電子設計 - メディア・センター

video description

組み込み IoT デバイスのマルチドメイン・デバッグ

モノのインターネット(IoT)デバイスは高度に統合された無線組み込み設計に複数の機能コアを集約しており、多くの場合厳しいバッテリ寿命要件が課されます。このビデオでは、M2M IoT デバイスを例に R&S®RTO オシロスコープのマルチドメイン試験機能を示します。

video description

MIPI D-PHY コンプライアンス試験

このビデオでは、カメラおよびディスプレイ・インタフェース用の MIPI D-PHY 規格に自動化試験機能を提供する R&S®RTO-K26 MIPI D-PHY コンプライアンス試験オプションを示します。

video description

パワー・インテグリティ試験

今日の高度に統合された電子機器で使用される電圧レベルはより小さくなっています。その結果、パワー・レールが確実に動作するために、はるかに小さい波形レベルが必要になっています。1 ~ 3 V のパワー・レール上の非常に小さい mV レベル信号を正確に測定することは困難です。このビデオでは、低ノイズ・フロントエンドと高速な波形更新速度を備えた R&S®RTE オシロスコープを使用してこの測定を行います。これによって、ピーク時の波形電圧を素早く正確に測定できます。スペクトラム・ビューでは信号のさらに内部を参照できます。

video description

R&D ラボ内の伝導性放射の試験

伝導性放射はデバイスによって引き起こされる電磁妨害であり、電源ラインなどを相互に接続することで伝導します。デバイスは伝導性放射レベルについて厳しい制限に合格することを要求され、コンプライアンス試験機関でコストのかかる試験を行う必要があります。このビデオでは、R&S®RTO オシロスコープの強力なスペクトラム解析機能を使用して、開発時に要件に関して伝導性放射レベルを検証する方法を示します。これによってコンプライアンス試験機関での合格を確実なものにします。

video description

EMI デバッグ

電子製品を市場に出すには、EMI および EMC の要件を満たすことが非常に重要です。コンプライアンス試験には、コンプライアンス試験機関の高価な設備と試験時間が必要です。不具合が後から発見された場合、デバッグと再試験が必要となり、プロジェクトのコストおよび市場投入スケジュールに影響します。このビデオでは、R&S®RTO オシロスコープを近磁界プローブとともに使用して、開発時に R&D ラボで EMI 問題を素早く確実に検出および修正する方法を示します。これによってコストのかかる再試験を最小限にして、市場投入までの時間を短縮します。

video description

eMMC インタフェース・コンプライアンス試験

組み込みマルチメディア・カード(eMMC)は、ポータブル・デバイス用の主要メモリとして業界で広く使用されています。R&S®RTO-K92 eMMC コンプライアンス試験オプションは、JEDEC 仕様第 5.1 版に従った eMMC デバイスの電気インタフェースのための自動化テスト・ソリューションを提供します。

video description

微小電流の測定

バッテリ式のポータブル・デバイスと装着型デバイス、IoT、および医療アプリケーションでは、小さい電流の測定がますます重要になっています。これらのデバイスの設計者は、ミリアンペア未満からアンペアまでの範囲の電流を測定する必要があります。R&S®RTE および R&S®RTO オシロスコープは、低ノイズかつ高感度の電流プローブを使用して 100 uA までの電流を測定できます。

video description

タイム・ドメインで測定される差動構造のシグナル・インテグリティ

このビデオでは、ローデ・シュワルツの 4 ポート R&S®ZNB ベクトル・ネットワーク・アナライザを用いて、差動伝送構造または平衡線路のシグナル・インテグリティを効率的かつ正確に測定する方法を示します。R&S®ZNB を R&S®ZN-Z84 スイッチ・マトリクスと組み合わせることで、立ち上がり時間、差動インピーダンス、ペア内スキュー時間、およびペア間スキュー時間を含む複数の差動構造でタイム・ドメインの直接的な差動測定が可能になります。

video description

オプション R&S®ZNB-K20 を用いてアイ・ダイアグラム測定をセットアップする方法

R&S®ZNB-K20 オプションを使用すると、ローデ・シュワルツの R&S®ZNB および R&S®ZNBT ベクトル・ネットワーク・アナライザにアイ・ダイアグラムを表示できます。このビデオでは、アイ・ダイアグラム測定をセットアップする方法、ジッタやノイズなどの実際の効果を伴うマスク・テストを実施する方法、および強調と等化を適用してアイ開口を改善する方法を示します。タイム・ドメイン、周波数ドメイン、およびアイ・ダイアグラムを並列で解析するためのマルチビュー・ディスプレイと、測定データをエクスポートして外部コンピュータで詳細な解析を行う方法についても説明します。

video description

オプション R&S®ZNB-K20 を用いて簡素化したアイ・ダイアグラム解析

ローデ・シュワルツの R&S®ZNB および R&S®ZNBT ベクトル・ネットワーク・アナライザがアイ・ダイアグラムをサポートできるようになりました。アイ・ダイアグラムは信号伝送デバイスの品質を測定するために使用します。このビデオでは、ネットワーク・アナライザのファームウェアに完全に統合され、アクセスと操作が容易になった R&S®ZNB-K20 オプションを紹介します。周波数ドメイン、タイム・ドメイン、およびアイ・ダイアグラム解析の同時表示は、USB-C、イーサネット、PCIe のようなデジタル相互接続技術のコンプライアンス試験などに最適です。

