ドローン対策

ドローン対策

ドローンの誤った使用

ドローンは、私たちの社会に欠かせない存在になっています。映像表現の分野では映画製作者に壮大な画像を提供し、医療現場では緊急に必要な医薬品を遠隔地に届けています。しかし、使い方を誤ると莫大な損害が生じるおそれがあります。そのため、非常に効果的な信頼性の高いR&S®ARDRONISのようなドローン防衛システムの需要が高まっています。

「高度1,700メートルでの恐怖の瞬間:ミュンヘン空港に降り立とうとする旅客機にドローンが異常接近する事態が発生しました。警察によると、木曜日の夜、110人を超える乗客を乗せた飛行機のパイロットが、約10メートル先を飛行するドローンを突如見つけました」。こうしたインシデント報告は、ドローンの販売台数の伸びに呼応する形で急速に増加しています。

これらの一般的な無人航空機は、オンラインショップ、金物店、おもちゃ屋で数百ユーロで売られており、わずか数年で世界に深刻な危険をもたらす存在となっています。衝突に至らないまでも、ドローンは航空交通を著しく妨害する可能性があります。昨年、クリスマスの直前に、ロンドン・ガトウィック空港がドローン警報のために1日半閉鎖され、約1,000便の運行がすべて中止されました。5月初めにドイツのフランクフルト空港でも同様の事態が発生し、全便欠航となっています。昨年のドイツの航空交通管制官の記録によると、ドイツの空港で定期航空便がドローンによる妨害を受けた件数は、対前年約80パーセント増の158件にのぼります。米国の空域だけでも、連邦航空局(FAA)は毎月100件を超えるドローン関連のインシデントの報告を受けています。

ドイツの航空交通管制官の記録によると、ドイツの空港で定期航空便がドローンによる妨害を受けた件数は、158件です。
ドイツの航空交通管制官の記録によると、ドイツの空港で定期航空便がドローンによる妨害を受けた件数は、158件です。

ドイツ連邦警察から信頼されるR&S®ARDRONIS

無人航空機システム(UAS)の商用利用には厳格な制限が設けられていますが、アマチュアビデオ制作者、好奇心に駆られたユーザー、産業スパイ、その他の電子機器に精通した犯罪者の行為を止めることができません。クアッドコプターが近くをズームしていたため、山岳救助ヘリコプターの飛行が中止されたことがあります。自動車メーカーの最新モデルは、コマーシャル用のシークレット・ショー・ドライブ中、ドローンによって盗撮されました。頑丈な自家製の空中デバイスが、刑務所内に薬物や武器を届ける目的で使用されたほか、遠隔操作武器として使われたこともあります。

危険の増大により、R&S®ARDRONISなどのドローン対策システムの需要が高まっています。2015年にドイツのエルマウで開催されたG7サミットで最初に配備されて以降、このシステムの性能は、公式訪問や政治サミットで何度も実証されてきました。ベルリンのILAなどの国際航空ショーの警備にも使用されています。

Götz Mayser、Director C-UAS、ローデ・シュワルツ

「ISMバンドは信号であふれています。本当の課題は、正しい信号を見つけることです。」

Götz Mayser、Director of C-UAV Detection and Counter Solutions(無人航空機検出/対策ソリューション部門長)、ローデ・シュワルツ

外科的精度を備えたドローン対策

Götz Mayser(ローデ・シュワルツのDirector of C-UAV Detection and Counter Solutions)によると、R&S®ARDRONISには、他のシステムとは一線を画した、突出した機能があります。最大の違いといえるのは、他の市販のドローン対策システムは、トランスミッターとレシーバー間の無線リンクをブロックして、航空機の飛行禁止区域への侵入を防ぐことができるものの、そのためにすべての無線通信を無効にする必要がある点です。「ISMバンドは信号であふれています」とMayserは説明します。「本当の課題は、正しい信号を見つけることです」。ローデ・シュワルツは、「何十年にもわたる信号解析の経験があるため」この課題をすぐに乗り越えることができました。

危険の増大により、R&S®ARDRONISなどのドローン対策システムの需要が高まっています。
危険の増大により、R&S®ARDRONISなどのドローン対策システムの需要が高まっています。

あらゆる使用状況に適したパッケージ

4つのR&S®ARDRONISパッケージのうち最も機能の少ないパッケージには、リモート制御がオンになっていることを報告する機能と、デバイスタイプを分類する機能があります。センサシステムがアップリンクを捕捉するので、空中デバイスが地上にある間にドローンパイロットを追跡できます。したがって、次回のショードライブでは、自動車メーカーが迅速に対応し、盗撮を阻止することが可能です。

