オシロスコープとプローブの基礎

教育コンテンツ

オシロスコープとプローブの基礎

オシロスコープは、電圧対時間の測定および表示を第一目的としています。他にも、電気的/電子的設計や、あらゆる電気装置のテストおよびデバッグなどの用途に幅広く使用されます。

最新のデジタルストレージオシロスコープは、非周期波形を容易に表示および保持することもできます。ほとんどの最新式オシロスコープは、基本機能である電圧対時間の表示の他に、多くの追加機能を備えています。例えば、ピークツーピーク電圧または周波数の自動測定、シリアルバスとミックスドシグナル解析の表示、または信号の周波数ドメイン解析などがあります。測定確度とオペレーターの安全性は、使用するプローブとアクセサリに強く依存します。

このセクションでは、最適な測定結果を得るための、オシロスコープの基本操作、プローブ、オシロスコープのさまざまな用途について説明します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

当社のオシロスコープとプローブの基礎

オシロスコープの基本操作

オシロスコープで基本的な電圧対時間の測定を行うために必要な設定について説明します。

続きを読む

パッシブプローブの理解

オシロスコープで基本的な電圧対時間の測定を行うために必要な設定について説明します。

続きを読む

プローブ補正について

プローブ補正とは何か、およびその重要性について説明します。

続きを読む

シリアルプロトコルの概要

シリアルプロトコルの基本原理と、オシロスコープを使用してシリアルプロトコルを解析およびデコードする方法について説明します。

続きを読む

UARTの概要

UARTシリアル通信プロトコルの基本的な技術原理と、UARTフレームのフォーマットについて説明します。

続きを読む

オシロスコープによるEMIデバッグ

オシロスコープおよび近磁界プローブを使用するEMIデバッグの基本的な技術概念および手順について説明します。

続きを読む

ボード線図プロットについて

ボード線図プロットの基本原理と、ボード線図プロットが閉ループ応答の解析にどのように使用されるかについて説明します。

続きを読む