video description

HMP シリーズ - プログラマブル電源

  • HMP2020:1 × 0 V ~ 32 V/0 A ~ 10 A、1 × 0 V ~ 32 V/0 A ~ 5 A(188 W)
  • HMP2030:3 × 0 V ~ 32 V/0 A ~ 5 A(188 W)
  • HMP4030:3 × 0 V ~ 32 V/0 A ~ 10 A(384 W)
  • HMP4040:4 × 0 V ~ 32 V/0 A ~ 10 A(384 W)

video description

HMO1002 デジタル・オシロスコープ

高感度、多機能、お求め安い価格。これにより、R&S®HMO1002 および R&S®HMO1202 デジタル・オシロスコープが魅力的な製品になっています。豊富な機能により、組み込み開発者からサービス技術者、教育者まで、幅広いユーザに対応します。

video description

HMC804x 電源

1、2、3 チャネル。R&S®HMC804x 電源の仕様と豊富な機能は、開発ラボおよび工業的環境での使用に最適です。

video description

USB 2.0 コンプライアンス・テスト・ソリューション

新しい R&S®RTO-K21 USB 2.0 コンプライアンス試験ソフトウェアは、USB デバイス、ホスト、およびハブ・アプリケーションを試験するための、USB-IF テスト仕様に準拠した自動化テスト・ソリューションです。高速(USB 仕様 2.0:480 Mbps)、フルスピード(USB 1.1:12 Mbps)、およびロースピード(USB 1.0:1.5 Mbps)の各モードに対応します。

video description

R&S®RTO デジタル・オシロスコープのハードウェア・クロック・データ・リカバリを用いたアイ・ダイアグラム測定

USB 2.0、LVDS、HDMI、PCI-e などのシリアル高速データ・インタフェースは、時間基準として組み込みクロック信号を使用するため、ジッタ測定に特別なアプローチが必要です。データ信号から組み込みクロックの周波数と位相の情報を抽出するには、クロック・データ・リカバリが必要です。R&S®RTO デジタル・オシロスコープに R&S®RTO-K13 オプションを搭載すると、ハードウェアでリアルタイムにクロック・データ・リカバリを実行できます。これによって、組み込みクロックでのトリガリングと、組み込みクロックを用いた高速シリアル・データ信号上の高速なヒストグラムおよびアイ・マスク・テストが可能になります。

video description

R&S®RTO デジタル・オシロスコープのジッタ・ウィザードを用いたジッタ測定

ジッタ測定は高速クロックおよびデータ信号の特性評価とデバッギングに必要です。これは一般に「シグナル・インテグリティ」試験と呼ばれます。クロック信号とデータ信号は、並列インタフェースおよびシリアル・インタフェースの一部として電子設計で広範に取り扱われています。R&S®RTO デジタル・オシロスコープのジッタ・ウィザードはオシロスコープの構成を通して段階的にユーザを誘導し、期間と周波数、TIE、サイクル間ジッタ、スキューなどの一般的なジッタ測定を実行します。

video description

GSMA MWC 2016 で発表された適応ビットレート・ビデオ・ストリーミングのビデオ試験

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催された GSMA Mobile World Congress 2016 において、R&S®VTC/VTE/VTS ビデオ・テスタ・シリーズに基づいたフル・リファレンス・ビデオ試験を発表しました。このビデオ解析ソリューションは、実際のビデオ・サービスの種類に関わらず、MHL、HDMI、または Miracast ビデオ出力を備えたあらゆる種類の端末装置での詳細なビデオ・メトリックを用いたビデオ品質試験に最適です。

video description

GSMA MWC 2014 で発表されたビデオ・アプリケーション試験および HDMI 2.0/MHL コンプライアンス認証

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催された GSMA Mobile World Congress 2014 で R&S®VTC/VTE/VTS ビデオ・テスタ・シリーズを発表しました。ビデオ・テスタは、エンド・ユーザのサービス品質を保証し、Miracast、HDMI2.0、MHL などの非セルラ技術を用いてデバイスの相互運用性を試験するために、Video-over-LTE 伝送アプリケーションなどのスマートフォン・マルチメディア・アプリケーションの試験に使用します。

video description

R&S®BTC トレーラ - 革新的なコンプライアンス試験

この新しいワンボックス・ソリューションは、一般的に使用されるすべての放送規格について RF 信号の生成と解析を1台でサポートします。カスタマイズされたコスト削減アプローチによって、大量生産における品質保証が簡単になります。新しいブロードキャスト・テスト・センターには以下の利点があります。

  • モジュール式で拡張性の高いプラットフォーム
  • 最大限の RF パフォーマンス
  • ワンボックスで信号発生器、アナライザ、およびシミュレータを備えた完全な DUT 試験環境
  • いつでも再現可能な自動化試験

video description

R&S®FSWP 位相雑音アナライザによる独自の位相雑音測定パフォーマンス

ローデ・シュワルツの新しい R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCO テスタは感度と測定速度の新基準となります。R&S®FSWP はボタンを押すだけで複雑な測定を実行でき、高性能レーダおよび通信システム・アプリケーションに最適です。位相雑音テスタはシグナル・スペクトラム・アナライザにアップグレードすることもできます。

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: No Solution assigned to this page!

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
お問い合わせ
International Website