持続可能性

持続可能性に向けた取り組み

独立した非公開会社であるローデ・シュワルツは、四半期単位でビジネスを考える必要がなく、長期的な計画を立てることができます。その結果として、製品計画や従業員ロイヤリティ、あるいはお客様との信頼関係にいたるまで、すべての事業プロセスを持続可能性に向けることができます。

持続可能性に向けた取り組み

持続可能な事業の進め方にできるだけ近づくことが目標ですが、時間が経つにつれて理想は変化し、さらに進化します。統合された管理システムのおかげで、私たちは企業理念に示された目標を効果的に実践に移し、プロセスと活動を継続的に改善することができます。

継続性と革新的な創造性は矛盾することがなく、インスピレーションをもたらすローデ・シュワルツの企業文化の主要な要素であり、こうした刺激的な融合が従業員が価値ある仕事を実現する原動力となっています。当社は新しいアプローチや考え方を促進するだけでなく、市場に革命を起こすことで、お客様に長期的なメリットをもたらす、これまで考えられなかったソリューションを手掛けるといった自由な環境を開発者に提供しています。各従業員を尊重し、自己に責任を持ち、オープンでフラットな組織構造が当社の企業文化を形作っており、これが官僚的でない素早い意思決定を実現し、お客様に最大限のメリットをもたらしています。長年にわたり、主要な調査において上位にランクされていることが当社の魅力を証明しており、そのことが業界トップの人材の採用に役立っています。

ローデ・シュワルツは環境意識と環境保護を常に重視してきました。当社の製造プロセスと原材料は、エネルギー効率と環境配慮に関する最も高い要件を満たしています。

ローデ・シュワルツは ISO 14001 の遵守を通して、汚染防止、環境規制の遵守、継続的な改善、従業員やコミュニティに対して献身的に取り組んでいます。

持続可能性の管理

持続可能性は、当社の基本理念における原則です。永続可能性に関するすべてのトピックスと、当社の5つの主要分野が関連する項目に対して、各トピックスを構造化して割り当てることで当社の戦略目標に合致させ、持続可能性の管理を行っています。

持続可能性

  • Quality

    ローデ・シュワルツは、これまでも、そしてこれからも、常に最高水準の品質基準に取り組んでいきます。これは製品やサービスだけでなく、社内の部署や部門における活動にも当てはまります。

  • Enviroment

    ローデ・シュワルツの環境責任は、設計と開発から生産と回収に至るまでの製品ライフサイクル全体にわたります。これは当社のあらゆる事業プロセスに影響しており、各オフィスの運営方法を方向付けています。

  • Occupational Safety

    安全志向型の管理と環境志向型の管理は、当社の管理システムの不可欠な部分です。当社は、安全志向型のプロセスと環境志向型のプロセスを実現するために採用された手法を定期的にチェックし、現在のニーズに適応しています。

International Website