみ、該当国のユーザーは、ドキュメントの実際の内容にアクセスできます。

一元的なグローバル管理

少ないリソースでコンプライアンスを徹底

グローバル管理者は、コラボレーションプラットフォームのインスタンスを1つだけ管理すればよいことになります。彼らは世界規模でサービスを管理するものの、R&S®Trusted Gateで保護されている各国の制限対象データにはアクセスできません。コラボレーションプラットフォームの一元管理により、人材と費用を節約でき、各国のデータ保護規則の対象でないドキュメントについては、簡単に共同作業ができるようになります。

柔軟な世界展開

グローカリゼーションをステップ・バイ・ステップで

R&S®Trusted Gateソリューションはマイクロサービスを基盤とした最新のソフトウェアインフラを採用し、オンプレミス、ハイブリッド、またはクラウドのいずれの環境にも柔軟に展開できます。グローバル組織のデータインフラは複雑です。R&S®Trusted Gateはグローバルな要件をサポートするために、1か国ごとに段階的に展開できるようになっています。そのため、現地のデータ保護規則にすぐに対応しなければならない地域を優先させることができます。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.
一般および法的情報

Manufacturer's recommended retail price (MSRP). The price shown does not include VAT. Prices and offers are only intended for entrepreneurs and not for private end consumers.

抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」に関する利用条件

1. 抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」(以降、「抽選」と呼びます)は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, Mühldorfstraße 15, 81671 Munich, Germany, Tel. +49 89 41 29 0(以降、「R&S」と呼びます)によって主催されます。

2. すべての参加者は、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間中に、参加者の氏名、会社名、ビジネス用メールアドレスを入力することで抽選への参加登録を行えます。

3. 参加は無料です。商品またはサービスの購入経験の有無は問いません。

4. 抽選は法人のみを対象としており、賞品獲得者は法人に限られます。個人の場合、自分の名前と自分のアカウントによる参加は認められませんが、法人の名前で、その法人の代理として参加フォームを提出することにより、法人の代表として参加することが可能です。

5. 賞品として、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間内に、R&S®RTB2000 10台のうちの1台を獲得できます。

賞品:R&S®RTB2000 デジタル・オシロスコープ

6. 抽選は、ローデ・シュワルツ本社、Muehldorstrasse 15, 81671 Munichで行われます。賞品獲得者には、5営業日以内にメールでお知らせいたします。

7. 法人の正式な代表者が、賞品受け取りの意向をローデ・シュワルツに通知するものとします。受け取り辞退が発生した場合、または2週間以内に返事がない場合は、新たな賞品獲得者が抽選によって選ばれます。4週間以内に賞品獲得者を決定できない場合、抽選は終了し、賞品は没収となります。

8. R&Sの従業員とその家族、および抽選処理の関係者とその家族は、参加フォームへの記入対象から除外されます。

9. 賞品の現金同等物または交換は許可されていません。賞品は譲渡できません。参加者の国で課されるすべての税金、徴収金、関税、手数料、およびその他の料金は、参加者が負担するものとします。

10. 個人データは、本抽選キャンペーンの目的でのみ処理され、別段の合意がない限り、抽選から4週間後に削除されます。

11. これらの利用条件に従わない参加者は、R&Sにより本コンペティションへの参加資格を剥奪される場合があります。その場合、賞品を遡って撤回することもできます。これらの利用条件に違反したために賞品が遡及的に取り下げられた場合、賞品はそれぞれの参加者の負担で「1.」に記載されているR&Sの住所に返送されるものとし、抽選で新たな賞品獲得者が選ばれることになります。

12. 参加者は本抽選の賞品を請求することはできず、この点に関して法的手段を講じることは許可されません。

13. 抽選およびR&Sとそれぞれの参加者との間に発生するいかなる契約上の関係も、法の抵触に頼ることなく、ドイツ法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。本競争への参加により直接的または間接的に生じた紛争については、ドイツのミュンヘンの裁判所が専属管轄権を有するものとします。