SmartBenchmarker

ベンチマーカーの基準モデル

SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker
ライトボックスを開く
SmartBenchmarker、スクリーンショットSmartBenchmarker、スクリーンショットSmartBenchmarker、スクリーンショットSmartBenchmarker、スクリーンショットSmartBenchmarker、アプリケーションイメージSmartBenchmarker、アプリケーションイメージSmartBenchmarker、アプリケーションイメージSmartBenchmarker、アプリケーションイメージSmartBenchmarker、アプリケーションイメージ

主な特長

  • 柔軟で使いやすいWebインタフェース
  • ローカル制御とオフィスからのリモート制御のどちらにも対応
  • ワークスペースのカスタマイズにも対応できる直感的なユーザーインタフェース
  • 即時のシステムアラーム
  • Benchmarker 3、Benchmarker IIハードウェア、およびTCMとVRBを含むすべてのモジュールをサポート

SmartBenchmarker - ベンチマークテストを簡素化

SmartBenchmarkerを使用すると、モバイルネットワークプロバイダーやサービスプロバイダーは、最新の規格と手法に準拠した正確かつ高度なベンチマークテストを行うことができます。同時に、設備投資と運用コストも削減できます。

特長と利点

使いやすいWebインタフェース

システムの全体像やリアルタイムでの結果など、すべての関連情報を指先一つで表示

SmartBenchmarkerソフトウェアでは、ベンチマークテストキャンペーンの設定、実行、モニタリングを簡単に行うことができます。
GUIには、システム全体の詳細だけでなく、接続先のプローブとスキャナーから得られたテスト結果がリアルタイムに表示されます。

プローブの「ライブモニタリング」のリアルタイム表示
ライトボックスを開く

プローブの「ライブモニタリング」のリアルタイム表示

高度なアラーム機能と制御機能

SmartBenchmarkerの高度なアラーム機能と通知機能により、ユーザーは時間を節約できます。通知を受けたときだけテストの能動モニタリングができるように、イベント収集と通知処理をカスタマイズできます。
設定可能なスマートアラーム機能では、通知先を電子メールとテキストメッセージのどちらにでも設定できます。

アラームおよび通知センター
ライトボックスを開く

アラームおよび通知センター

アラームやシステムからの通知はすべてセンターに表示されるため、ユーザーはシステムの問題に関する十分な情報を得ることができます。

統合データ収集

SmartBenchmarkerでは、デバイス固有のソフトウェアを使用してスマートフォンで直接テストを実行します。
SmartBenchmarkerプローブは市販のデバイスのファームウェアと標準のAndroidアプリを基盤とするため、テスト結果はエンドユーザーの実際の操作/行動を反映します。
SmartBenchmarkerは、VRBやTCMなどのハイエンドのハードウェアモジュールもサポートし、統合できます。これらのモジュールを組み合わせることで、最先端のエンドツーエンド評価ソリューションとなります。

スマートフォンをセットしたTCM
ライトボックスを開く

スマートフォンをセットしたTCM

ドライブ/ウォークテストキャンペーン

同じデータ収集機器でドライブテストとウォークテストに対応

SmartBenchmarkerの機能ブロックには、測定用デバイス、スマートフォン、R&S®TSMx スキャナーが含まれます。
スマートフォンをシームレスに移植して、スタンドアロンのQualiPocソリューションとして使用することができます。RFスキャナーと組み合わせ、ライセンス料を少し上乗せすることで、スマートフォンをFreeriderなどのポータブルシステムとして使用することもできます。
このようなモジュール方式と柔軟性により、投資コストを削減できるだけでなく、必要なテストデバイスの数を最小限に抑えることができます。

スマートフォンベースのデータ収集
ライトボックスを開く

スマートフォンベースのデータ収集

ハードウェアオプション:R&S®Benchmarker 3

R&S®Benchmarker 3 - ベンチマークを次のレベルへ

社内ベンチマークの幅広い経験をR&S®Benchmarker 3の設計と実装に反映しました。
コンパクトで取り扱いがしやすく、将来のニーズに対応可能なR&S®Benchmarker 3は、ベンチマークのデータ収集に新たな基準を打ち立てます。 

R&S®Benchmarker 3
ライトボックスを開く

R&S®Benchmarker 3

コンパクトなサイズで最大の成果を達成

ハードウェアオプション:TCMとVRB

RFアンテナを内蔵する将来に対応したコンセプト

テスト機器格納モジュール(TCM)は、安定した環境でデータ収集を中断なく行うための最適な条件を設定します。大規模ベンチマークキャンペーンで最大限のデータ品質を確保するこの製品には、以下のような特長があります。
- テスト機器(スマートフォン)とその内蔵RFアンテナをそのまま使用できます。
- すべてのテスト機器で同等の結果が得られるように、温度環境を一定に保ち、共通の条件を使用します。

