車載イーサネット・コンプライアンステスト
車載イーサネット・コンプライアンステスト

車載イーサネット・コンプライアンステスト

ハイパワーのエンターテインメントシステムなどの新しい車載アプリケーションのために、配線やネットワークインタフェースの帯域幅要件と関連コストは上昇し続けています。車載イーサネットは、業界のニーズを満たすために設計されました。高度な運転支援システムには、カメラシステムのための高いデータスループットや、アダプティブ・クルーズ・コントロールのための小さな遅延が必要です。車載イーサネットは、車載バスシステム(車載コンポーネント)同士を接続することで、高速でコストパフォーマンスの高いデータ通信を可能にします。これにより、配線が最小化され、燃料消費と製造コストの削減と、市場投入までの期間の短縮につながります。

お客様の課題とOPEN Alliance

自動車業界では、車載イーサネット用の通信規格として、OPEN Alliance BroadR-Reach®(OABR)物理層(別名IEEE 100BASE-T1)が規定されています。これは標準のFlexRay™配線上で動作し、オーディオ/ビデオストリーミングなどの高速通信に適しています。100Base-T1は全2重通信を採用しており、1本のツイストペアを通じて最大1 Gbit/sの伝送が可能です。インタフェースの検証には、6つのテストケースからなる100BASE-T1コンフォーマンステストが必要です。IEEEイーサネットのほとんどのコンプライアンステスト仕様と同様、このコンプライアンステストはトランスミッター品質を対象としています。

車載イーサネット・コンプライアンステスト

これらのデータストリームの機能と品質を検証するには、信号を容易に検出してテストできることが必要です。ローデ・シュワルツでは、BroadR-Reach V3.2、IEEE 802.3bw(100Base-T1)、IEEE 802.3bp(1000Base-T1)、IEEE 802.3bz(2.5GBASE-T1)向けに、OPEN Allianceコンプライアンステスト仕様に準拠したイーサネット・コンプライアンス・テスト・ソリューション一式を提供しています。

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

関連製品

補足情報

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team