ドキュメントおよび記事検索

ローデ・シュワルツのドキュメントと記事を通じて、さまざまな資料を提供しています。

結果 1 - 10 / 25*
  • Voice over LTE(VoLTE)音声品質測定

    このアプリケーションノートと関連アプリケーションソフトウェアを使用して、Voice over LTE(VoLTE)接続の心理音響的な通話品質評価を実施できます。測定は、それぞれITU-T勧告P.862とITU-T勧告P.863に基づきます。

  • LTE-Aリリース11および12のテスト

    LTEは、継続的に開発が進められています。リリース10(LTE-Advanced)では、主な機能拡張としてキャリアアグリゲーション(CA)が導入されました。リリース11と12では、いくつかの新しいコンポーネントがLTEに追加されます。そのうちいくつかは既存の機能の拡張(CAの改良など)ですが、CoMP(coordinated multipoint)などのまったく新しい概念もあります。このアプリケーションノートでは、ローデ・シュワルツのベクトル信号発生器、シグナル/スペクトラム・アナライザ、ワイドバンド無線機テスターを使用したLTE-Advanced(リリース11および12準拠)テストソリューションを紹介します。

  • 送信モードでのビームフォーミングアンテナの測定

    ビームフォーミング重みの高速で正確な検証は、例えば、コードブックの作成やビームフォーミングアルゴリズムの開発/検証で必要になります。このアプリケーションノートでは、ローデ・シュワルツのVNA(ベクトル・ネットワーク・アナライザ)の独自のアプリケーションである、ビームフォーミング用マルチ素子アンテナのパッシブ部分の完全な特性評価について説明します。R&SのVNAモデルの一部には、オプションで、複数の独立した信号源を搭載できます。これらの信号源では、周波数と真の時間遅延に加えて、相対振幅と位相を任意に制御できます(「定義済みコヒーレンスモード」)。これらの信号源をマルチ素子アンテナの個々の素子に接続することにより、送信(Tx)モードのビームステアリングとビームフォーミング動作の導出と検証が可能です。R&S®ZVAの「定義済みコヒーレンスモード」は、従来のSパラメータモードとの間で電子的に切り替えることができます。これにより、Sパラメータ測定とビームフォーミング測定を、アンテナの1つの接続サイクルで効率的に実行できます。複数のVNAをデイジーチェーン接続することにより、ここに示した方式を拡張して、任意の数のポートをサポートすることができます。R&S®Quickstepシーケンスソフトウェアは、次の場所からダウンロードできます。https://www.rohde-schwarz.com/software/quickstep/

  • RFアンプのエンベロープ・トラッキング/デジタル・プリディストーション・テスト・ソリューション

    R&S®SMW200AとR&S®FSWを組み合わせれば最先端のテストソリューションを構築でき、パワーアンプのエンベロープトラッキングやデジタルプリディストーションのテストに必要なハードウェアを大幅に削減できます。このアプリケーションノートでは、テストソリューションを詳細に紹介し、対応する測定例を提供します。

  • LTEビーム形成の試験

    LTEは主流の無線テクノロジーになっています。この規格のいくつかある新しい機能の中でも、マルチ入力マルチ出力(MIMO)テクノロジーにはさまざまな利点があります。スループットの向上、到達距離の拡大、干渉の低減、ビームフォーミングによる信号対干渉ノイズ比(SINR)の向上を実現します。LTEは、伝送設定を最適化するために、さまざまなモードをサポートしています。LTE MIMO基地局は、ベースバンドユニット、リモート無線ヘッド(RRH)、最大8本のアンテナアレイで構成されます。RRHは、ベースバンドユニットのデジタル信号をアナログ信号にアップコンバートして各アンテナに送ります。

  • 1 GHzリファレンスの共有による位相コヒーレント信号の入手

    時間軸上での位相安定度は、位相コヒーレント信号を得るための重要な特性です。共通の1 GHzリファレンス信号を使用することで、複数のR&S®SGT100A SGMAベクトル信号発生器のRF出力の間で高い位相安定度を維持することができます。

  • IoTおよびモバイルデバイスから発生するデータトラフィックの最適化

    IPトラフィック解析とプロトコル統計機能を持つ統合されたエンドツーエンドのデータソリューションにより、IoTおよびモバイルデバイスから発生するデータトラフィックの詳細な解析が可能です。

  • IP接続のIoTデバイスのセキュリティ向上

    R&S®CMW500 プラットフォーム用の新しいIP接続セキュリティ解析ソリューションを使用すれば、IoTデバイスや移動体通信機器のIP接続の脆弱性を、開発の早い段階で発見できます。

  • LTE eNBの性能試験

    R&S®SMW200Aを使えば、LTE eNBのHARQフィードバックやULタイミング調整の信頼性の高いテストが可能になり、eNB性能試験を簡素化して、テストUEが不要になります。

  • エンベロープ・トラッキング・システムの簡素化

    R&S®SMW200Aベクトル信号発生器とR&S®FSWシグナル・スペクトラム・アナライザを組み合わせることにより、エンベロープトラッキングとデジタルプリディストーションを含む、高速でシンプルなパワーアンプのテストが可能になり、複雑なテストセットアップが不要になります。

結果 1 - 10 / 25
前へ  1  2  3  次へ
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website