CDMA2000® Fundamentals

CDMA2000®, also known as CDMA2000®1xRTT, 1X or IS-2000, is a 3G mobile telecommunications standard for wireless transmission with significant deployments worldwide. It is used primarily to deliver circuit switched services such as voice, SMS and MMS, though CDMA2000® Release 0 is also capable of peak data rates of 153.6 kbit/s in both forward and reverse links.

CDMA2000® is based on code division multiplex access (CDMA), where all users share the same 1.25 MHz-wide channel, but use individual pseudo noise (PN) sequences for differentiation. CDMA2000® is fully downward compatible with CdmaOne (IS-95), making the upgrade path easy and seamless for operators.

The voice-centric CDMA2000® 1X is evolving to 1X Advanced, which quadruples (4x!) the capacity of today’s 1X networks. This unprecedented capacity increase offered by 1X Advanced can also be used to free up spectrum for high revenue-earning data services or to achieve up to 70 percent increase in coverage. In the long term, the wireless industry is moving toward richer packet-based voice (VoIP) such as VoLTE (voice over LTE), VoIP over HSPA+ and EV-DO.

1xEV-DO, also known as EV-DO, is an all-IP 3G mobile telecommunications standard for wireless transmission of data with worldwide deployments. The technology has gone through several revisions from Release 0 to Revision A, Revision B, and DO-Advanced.

Revision A introduced enhanced capabilities such as reduced latency, QoS support and increased the peak data rate to 3.1 Mbit/s in the forward link and 1.8 Mbit/s in the reverse link. This provided support for a variety of delay-sensitive applications such as VoIP and push-to-talk services.

Revision B additionally offers multicarrier capabilities and provides higher single-carrier data rates. The data rates are up to 4.9 Mbit/s in the DL and 1.8 Mbit/s in the UL and may be obtained for each of the carriers. According to the standard, up to 15 carriers may be aggregated for transmission.

All revisions are completely downward compatible and are based on a channel bandwidth of 1.25 MHz operating on the same frequency bands, making EV-DO technology and test solutions requirements similar to CDMA2000® 1xRTT.

These two technologies may be operated in a hybrid mode. This way it is possible for a mobile station to take advantage of the better suited feature of each technology depending on the application.

CDMA2000® and 1xEV-DO are specified in 3GPP2 (3rd Generation Partnership Project 2).

* CDMA2000® is a registered trademark of the Telecommunications Industry Association (TIA-USA).

More About CDMA2000® EV-DO

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)

電子メール、郵便、電話によるこのような情報の受け取りを希望しない場合は、campaigns@rohde-schwarz.com に電子メール・アドレスと電話番号を記載したメッセージを送ることにより、販売促進目的でのデータの使用を停止できます。

すべての個人情報は常にローデ・シュワルツプライバシー・ステートメントに従って処理されます。

セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: CDMA2000® EV-DO

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

フィードバック
ご意見をお寄せください
対象のトピックを指定してください。

質問を入力してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website