車載ネットワーク
車載ネットワーク

車載通信ネットワークのテスト

CAN、CAN-FD、FlexRay、LIN、SENTは、車載通信ネットワークで最も広く用いられているテクノロジーです。これらは20年以上にわたって用いられています。今日では、新しい規格やテクノロジーも登場しています。例としては、単線で動作し、最大250 kbaudのデータレートを実現する、パルス幅変調デジタル通信バスが挙げられます。軽量化、データレートの高速化、レイテンシの短縮、エラーの原因の容易なデバッグといった要因は、高速でコストパフォーマンスの高いデータ通信を自動車内で実現するために重要です。

課題

信号品質は、バステレグラムの正確な伝送を保証するための鍵となるパラメータです。ただし、エラーや干渉の原因を判定し、これらのアプリケーションのトラブルシューティングを行うためには、さまざまな課題に対処する必要があります。

高速で正確なデバッグを実現するにはどうすればよいでしょうか。高い収集レートと分解能周波数を実現するにはどうすればいいでしょうか。

その他の車載バスシステムのテスト

このアプリケーションにおいては、不具合発生源を決定するためにオシロスコープを使用します。R&S®RTxファミリーは、デコード、トリガ、デバッグを容易にするために最適な選択肢です。さまざまなイベント、特定のアドレス、またはメッセージ内の特定のデータパターンでトリガできます。R&S®Scope Riderは、CAN/LINバスの詳細なトラブルシューティングのためのアイソレートされたチャネルを備えた、初めてのハンドヘルド・デジタル・オシロスコープであり、ラボ用オシロスコープに匹敵する性能と機能を提供します。

弊社のソリューションの利点

  • デコード、トリガ、検索が1台のデバイスで可能
  • デジタイズされた信号をデコード内容とともに表示
  • 収集サイクル全体を対象とする複数のイベントタイプ

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

関連製品

補足情報

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team