RFパワーアンプ・テスト

RFパワーアンプ・テスト

ウエハーからデザイン・インまで

パワーアンプは、RF設計の重要な要素です。これらの基本的なコンポーネントによりRF信号の伝送に適したパワーレベル、およびレシーバーによる信号の認識とデコードに必要な強度が得られます。レシーバーのフロントエンドで通常使用されるローノイズアンプから、より大型のブロードキャストシステムで使用されるハイパワーアンプまで、各種アプリケーションには、信号歪み、消費電力、さまざまな測定/再検査など、数多くの課題が存在します。

ローデ・シュワルツのソリューションでは、優れたRF測定性能、低レベル消費電力の動的解析、高速なテストにより、デザインの検証が可能です。

詳細については、カタログ『RF amplifier testing – from wafer to design-in(RFパワーアンプのテスト - ウエハーからデザイン・インまで)』をご覧ください。

Webinars

Webinar: A summary of testing RF power amplifier designs

A summary of testing RF power amplifier designs

This webinar is intended for engineers who work on RF power amplifier design and test. It will cover the purposes of research & development, characterization, and production.

More information

Webinar: Advanced Testing of 5G mmWave RF Systems

Advanced Testing of 5G mmWave RF Systems

Join engineers from Otava, Avnet, and Rohde & Schwarz as they demonstrate test solutions for Avnet’s Wideband mmWave Radio Development Kit for the single chip combining programmable logic and a processing system, the Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC Gen-3.

More information

From design to real RF device – connecting EDA simulation and hardware test

From design to real RF device – connecting EDA simulation and hardware test

This webinar is intended for engineers who design RF components and systems using tools for simulation and hardware test.

More information

Investigate RF power amplifier linearization benefits in EDA - including a comparison to hardware test

Investigate RF power amplifier linearization benefits in EDA - including a comparison to hardware test

This webinar is intended for engineers who design RF frontends and RF power amplifiers and striving for the best possible error vector magnitude (EVM) performance.

More information

パワーアンプの効率最適化

パワーアンプの効率最適化

目的のアプリケーションにRF要件が求められる一方で、効率とコストがRFパワーアンプ・ソリューションを差別化する要因になります。効率の向上には、エネルギー密度が向上したGaNのようなテクノロジーをはじめとするさまざまな手法を使用できます。エンベロープトラッキングおよびデジタルプリディストーション(DPD)により、アンプの線形範囲が拡張されます。ドハティ増幅器やアウトフェージング増幅器のような従来のマルチパス構造が、現在のデザインに再び取り入れられています。

RFパワーアンプ性能検証

RFパワーアンプ性能検証

5G基地局などの専用アプリケーションでRFパワーアンプをデザインして使用する際には、EVM、ACLR、リニアレンジ、高調波、および出力パワーに関するシステムのRF性能要件が指定されます。ただし、システム要件への準拠は必ず確認する必要があります。

White paper: Understanding EVM

White paper: Understanding EVM

This paper provides an introduction to error vector magnitude (EVM), which is the primary metric of modulation accuracy. It discusses the fundamentals of the digital modulation schemes used in modern radio frequency communications systems, in particular, APSK and QAM, the fundamentals of error vector magnitude, and basics of constellation diagrams and how constellation diagrams can often be used to diagnose or troubleshoot the common root causes of EVM.

関連トピック/ソリューション

ビームフォーミングアンテナのテスト

ビームフォーミングアンテナのテスト

ビームフォーミングは、レーダーアプリケーションで一般的なテクノロジーで、無線業界および衛星通信業界で成長しています。

詳しくは

測定支援用のドハティ増幅器

測定支援用のドハティ増幅器

測定を支援するデュアル入力を備えたドハティ増幅器のデザインが、効率、パワー、帯域幅、歩留まりを最大化します。

詳しくは

RFおよびマイクロ波コンポーネントのテスト

RFおよびマイクロ波コンポーネントのテスト

コンポーネントは、モビリティー、コネクティビティ、高速データレート、堅牢性、電力効率に対応する必要があります。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.