5G 無線通信のアプリケーションおよびホワイト・ペーパー

  • ローデ・シュワルツの信号発生器は、位相コヒーレント信号の発生のためのコンパクトで使いやすいソリューションを実現します。さまざまな信号発生器モデルを結合させることにより、ユーザーの要件に応じた位相コヒーレントチャネル数やRF周波数レンジを実現できます。

    このアプリケーションノートでは、位相コヒーレント信号の作成方法を説明し、考慮すべき事項や、個々のチャネル間の相対位相とタイミングを最適に校正する方法についても詳述します。このアプリケーションノートでは、さまざまなRF周波数の時間軸上での位相安定度の各種測定についても紹介します。

  • 時間軸上での位相安定度は、位相コヒーレント信号を得るための重要な特性です。共通の1 GHzリファレンス信号を使用することで、複数のR&S®SGT100A SGMAベクトル信号発生器のRF出力の間で高い位相安定度を維持することができます。

  • R&S®CMW500 プラットフォーム用の新しいIP接続セキュリティ解析ソリューションを使用すれば、IoTデバイスや移動体通信機器のIP接続の脆弱性を、開発の早い段階で発見できます。

  • Doherty増幅器は、TxFE(送信フロントエンド)アプリケーションでの準線形増幅器アーキテクチャとして広く用いられています。

    5Gの到来とともに、マイクロ波またはミリ波エアインタフェースが必須となり、その構造に関連するデザインの課題が大きくなります。この課題が重要な理由は、構成要素の増幅器やコンバイナーでの電力消費が増加する可能性があるからです。

    このアプリケーションノートでは、Doherty増幅器の性能や帯域幅の向上につながる機能拡張のための測定に基づいた開発手法について説明します。この方法を使用した実用的な例も紹介しています。

    この手法は、平衡増幅器、空間結合増幅器、逆位相(いわゆる「プッシュプル」または「差動」)増幅器にも拡張できます。逆位相型はDoherty構成内にネストされることもあります。

    R&S®Quickstepシーケンスソフトウェアは次の場所からダウンロードできます。

    https://www.rohde-schwarz.com/software/quickstep/

  • 第5世代の移動体通信(5G)では、高度モバイルブロードバンド、大容量マシンタイプ通信、超高信頼低遅延通信がサポートされることが明らかにされています。5Gは、無線業界で広く議論の対象となっています。全世界で調査や開発準備が盛んに行われていて、現行のLTEおよびLTE-Advancedネットワークの基盤となっている波形やアクセス原理の解析が含まれています。

    このアプリケーションノートでは、5G波形の候補とそれぞれの利点と欠点を紹介し、LTE/LTE-Advancedで用いられている直交周波数分割多重化方式(OFDM)と比較します。

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: 5G

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

フィードバック
ご意見をお寄せください
対象のトピックを指定してください。

質問を入力してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website