Beyond 5Gの無線通信におけるローデ・シュワルツのイノベーション

Beyond 5G

6Gは研究の初期段階にある?

5Gの限界を押し上げる

5G New Radio(5G NR)ネットワークのロールアウトは、車載用および産業用のモノのインターネット(IIoT)などの新しい市場分野の成長に対処するため、規格の進歩とグローバル規格の進化により世界的に全速力で行われています。

しかし、初期のネットワーク配備では、現在5Gに定義されている能力が完全に使用されているわけではありません。ネットワークと初期の5Gデバイスの最適化が継続的に行われている中で、研究者たちは将来を見据え、Beyond 5Gにある無線通信の次世代を担うものについて議論を始めています。

ローデ・シュワルツではこれらの議論に参加しており、本質的に「6G」と呼ばれるであろう技術研究の初期段階をサポートするために、既存のソリューションを適応させることでパートナーやお客様と連携し取り組んでいます。

#ThinkSix – Main 6G research ideas

6G研究の主なアイデア

5Gネットワークの展開と最適化は、急ピッチで進められています。その一方で、学界ではすでに、次の世代の無線通信の機能に関する基礎的な調査フェーズが始まっています。このビデオでは、やがて6Gと呼ばれるものに関する主な研究領域について見ていきます。

#ThinkSix – Spectrum for 5G, Beyond 5G and 6G research

5G、Beyond 5G、6Gの研究対象スペクトラム

どの周波数が3GPPの5G New Radio規格でサポートされるのでしょうか?また、それ以降はどうなるのでしょうか?本ビデオでは、100 GHzを超えるスペクトラムに対する現在の規制の展望を分析し、110~170 GHzの周波数をサポートするDバンドについて詳細に説明します。

#ThinkSix – OTA measurements for sub-THz communication in D-band

DバンドのサブTHz通信用のOTA測定

110 GHz~170 GHz範囲のDバンドは、将来の6G無線通信規格が短距離通信用に使用する可能性のある周波数バンドで、超高速データレートを提供します。本ビデオでは、最大170 GHzの周波数をサポートするようになったR&S®ATS1000 アンテナ・テストシステムのデモを行います。

On the verge of 6G? The 6G timeline

6Gは研究の初期段階にある?

3GPPの5G NR規格のリリース16が2020年9月に予定されていますが、教育分野ではすでにBeyond 5Gについて議論されています。このビデオでは、5Gと4G LTEでの経験に基づいて、考え得る6Gへのタイムラインを探ります。

#ThinkSix – Sub THz communications – a step towards 6G

サブTHz通信 – 6Gへの一歩

無線通信の進歩により、より高い帯域幅への需要が高まっています。このプロセスは継続しており、周波数の上下限値がサブTHzやTHzの周波数レンジに押し上げられています。このレンジにおけるローデ・シュワルツによるデモンストレーションについて解説します。

Related webinars

Webinar: The role of AI/ML in future wireless communication

Webinar: The role of AI/ML in future wireless communication

Watch this webinar and learn how AI/ML is used in today’s 5G mobile networks, its current status of the fundamental research for an AI-native air interface in 6G and what role test & measurement solutions play in this context.

More information

Webinar: THz communications

THz communication - a key enabler for beyond 5G?

Learn about technological aspects of over-the-air measurements in the sub-THz region with testing solutions from Rohde & Schwarz.

More information

「マイクロ波とBeyond」ポスター

ポスター

マイクロ波とBeyond

この新しいポスターには、DバンドおよびGバンドの周波数指定(Beyond 5Gにあるギガビット通信向けの可能性を秘めたサブTHzバンド)を含む最大1.7 THzまでのバンドをカバーするために必要な多様なバンド幅がまとめられています。

お申し込みいただければ、無料でポスターをお送りします。

5Gの進化

技術記事

5Gの進化 – 6Gへの道のり

6Gの裏にある技術要件について知り、5Gから6Gへの進化を、サービス、エアインタフェースおよびネットワークの観点から探ることができます。

その他のリソース

アプリケーションノート:

50 GHzを超える周波数での位相雑音テストの測定セットアップ

詳しくは

アプリケーションカード:

110 GHzを超える雑音指数の測定

ダウンロード中

関連製品

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCOテスタ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザおよびVCOテスタは、極めて低ノイズの内蔵信号源と相互相関技術を組み合わせて、極めて高感度の位相雑音測定を最大50 GHzまで行うことができます。さらに外部高調波ミキサーを使用すれば、最大500 GHzまで周波数を拡張することができます。

商品情報

R&S®SMA100B

R&S®SMA100B

妥協のない優れた性能。R&S®SMA100B RF/マイクロ波信号発生器は、出力パワーにおいて群を抜いており、最低の高調波特性と位相雑音特性を示します。

商品情報

R&S®FSW

R&S®FSW

R&S®FSWは、ハイレベルで、優れた位相雑音特性を示し、市場で最も広い解析帯域幅をもつシグナル・スペクトラム・アナライザです。

商品情報

R&S®ZNA

R&S®ZNA

R&S®ZNAは、優れた測定柔軟性をもち、位相安定ソースと位相コヒーレントソース、複数のLOアーキテクチャー、そして真のマルチチャネル・レシーバー・デザインを用いています。

商品情報

R&S®ZCxxx 周波数コンバーター

R&S®ZCxxx

周波数コンバーターのZCxxxシリーズは、ミリ波アプリケーションにおいて優れた性能を示します。高い出力パワー、広いダイナミックレンジ、および測定安定度により、広帯域アプリケーションにおけるメリットが実証されています。

商品情報

ニュースレターおよびLinkedin

ニュースレターを購読する

ニュースレターを購読する

無線通信ニュースレターでは最新情報をお届けします。

Subscribe now

ローデ・シュワルツをLinkedInでフォローする

ローデ・シュワルツをLinkedInでフォローする

5G、IoT、無線LANなどの最新ニュースを入手できます。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.