ローデ・シュワルツは、5Gデバイスの開発者向けに、FR1とFR2の両方の周波数レンジで非スタンドアロン(NSA)およびスタンドアロン(SA)のシグナリング試験を可能にする、R&S®CMX500 無線機テスタを用意しています。ミリ波FR2レンジでのシグナリング試験とRFパラメトリック測定には、OTAテストセットアップが必要です。R&S®CMX500とR&S®ATS800R CATRラックベース・アンテナ・テスト・システムを組み合わせることで、シグナリング測定、データスループット測定、RF測定が可能になります。R&S®CMX500により、R&S®CMW500やR&S®CMWflexx テストシステムなど、当社の実証済みのLTEソリューションに5G機能が追加され、2Gから5Gまでのテストを1つのプラットフォームで実行できるようになります。

Related solutions

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.