2番目のパッケージは、ドローンの方向修正も取得します。ドローンとパイロットの位置を正確に特定するには、クロス方位法の場合、2つの方向探索アンテナが必要です。ドローンパイロットを迅速に追跡することで、ガトウィック空港で発生したような、コストを費やす長時間のダウンタイムを防ぐことができます。

第3レベルはDisruption(遮断)パッケージです。ターゲットドローンに正確にマッチングした干渉パルスを放射することにより、他の通信サービスからの隣接信号を劣化させることなく、制御信号をブロックします。制御信号はジャミングへの耐性を高めるため、常に許容バンド内の異なる周波数にホップしますが、R&S®ARDRONISには、これらのホップを簡単に追跡し、それに対応する能力があります。

R&S®ARDRONISの最も複雑なバージョンであるProtection(防護)パッケージには、上記の機能がすべて内蔵されています。

Effectively countering drones with R&S®ARDRONIS
ローデ・シュワルツの製品を利用したドローン探索の仕組みをご覧ください。

信頼性の重視

支出に価値を見いだせるのは、すべてのコンポーネントが確実に機能する場合、つまり、非常に高いヒット率での検出、迅速な警告、場所の正確な特定、非常に低い誤警報発生率が同時に実現される場合のみです。「当社の製品は安価ではないかもしれません」とMayserはいいます。「しかし、品質は最高です」。なぜ政府機関はR&S®ARDRONISに信頼を寄せているのでしょうか?Mayserの場合、オープン性には、お客様に誤った期待を抱かせないという観点も含まれます。彼は、R&S®ARDRONISが無線制御ドローンに効果的であると指摘しています。GPS制御の自律ドローンには、別のシステムが必要です。GUARDIONは、これらのドローンに適したシステムです。GUARDIONによってR&S®ARDRONISのオプションが拡張され、レーダーまたは音響センサ、補助エフェクターなどのコンポーネントが追加されます。

ドローンのパイロットとティンカラー(機械とその部品を修理し実験することを楽しむ人)は、ドローン時代の幕は開いたばかりだという点で、意見を同じくしています。
ドローンのパイロットとティンカラー(機械とその部品を修理し実験することを楽しむ人)は、ドローン時代の幕は開いたばかりだという点で、意見を同じくしています。

欧州委員会がドローン防衛の統一規則を制定

危険の増大は、開発者と政治家への圧力となっています。ドイツの内務省は責任の範囲を明確にし、ドローン探索を航空交通管制の責任範囲、対策を連邦警察の責任範囲と定めました。欧州委員会では、安全規格とメーカーの競争力を対象とした統一規則を制定しています。これらの規則は、2020年に施行される予定です。施行後は、国家機関への登録がすべてのドローンオペレーターに義務付けられます。オペレーターは、一定の条件を満たせば、重量25 kg未満のドローンを事前の許可なしに飛行させることができます。例えば、多くの商用ドローンに対しては登録済みで、電子的に識別可能であること、ドローンに対しては飛行の高さが120メートルを超えないこと、オペレーターに対してはドローンを視線内に留めて置くことが含まれます。ティンカラーが新しい規則をスポーツチャレンジと見なすであろうことは、容易に想像が付きます。

ローデ・シュワルツによるリモート制御ドローンの検出と防御

ローデ・シュワルツによるリモート制御ドローンの検出と防御

R&Sストーリー
ローデ・シュワルツが開くスマートシティへの道

スマートシティは、未来を予測することで、私たちの生活の質を改善し、安全を向上させます。ローデ・シュワルツは、このビジョンを近い将来に現実化するためのテクノロジーを提供しています。

詳しくは

ローデ・シュワルツが航空安全の担い手?もちろん!

飛行機に乗る際に最も危険なことは、空港までの車の運転であるとよく言われます。このような話があるように、世界の航空交通は、基板となるプロセスと技術の完全な融合により、最も安全な輸送手段となっています。ここでも、ローデ・シュワルツのソリューションが貢献しています。

詳しくは

海上でのローデ・シュワルツのソリューション。適切な波長を選択

世界の人々に商品を供給するためには、自由で安全な海上貿易経路が欠かせません。これらの経路を防護することは、世界中の海軍の主要な任務の1つです。ローデ・シュワルツの通信/偵察ソリューションを使用すれば、こうした任務も容易に行えます。

詳しくは

スタートが期待される動物のインターネット

国際宇宙ステーション(ISS)を使用した動物の大規模観察のための画期的なプロジェクトであるICARUSが、開始されようとしています。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.