ローデ・シュワルツのキャリア・エキスポエリア

国際開発者会議へようこそ

ローデ・シュワルツの先駆的な思想家、イノベーター、テクノロジーの専門家が、年に一度、ミュンヘンに集結

ローデ・シュワルツでは、モノのインターネット、自動運転、5G革命など、あらゆる種類のテクノロジーに取り組んでいます。これらの取り組みで差別化を生み出すのは、開発者です。彼らには物事を動かす能力があり、孫の世代になっても刺激的であり続ける、優れたソリューションによって未来を形作ります。そのため、開発者がアイデアを現実に変えることができる環境を作ることが非常に重要です。ローデ・シュワルツは、知識を共有してアイデアを議論できるスペースを作るために、独自の開発者会議を設立しました。

2000年以来、年に一度ミュンヘン本社で国際開発者会議(IDC)を開催しています。このイベントでは、世界中のローデ・シュワルツの開発者が一堂に会し、最新の技術動向と問題に関するオープンで学際的な対話を繰り広げます。IDCには、米国、ルーマニア、シンガポールなど、遠く離れた地域のすべての研究開発拠点の代表が顔を揃えます。直接参加できない同僚のため、ライブストリームが提供されます。

キャリア・ネットワーキング

会議の中心であるエキスポエリアでは、当社の開発者が、さまざまなキーテクノロジーとコア研究開発領域に関する最新のアイデアを発表します。複数のテクノロジー・セッション・トラックに分かれた付随プログラムは、さまざまなテクノロジー分野について学び、議論し、新しい見識とイノベーションを持ち帰る機会を提供します。例えば、今年のAIおよびディープ・ラーニング・トラックでは、AIの統合について調査を行い、会議の参加者にローデ・シュワルツ製品を最適化する方法を試す機会が与えられました。最新ソフトウェア開発トラックでは、R&S Clean Code Communityの代表者が、「クリーンコードとは何か、なぜ気にする必要があるか」などのトピックについて、エキサイティングな展望をもたらす対話型の講義を行いました。IDCイベントプログラムのハイライトは、イノベーションコンベンションです。今年、5つのチームがこの中央ステージを使用して、最新の製品およびビジネスのアイデアを提案しました。InnoBoardに十分に感銘を与えることができ、すべてのアイデアのフォローアップが計画されています。詳細情報で、ローデ・シュワルツがどのようにイノベーションを生み出し、実際に活かしているかを紹介します。

開発者会議の参加者

世界規模の研究開発ネットワーク内での知識の交換に加えて、IDCには1つの優先事項があります。集まった人々が、掲げる目標をチームとして達成できるようにすることです。そうした結びつきを強めるため、イベントの開催中、参加者が顔を合わせて気楽に話せる場を設けています。ウェルカムブレックファーストやフードトラックから、ネットワーキングのコーヒーブレークまで、お互いをよりよく知る機会が数多くあります。今年のIDCは、TechFestで幕を閉じました。2019年に初めて開催されたこのイベントは、参加者から好評を得ており、会議の締めくくりに、他の参加者、講演者、出展者、R&D経営陣とリラックスした夜を過ごす機会があることを高く評価しています。次のIDC 2020が楽しみですが、IDC 2020も、「素晴らしいアイデアを提案し続ける!」というモットーに従ったものとなるよう取り組んで参ります。

関連リンク

アイデアの振興

詳しくは

生涯学習

詳しくは

ローデ・シュワルツでのMeet-up

詳しくは