6G無線テクノロジー

6G無線テクノロジー

6Gは研究の初期段階にある?

6Gへの道をともに拓く

次世代無線通信の基盤となる革新的テクノロジーコンポーネントには新しいテスト方法が必要

モバイルネットワークの世代が上がるたびに、新しい機能とさまざまな機会が生まれます。5G New Radio(5G NR)ネットワークのロールアウトは現在進行中ですが、6Gはすでにその姿を現し始めています。

ローデ・シュワルツはこのプロセスに当初から密接に関わっており、欧州、米国、日本の6G組織、大学、研究機関で進行中の基礎研究活動を積極的に支援しています。当社は、パートナーやお客様とともに、将来6Gと呼ばれる方式の初期研究を支援するため、当社のテストソリューションを積極的に適合させています。

6Gテストの主な研究領域

6Gの技術的バックボーンを構成するのは何か?

学界と業界の主な企業は、次世代無線通信を可能にするためのいくつかの研究領域をすでに特定しています。

ホログラフィック通信やデジタルツインといった6Gアプリケーションを推進するためには、(サブ)THz通信を使って帯域幅を広げ、データスループットを新しい次元に高めることが必然的に求められる要素です。THz周波数を使えば、より広い帯域幅を利用できます。これにより、デバイスとのやり取りの方法を変える可能性が拓かれ、例えばメタバースなどのエクステンデッドリアリティー(XR)ベースのアプリケーションをサポートするためのジェスチャー認識といった機能の改善につながります。

過去の世代のモバイルネットワークに比べて、6Gではジョイント通信およびセンシングの利用が進むとみられます。これにより、位置特定、センシング、通信が将来の6G規格に統合される見込みです。

5G Advancedでは、人工知能とその一部である機械学習を次世代無線通信に利用する試みがすでに始まっています。こういった準備作業のおかげで、6Gネットワークは、複雑な事前計画手順のみに依存するのではなく、自律的な構成、最適化、修復が少なくとも部分的に可能になる見込みです。次の段階としては、エアインタフェースの要素、特に信号処理アルゴリズムの機械学習モデルによる補助、そして最終的には置き換えが期待されています。すなわち、6G無線通信規格はAIベースのエアインタフェースをネイティブにサポートする見込みです。

6G研究のもう1つの焦点は、再構成可能なインテリジェントサーフェス(RIS)です。これは、メタマテリアルを使用して入力信号を表面で反射し、アクティブに方向付けするという、無線通信リンクの革新的なサポート方法です。テクノロジーがどのような方向を取るとしても、ローデ・シュワルツは常に6G研究の最前線にいます。初期研究の段階でも、6Gテクノロジーの完成段階でも、さまざまな技術的課題に対処するために、最先端のテスト/測定ソリューションが必要です。ローデ・シュワルツは、無線通信の未来を拓くイノベーションを支援するため、これらの課題の克服に全力で取り組んでいます。

#ThinkSixビデオシリーズ

#Think Six -Which new spectrum for 6G? A practical review

Which new spectrum for 6G? A practical review

Based on a need for available spectrum and experiment licenses, this video explains the reasons for candidate frequencies for fundamental 6G research in the D band (110-170 GHz) and G band (140-220 GHz).

#Think Six - Channel measurements in the D-band

Channel measurements in the D-band

High frequencies completely new to mobile radio mean that researching channel characteristics to determine the effects on transmitted signals of propogation delays resulting from reflection, and losses due to scattering, are a major requirement for 6G research. In this video we demonstrate a test setup for channel sounding in the D-band.

#Think Six - A simple to use setup for investigating signals in the D-Band

Dバンドの信号を調査するための使いやすいセットアップ

ローデ・シュワルツは、R&S®FE170 フロントエンドにより、革新的な周波数アップコンバーター/ダウンコンバーターを提供します。高性能でセットアップも簡単で、R&S®SWM200A 信号発生器とR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザに簡単に取り付けることができます。

Generate & analyze 4 GHz RF bandwidth signals in the D-Band

Dバンドの4 GHz RF帯域幅信号の作成および解析

数GHz帯域幅に対する新たなニーズに対応するために、シンプルな外部ハードウェアコンバイナーとソフトウェアオプションを用いて、2経路装備のR&S®SWM200A 信号発生器のベースバンドを結合して、4 GHzの瞬時RF帯域幅の信号を作成することができます。

Rohde & Schwarz at Mobile World Congress 2023

Rohde & Schwarz at MWC 2023

Test. Measure. Innovate.

Technological progress is happening faster than ever before, and wireless technologies are helping shape the future – a future that is safer, more efficient and better optimized.

Join us in Barcelona and see for yourself.

February 27 to March 2, Booth 5A80

6Gホワイトペーパー、ウェビナーなど

Webinar

Webinar: RIS – shaping the radio channel for best connectivity

More information

Webinar

Webinar: Testing 6G sub-THz communication

More information

Webinar
Webinar: 5G NTN takes flight: 5G non-terrestrial networks evolving towards 6G

More information

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー:6Gに向けたテラヘルツテクノロジーの基礎

今すぐ登録

ウェビナー

ウェビナー:未来の無線通信におけるAI/MLの役割

50 GHzを超える周波数での位相雑音テストの測定セットアップ

詳しくは

ウェビナー

ウェビナー:THz通信 - Beyond 5Gの重要な成功要因か?