VRBにTCMを搭載した状態
ライトボックスを開く

VRBにTCMを搭載した状態

TCMはBenchmarker IIと完全に互換性を持ちます。専用のSwissQual製車両ルーフボックス(VRB)には、最大16台のTCMを搭載できます。

ハードウェアオプション:Benchmarker II
 

ベンチマーカーの基準モデル

Benchmarker IIは、大規模ドライブテストによる体感品質ベンチマークキャンペーンに適した本格的ソリューションです。モバイルプロバイダーやテストサービスプロバイダーは、極めて広範囲に及ぶ主要性能指標(KPI)と正確なテストシナリオに基づいて、サービス品質(QoSとQoE)を評価、比較することができます。
 

Benchmarker II
ライトボックスを開く

Benchmarker II

高信頼のドライブテスト用ハードウェアプラットフォーム – 自動車規格に準拠した耐衝撃および防振機能を装備

ハードウェアオプション:スマートフォン取り付けウォール(PMW)

スマートフォン取り付けウォール(PMW)は、ベンチマークキャンペーン用のドライブテスト車両に4台のスマートフォンを取り付けることができる軽量で丈夫なマウントです。
USBハブから給電し、スマートフォンを安全かつ確実に作動させることができます。
車両に簡単に取り付けられ、横方向、縦方向のどちらにもつなげることができます。

スマートフォン取り付けウォール(PMW)
ライトボックスを開く

スマートフォン取り付けウォール(PMW)

ハードウェアオプション:Freerider 4

ウォークテストベンチマークのための最先端のポータブルソリューション

Freerider 4は、最大12台のスマートフォンと複数のスキャナーを処理できる非常に柔軟性の高いポータブルソリューションです。こうした柔軟な機能によって、ベンチマークと最適化に必要なすべてのセットアップをカバーします。
最大4個のホットスワップ可能バッテリーにより、システムとテスト機器に最大8時間(セットアップに応じて)給電が可能です。
バックパックは快適で目立たず、貴重なテスト機器を熱と雨から保護します。機器が周囲の目に触れることもありません。

Freerider 4
ライトボックスを開く

Freerider 4

SmartBenchmarkerとFreerider 4をタブレットで制御

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.
一般および法的情報

Manufacturer's recommended retail price (MSRP). The price shown does not include VAT. Prices and offers are only intended for entrepreneurs and not for private end consumers.

You may use the electronic signature via DocuSign to submit your information to enroll with the Rohde & Schwarz Customer Delegated Administration program. DocuSign processes the information provided according to their . The minimum system requirements for using the DocuSign system may change over time. The current system requirements are found

抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」に関する利用条件

1. 抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」(以降、「抽選」と呼びます)は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, Mühldorfstraße 15, 81671 Munich, Germany, Tel. +49 89 41 29 0(以降、「R&S」と呼びます)によって主催されます。

2. すべての参加者は、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間中に、参加者の氏名、会社名、ビジネス用メールアドレスを入力することで抽選への参加登録を行えます。

3. 参加は無料です。商品またはサービスの購入経験の有無は問いません。

4. 抽選は法人のみを対象としており、賞品獲得者は法人に限られます。個人の場合、自分の名前と自分のアカウントによる参加は認められませんが、法人の名前で、その法人の代理として参加フォームを提出することにより、法人の代表として参加することが可能です。

5. 賞品として、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間内に、R&S®RTB2000 10台のうちの1台を獲得できます。

賞品:R&S®RTB2000 デジタル・オシロスコープ

6. 抽選は、ローデ・シュワルツ本社、Muehldorstrasse 15, 81671 Munichで行われます。賞品獲得者には、5営業日以内にメールでお知らせいたします。

7. 法人の正式な代表者が、賞品受け取りの意向をローデ・シュワルツに通知するものとします。受け取り辞退が発生した場合、または2週間以内に返事がない場合は、新たな賞品獲得者が抽選によって選ばれます。4週間以内に賞品獲得者を決定できない場合、抽選は終了し、賞品は没収となります。

8. R&Sの従業員とその家族、および抽選処理の関係者とその家族は、参加フォームへの記入対象から除外されます。

9. 賞品の現金同等物または交換は許可されていません。賞品は譲渡できません。参加者の国で課されるすべての税金、徴収金、関税、手数料、およびその他の料金は、参加者が負担するものとします。

10. 個人データは、本抽選キャンペーンの目的でのみ処理され、別段の合意がない限り、抽選から4週間後に削除されます。

11. これらの利用条件に従わない参加者は、R&Sにより本コンペティションへの参加資格を剥奪される場合があります。その場合、賞品を遡って撤回することもできます。これらの利用条件に違反したために賞品が遡及的に取り下げられた場合、賞品はそれぞれの参加者の負担で「1.」に記載されているR&Sの住所に返送されるものとし、抽選で新たな賞品獲得者が選ばれることになります。

12. 参加者は本抽選の賞品を請求することはできず、この点に関して法的手段を講じることは許可されません。

13. 抽選およびR&Sとそれぞれの参加者との間に発生するいかなる契約上の関係も、法の抵触に頼ることなく、ドイツ法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。本競争への参加により直接的または間接的に生じた紛争については、ドイツのミュンヘンの裁判所が専属管轄権を有するものとします。

* “fast delivery” inside 7 working days applies to the Rohde & Schwarz in-house procedures from order processing through to available ex-factory to ship.