R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザ - メディア・センター

video description EuMW 2013 でのレベル・コントロール相互変調ひずみ (PIM) 測定の発表

ニュルンベルクで開催された European Microwave Week 2013 で、ローデ・シュワルツはデュプレックス・フィルタの高速で正確な相互変調ひずみ (PIM) テストのデモを行いました。2 つの内部ソースと自動レベル・コントロール (ALC) を備える 4 ポート R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザと R&S®BBA150 ブロードバンド・アンプを組み合わせることで、PIM 測定を非常に高速に行うことができる独自のソリューションが実現します。ALC は、熱および電力の設定時間と出力変動の問題を克服し、テスト時間を数分から 1 秒未満に短縮しました。

video description

EuMW 2013 での LO アクセスなしでの衛星測位の発表

ニュルンベルクで開催された European Microwave Week 2013 で、ローデ・シュワルツは LO アクセスなしでのコンバータの群遅延測定を発表しました。新しい 2 トーン手法に基づく R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザと R&S®ZVA-K9 埋め込み LO ミキサ遅延測定オプションを使用して、ミキサおよび周波数コンバータの絶対群遅延測定を校正ミキサなしで行うことができます。また、接続全体のみを必要とする簡単な校正によって、この測定の設定が容易になります。

video description

EuMW 2012 での R&S®ZVA による単一接続アクティブ・デバイス特性評価 (SCDC) の発表

アムステルダムで開催された European Microwave Week 2012 で、ローデ・シュワルツは単一接続によるアクティブ・デバイスの特性評価のデモを行いました。R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザでは、テスト・デバイスを再接続することなく、アンプ、コンバータ、TR モジュールなどのアクティブ・デバイスの同時測定を行うことができます。R&S®ZVA-K31 雑音指数測定オプションを使用して、独自の方法で周波数変換デバイスの雑音指数測定を行うことができます。

video description

R&S ZVA-K9 オプションを使用した埋め込み LO によるデバイスの群遅延測定

このビデオでは、LO へのアクセスが制限される周波数変換デバイスの群遅延測定および相対位相測定のデモを示します。ローデ・シュワルツの R&S®ZVA-K9 埋め込み LO ミキサ遅延測定オプションが搭載された R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザを使用して測定を行います。独自の新しい 2 トーン手法に基づき、非常に簡単で便利な方法でミキサおよび周波数コンバータの特性評価を行うことができます。

video description

R&S®ZVAB-K30 雑音指数測定オプションを使用した簡単なテスト設定

R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザと R&S®ZVAB-K30 雑音指数測定オプションを組み合わせることで、レシーバ性能評価の重要なパラメータである雑音指数の測定を簡単に行うことができます。このビデオでは、ソースおよびレシーバの出力校正、雑音指数校正、システム誤差補正を含むシンプルで簡単な校正ステップと、雑音指数測定のデモを示します。R&S®ZVA を使用することで、校正済みノイズ・ソースとインピーダンス・チューナが不要になります。

video description

シグナル・インテグリティ – 4 ポート・ネットワーク・アナライザの校正 (1 / 4)

ローデ・シュワルツの R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライズを使用した、シグナル・インテグリティ・アプリケーションの時間領域反射率測定 (TDR) と時間領域送信 (TDT) について説明します。このビデオ・シリーズでは、4 ポート・ネットワーク・アナライザの校正と、立ち上がり時間、インピーダンスと距離の比較、差動ラインを含む基板上のスキューの測定のデモを示します。

video description

シグナル・インテグリティ – 真の差動信号を使用した立ち上がり時間の測定 (2 / 4)

ローデ・シュワルツの R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライズを使用した、シグナル・インテグリティ・アプリケーションの時間領域反射率測定 (TDR) と時間領域送信 (TDT) について説明します。このビデオ・シリーズでは、4 ポート・ネットワーク・アナライザの校正と、立ち上がり時間、インピーダンスおよび距離比較、差動ラインを含む基板上のスキューの測定のデモを示します。

video description

シグナル・インテグリティ – 差動インピーダンスおよび距離比較の測定 (3 / 4)

ローデ・シュワルツの R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライズを使用した、シグナル・インテグリティ・アプリケーションの時間領域反射率測定 (TDR) と時間領域送信 (TDT) について説明します。このビデオ・シリーズでは、4 ポート・ネットワーク・アナライザの校正と、立ち上がり時間、インピーダンスと距離の比較、差動ラインを含む基板上のスキューの測定のデモを示します。

video description

シグナル・インテグリティ – 差動伝送の 2 ライン間の時間領域スキューの測定 (4 / 4)

ローデ・シュワルツの R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライズを使用した、シグナル・インテグリティ・アプリケーションの時間領域反射率測定 (TDR) と時間領域送信 (TDT) について説明します。このビデオ・シリーズでは、4 ポート・ネットワーク・アナライザの校正と、立ち上がり時間、インピーダンスおよび距離比較、差動ラインを含む基板上のスキューの測定のデモを示します。

video description

EuMW 2012 での R&S®ZVA110 による 1 回の掃引でのミリ波測定の発表

アムステルダムで開催された European Microwave Week 2012 で、ローデ・シュワルツは R&S®ZVA110 ベクトル・ネットワーク・アナライザを発表しました。R&S®ZVA110 は、 10 MHz から 110 GHz のミリ波測定まで、高い安定性を誇り、簡単な設定でシングル掃引を可能とします。R&S®ZVA-Zxx ミリ波コンバータと組み合わせることで、最高500 GHz までカバーします。

International Website