110 GHzを超える雑音指数の測定

詳しくは

ポスター

ポスター:マイクロ波とBeyond

50 GHzを超える周波数での位相雑音テストの測定セットアップ

今すぐ登録

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー:5Gの進化 – 6Gへの道のり

ダウンロード中

 アプリケーションカード

アプリケーションカード:110 GHzを超える雑音指数の測定

110 GHzを超える雑音指数の測定

ダウンロード中

 アプリケーションノート

アプリケーションノート:50 GHzを超える周波数での位相雑音テストの測定セットアップ

ダウンロード中

FE170バナー

サブTHzおよび6Gの初期研究活動の準備

近日発売:R&S®FE170ST/R&S®FE170SR フロントエンド - サブTHzおよび6Gの初期研究活動に最適なソリューション。この使いやすい完全校正済みのソリューションは、ローデ・シュワルツの信号発生器/アナライザ環境で使用でき、周波数レンジをDバンド(110 GHz~170 GHz)まで拡げる役割を果たします。

6Gテストを今すぐ開始

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザ/VCOテスタ

R&S®FSWP 位相雑音アナライザおよびVCOテスタは、極めて低ノイズの内蔵信号源と相互相関技術を組み合わせて、極めて高感度の位相雑音測定を最大50 GHzまで行うことができます。さらに外部高調波ミキサーを使用すれば、最大500 GHzまで周波数を拡張することができます。

商品情報

R&S®SMA100B

R&S®SMA100B

妥協のない優れた性能。R&S®SMA100B RF/マイクロ波信号発生器は、出力パワーにおいて群を抜いており、最低の高調波特性と位相雑音特性を示します。

商品情報

R&S®FSW

R&S®FSW

R&S®FSWは、ハイレベルで、優れた位相雑音特性を示し、市場で最も広い解析帯域幅をもつシグナル・スペクトラム・アナライザです。

商品情報

R&S®ZNA

R&S®ZNA

R&S®ZNAは、優れた測定柔軟性をもち、位相安定ソースと位相コヒーレントソース、複数のLOアーキテクチャー、そして真のマルチチャネル・レシーバー・デザインを用いています。

商品情報

R&S®ZCxxx 周波数コンバーター

R&S®ZCxxx

周波数コンバーターのZCxxxシリーズは、ミリ波アプリケーションにおいて優れた性能を示します。高い出力パワー、広いダイナミックレンジ、および測定安定度により、広帯域アプリケーションにおけるメリットが実証されています。

商品情報

購読

無線通信テストに関するニュースレターを購読

5G、6G、Wi-Fi、モバイルデバイス/インフラ機器のテストなどに関する最新ニュースをご確認ください

6G無線テクノロジーに関するよくある質問

6Gテクノロジーとは?

6Gは第6世代の無線通信ネットワークであり、前の世代にはなかったいくつかの新しいテクノロジーコンポーネントが含まれる見込みです。その例としては、THz通信、ジョイント通信およびセンシング、人工知能および機械学習、再構成可能なインテリジェントサーフェス(RIS)などがあります。

6Gの速度はどれくらいですか?

6Gは、4G LTE(410 MHz~6 GHz)および5G New Radio(410 MHz~7.125 GHz、24.25~71 GHz)と同じ周波数でも動作しますが、6Gでは追加の周波数レイヤーのサポートが加わり、サブTHz周波数がサポートされるようになります。その理由は、6Gが最大1 Tbpsのピーク・データ・レートを目標としており、そのためには8 GHz(またはそれ以上)という広い帯域幅が必要になるからです。このような広い帯域幅は、THz周波数レンジの高い周波数でしか得られません。

5Gと6Gの違いは何ですか?

6G無線通信には、現在の5G規格にはないいくつかのテクノロジーコンポーネントが採用される予定です。その例としては、THz通信のサポート、ジョイント通信およびセンシング、人工知能および機械学習、再構成可能なインテリジェントサーフェス(RIS)などがあります。

6Gはいつ利用可能になりますか?

無線通信規格の一般的なテクノロジーサイクルは10年です。5G New Radioの商業利用は2019年に始まりました。5Gネットワークの展開は現在進行中で、5Gの明確な進化計画も示されていますが、学界や研究機関の間では、一般的に6Gと呼ばれる次世代無線通信の基礎研究が始まっています。現時点での業界の予想では、6G無線通信ネットワークの商業展開が始まるのは、2029年後半か2030年初めごろとされています。

6Gのアプリケーションにはどのようなものがありますか?

6Gにはさまざまな種類の新しいユースケースやアプリケーションがあります。例としては、真の没入型エクステンデッドリアリティー、モバイルホログラムを含むホログラフィック通信、デジタルツイン、レプリカなどがあります。それらのアプリケーションのほとんどは、従来とは比較にならない高い性能を必要とするため、今日の通信規格では実現不可能です。

6Gではどの周波数が使用されますか?

5G New Radio規格と同様、6Gでも、7.125 GHzまでの周波数レンジ1(FR1)と、24.25 GHz~71 GHzのミリ波周波数レンジ2(FR2)が利用されます。それに加えて、6Gに関する現在の研究では、THz周波数と、7.125 GHz~24.25 GHzの周波数(FR3と呼ばれることもあります)の使用が提案されています。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.