R&S®ESR - FAQ

結果 4
  • リモートコマンド „CALC:UNIT:POW DBUV” が受理されない

    レシーバーモードを使用しています。コマンド “CALC:UNIT:POW DBUV” を送信した後、エラー “-200,"Execution error; Function not available” が返されます。このコマンドはマニュアルに記載されており、「dBuV」は「単位」として使用可能です。何が問題なのでしょうか。ご指摘のとおりです。レシーバーモードでは、dBuVが使用可能でなければなりません。実際、これはプリセット後のデフォルト設定です。別の単位、例えばdBuV/mに対してアクティブになっているトランスデューサーがあるかどうか確認してください。そのトランスデューサーを無効化すると、コマンドが受理されます。

  • 既存のEMC32テストにリミットラインを追加して臨界周波数の新しいリストを作成

    保存したEMIテストがあり、既存のテストに新しいリミットラインを追加して、オプションで、新しいリミットラインに基づいて、臨界周波数の新しいリストを作成したいと思っています。これをEMC32で行うにはどうすればよいですか?はい、それは可能です。テストをロードして、既存のグラフィックに新しいリミットを追加します。新たにEMI評価を実行して、新しい臨界周波数を取得することも可能です。AVIファイルフォーマットのデモ動画が用意されています。このAVI動画には、実行方法の例が示されています。以下の点に注意してください。新しいリミットのほうが厳しい場合、新しい臨界周波数が得られる可能性があります。DUTが現在利用できない場合は、新たに最終測定を実行することはできません。この場合、タイム・ドメイン・スキャンと最終ディテクターを備えたテスト・レシーバでEMIスキャンを実行すると役立つ場合があります。 名前

  • Installing and using multiple versions of ELEKTRA

  • TCP/IP => 'CAL?' によるリモート制御のセルフアライメント

    コマンド 'CAL?' を使ってリモート制御のセルフアライメントを実行したいと思っています。これには長時間かかる場合があるため、終了検出方法を教えてください。マニュアルには、SRQを使用するとありますが、TCP/IP接続の使用時に機能しません。はい、SRQラインはIEEEバスを持つハードウェアラインなので、ノーマルTCP/IPでは機能しません。したがって、SRQを使用することはできません。校正コマンドが問合せ ‘CAL?’ であるため、‘*OPC?’ など、追加の問合せを送信できません。ただし、サービスリクエストが使用する関数と同じ関数を使用できます。SRQは、ステータスバイトのMAVビット(Message Available)によってトリガされます。MAVビットがセットされる(値16)までVISA関数でステータスバイトの問合せを行い、そのあとバッファーを読み出すことができます。以下に、実行

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website